読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文庫」に掲載された作品一覧

28件中1-24件 (1/2ページ)
  • 新装版 彩色江戸切絵図 751円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/05/13

    退廃が翳を落とす江戸市井の片隅に、人知れず生きる男と女。色と欲、そして仮借ない世相が時にやりきれない犯罪を呼び起こす。残忍な手口で殺された乱暴者の遺体から、意外な犯罪のからくりと、その憐れな動機...

  • 新装版 紅刷り江戸噂 700円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/05/13

    変わり行く季節を愛し、四季折々の行事やしきたりを重んじた江戸市井の人々。平穏な世の死角で起きる惨事もまた、江戸の風習と無縁ではなかった。織物問屋主人急死の真相を暴く「七種粥(ななくさがゆ)」、絵...

  • レジェンド歴史時代小説 大奥婦女記 734円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/12/11

    愛と憎しみ、嫉妬、野望......将軍を中心として、女たちのさまざまな思いや情念が渦巻く江戸城・大奥。寵愛、世継ぎ、派閥争い―ーそれは、権力をめぐり激しく火花"を散らす女の合戦"。乳母将軍・春日...

  • 連環 702円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    九州落ちして印刷屋に勤めた笹井は、計画遂行のため主人の妻滋子を籠絡し、さらに二号の藤子を誘惑。陰謀に成功した彼は、滋子から大金を得、東京でエロ出版に手を出す。資金源の滋子が無一文になると非道にも...

  • 天保図録3 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    改革政治の陰の支配者を自負する鳥居耀蔵は、配下本庄茂平次を巧みにあやつり、着々と実力をたくわえていく。いっぽう、水野忠邦の改革令は厳しいばかりで一向に庶民の共感を得られなかった。忠邦はついに己れ...

  • 黄色い風土 972円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    日本列島を北から南へ連続して起った6つの変死事件‐‐奇妙な新婚旅行の男の変死と花嫁の失踪。この不可解な謎を内偵した週刊誌記者・若宮四郎の取材活動は、事件の背後に暗躍する黒い集団の全貌を追及し、富...

  • 黒い樹海 648円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    仙台へ旅立った筈の姉が、意外や浜松のバス事故で急死! 身分証明書が不明のため知らせが遅れ、笠原祥子は事故現場へとんだが手がかりは無い。新聞社へ勤めた彼女は、姉の交友関係の男たちを追求中同僚の婦人...

  • 異変街道(上) 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    幕府直轄の要衝、甲府勤番に役替されたばかりの鈴木栄吾が死んだ。死んだはずの栄吾に会ったという向両国水茶屋の主人が何者かに殺された。栄吾は生きている‐‐、親友、銀之介は真相究明のため甲州街道を西へ...

  • 北一輝論 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    二・二六事件に連って北一輝が刑死したのは昭和12年8月であった。以来、正体のつかめない「思想家」として様々な思想図式や議論にさらされてきた。ここに著者は、決定的ともいうべき、この人物についての論...

  • 草の陰刻 864円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    松山地検庁舎の怪火で事務官が焼死、事故として処理された。だが死亡した元検事の娘からの手紙に不審を抱いた青年検事は、真相追跡を始めた。そして浮かびあがるのは暗い過去を抹殺しようと腐心する黒い影‐‐...

  • 殺人行おくのほそ道(下) 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    叔母の周りの人々が次々と殺されていく......しかも、その土地が松尾芭蕉の『おくのほそ道』に由来している。麻佐子は、5年前、叔父と二人で旅した"おくのほそ道"と連続殺人の謎を解こうとして、やが...

  • 熱い絹(上) 648円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    自然の密室マレーシアのカメロン・ハイランドに忽然と消えたタイ・シルク王ジェームズ・ウイルバー。はたして事故か拉致されたのか、あるいは失踪か。この事件と軽井沢で起きた殺人事件との間に一つの接点が見...

  • 増上寺刃傷 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    将軍家光の死に際し、殉死しなかった祖父と、遊里で横死した兄。この二つの屈辱感を払拭するため、永井尚長は傲慢にふるまっていたのだが......。自らの生を見誤った者たちを描く歴史短編集。

  • 異変街道(下) 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    隠れ里、台里の秘儀。甲府勤番支配の山根伯耆守江戸屋敷と甲斐を結ぶ面妖な青日明神祠の点と線。絵馬に記された謎の符諜‐‐。甲斐武田氏の隠された金脈をめぐる欲望が、人々を陰謀と殺戮へとみちびいたのか。...

  • 殺人行おくのほそ道(上) 486円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    銀座で洋装店を経営する美しい叔母は、倉田麻佐子の自慢だった。ある時、麻佐子は、叔母が叔父の山林を、無断で売ったことを知り愕然とする。叔母は何故お金に困っているのか? 秘かに謎を探る彼女は、山林売...

  • 熱い絹(下) 648円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    マレーシアの高原カメロン・ハイランドの密林に消えた大富豪。その謎を日本・マレーシアの両警察が追ううちに次々と起こる連続殺人。緊張をはらみつつ、事件は意外な結末へと一気に向かう。1967年に起きた...

  • 火の縄 756円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    鉄砲にかけては百発百中の名手稲富治介は風采のあがらない無骨者のため細川忠興・ガラシア夫妻にうとまれ出陣の機会も与えられず不遇の一生を終えた。戦乱の時代の非情を描く長編時代小説。

  • 天保図録2 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    政権を一手に握り、いよいよ峻烈な改革に乗り出した水野忠邦。だが、その前途には大奥の反目や反対派の策動など暗雲がたれこめている。いっぽう忠邦に取り入り、己れの野望を遂げんとする鳥居耀蔵は、配下の本...

  • 天保図録5 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    大坂十里四方上知政策と印旛沼開鑿(かいさく)政策は完全に破綻した。日ごとに勢いを増す反改革派と大奥の策動は、水野忠邦をじわじわと破局に追いつめる。とその矢先、片腕とたのむ鳥居耀蔵の裏切り! 天保...

  • 塗られた本 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    小さな出版社を経営する紺野美也子は、ベストセラーをねらって大流行作家に近づき、その魅力で書下ろし小説を依頼する。ところが、作家の欲望の影が、しだいに彼女を追いつめ、さらに、愛する二人の男性との間...

  • 天保図録1 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    上意! 江戸城老中部屋に呼ばれた将軍家慶の側用人水野美濃守は、老中筆頭水野越前守忠邦から、突然の罷免を告げられた。その瞬間こそ天保の改革の幕あけだったのだ。家慶の信を得た忠邦は野望に燃える鳥居耀...

  • 天保図録4 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    印旛沼開鑿(かいさく)の裏で、役得の甘い汁を吸う現地役人の怠慢、加えて豪雨の襲来など、工事は難航をきわめる。だが、それにもまして、大坂十里四方上知令に対する紀州家の猛反対は、水野忠邦には思わぬ打...

  • 湖底の光芒 594円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    遠沢加須子は、中部光学という夫の遺したレンズ製造会社を長野県の諏訪で経営している。親会社の倒産で苦境にたった時、手をさしのべて来たのは、ハイランド光学だった。親会社の横暴に泣く下請会社の悲哀と、...

  • 棲息分布(下) 540円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    手段はともあれ、ひとたび巨大な力を握れば、その力は雪ダルマ式に膨張する。政界実力者と結んだ社長は、その触手を着実に伸ばしていく‐‐悪が人間社会をこともなげに通り過ぎたあとでは、もはや悪は悪でなく...

セーフサーチの状態