読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文庫」に掲載された作品一覧

64件中1-24件 (1/3ページ)
  • 東京駅殺人事件 799円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/15

    東京駅の爆破を予告する脅迫電話が、駅長室にかかってきた。五十万人の乗降客を人質にとった犯人の要求は一億円。爆破予告時刻が迫るなか、受け渡しの舞台である「踊り子号」には巧妙な罠が仕掛けられていた。...

  • 内房線の猫たち 異説里見八犬伝 670円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/16

    酒とケンカに明け暮れる28歳の猫田は、留置場で知り合った男から、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」のモデルになった里見家の忠臣の名前には、実は犬ではなく猫の文字が入っており、猫田はその末裔だと告げられ...

  • 函館駅殺人事件 734円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/07/06

    冤罪で実刑となったカメラマンの金井は、出所後、自分をはめた後輩を刺殺、故郷の函館へ逃亡する。心の支えは、ただ一人、服役中も慕い続けてくれた美人モデルのマリ子。しかし、二人が函館駅で再会を果たそう...

  • 十津川警部「幻覚」 670円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/02/15

    身に覚えのない三人の女から「責任を取って欲しい」という脅迫電話を受けた実業家の中山憲之には、記憶の欠落があった。三人のうちの一人と思しき女が死体となって見つかると、十津川が捜査に乗り出す。中山も...

  • 沖縄から愛をこめて 670円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/11/10

    フリーカメラマンの木村敦は、沖縄に貢献したとして藍綬褒章を受章した故緒方秀郎が「陸軍中野学校」出身であることに関心を抱く。調査を進めると、太平洋戦争末期、陸軍中野学校出身の謀略の専門家42名が実...

  • 京都駅殺人事件 756円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/14

    東京調布で浪人生の死体が見つかった。現場には時限爆弾を作っていた痕跡があり、その部屋の住人で被害者の親友・橋本が行方不明に。やがて、京都駅長に奇妙な脅迫状が届く。「古都の景観を損なう醜怪な京都駅...

  • 炎の墓標 637円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/07

    マンモス・タンカーの爆破中止と引きかえに100万ドルを要求する脅迫電話が新太平洋石油にかけられた。100万ドルの振込み先は、バリ島にある小さな商店だった。犯人の真の狙いは何か。また航行中のタンカ...

  • 十津川警部の対決 555円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/07

    伊豆の海に白いポルシェごと転落死した中年男。ところが彼の手帳に、半年前の3億円強奪事件の犯行メモがあったことから、十津川警部らは色めき立つ。しかも共犯者がいて次の犯行を計画中と知った十津川は、亀...

  • おれたちはブルースしか歌わない 540円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/06/30

    西村京太郎作品の中でも、数少ない"青春推理小説"。男4人に、ヴォーカルの女の子1人を加えたグループサウンズ「ザ・ダックスフント」。彼らが作った自信作が、いつの間にか誰かに盗まれ、しかもその曲がヒ...

  • 名探偵も楽じゃない 596円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/06/30

    ミステリーマニアの組織の例会が、会長の経営するホテルで開かれた。特別ゲストはクイーン、メグレ、ポアロ、明智小五郎の四大探偵。その席に自ら名探偵と称する青年が闖入、殺人の匂いがあると予言。果たして...

  • 名探偵が多すぎる 555円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/06/23

    別府航路の船上で一堂に会した世界の名探偵、メグレ、クイーン、ポワロ、明智の4人に、かのルパンから届いた挑戦状。ルパン対4人虚々実々の対決はかくして幕をあけるが、ルパンに狙われた宝石商は鍵のかかっ...

  • 上野駅殺人事件 778円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/04/14

    上野駅周辺で、ホームレスを狙った連続殺人事件が発生。死因は青酸中毒死。Kと名乗る男から駅長あてに八千万円を要求する脅迫状が届くが、犯人の輪郭すらつかめない。そして、東北・上越新幹線の上野駅開業の...

  • 十津川警部 長野新幹線の奇妙な犯罪 648円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/11/11

    会社経営者の妻子を狙った誘拐事件が、東京、横浜、松江で立て続けに発生。いずれも人質は解放されたが、犯人は高額の身代金をまんまと手中に。容疑者が浮かばず迷宮入りも囁かれる中、十津川警部は三つの事件...

  • 寝台特急「日本海」殺人事件 594円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/10/01

    青森から大阪まで。日本海沿いをひた走る寝台特急で専務車掌が絞殺された。事件の鍵を握るのは5年前に車中で出産した若い女性。その足跡を辿ると、男女が続けて不審な死を遂げていることが判明。おまけに当人...

  • 特急「あずさ」殺人事件 540円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/10/01

    新宿から松本まで一緒に行ったことにしてほしい。恋人だった刑事に嘘のアリバイ証言を頼んでいた女が殺された。十津川は問題となる時刻に起きた現金強奪事件に着目。ところが共犯と思われる銀行員も絞殺された...

  • 北リアス線の天使 680円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/08

    生涯最後の作品を描くため、老画家・篠崎源一郎は、看護婦の田代由美子と、三陸海岸の名勝・浄土ヶ浜へ逃避行を企てる。その周辺を調べていた私立探偵が東京のホテルで毒殺され、十津川警部も三陸へ。篠崎の妻...

  • 十津川警部 トリアージ 生死を分けた石見銀山 627円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/03/11

    「十津川警部に告ぐ。十億円を支払え。さもなければ、石見銀山は爆破され、世界遺産の一つが消える」。犯人からの声明に当惑する十津川。しかし、かつて事件現場で十津川が下した治療順位判断(トリアージ)が...

  • 十津川警部 金沢・絢爛たる殺人 566円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/03/11

    都内のビル屋上で、加賀宝生流の能衣装に女面をつけた男の死体が見つかった。被害者の死ぬ前の舞いを見たと思われる南米の大統領も、金沢に関係しているらしい。事件の手がかりを求めて十津川警部は現地へ向か...

  • 悲運の皇子と若き天才の死 596円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/03/11

    雑誌編集者・長谷見(はせみ)明は、実家の屋根裏で、祖父・伸幸の遺した絵を発見。そこには、飛鳥時代、罠にかけられ、十九歳の若さで死んだ有間皇子(ありまのみこ)が描かれていた。そして若き天才画家と呼...

  • 韓国新幹線を追え 626円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/03/11

    日韓関係が緊張を続けるなか、日本側特使を暗殺する計画が密かに練られていた。舞台は、韓国新幹線KTX。危険を察知した十津川と亀井は韓国に飛ぶが、時速三〇〇キロで疾走するKTXは、犯人グループにハイ...

  • 十津川警部 猫と死体はタンゴ鉄道に乗って 626円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/11/13

    東京・谷中の喫茶店「カフェ猫」のオーナーが、子猫と一緒に焼死体で見つかった。ウエイトレスの野中弥生が直前に失踪していたことをつかんだ西本刑事は、手掛かりを求めて丹後へ。弥生が残していった歌に出て...

  • 新装版 D機関情報 788円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/07/10

    第二次大戦末期、密命を帯びてヨーロッパへ向かった海軍中佐関谷は、上陸したドイツで、親友の駐在武官矢部の死を知らされる。さらにスイスでは、誤爆により大事なトランクを紛失。各国の情報機関が暗躍する中...

  • 新装版 天使の傷痕 713円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/03/13

    武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇。瀕死の被害者は「テン」と呟いて息を引き取った。意味不明の「テン」とは何を指すのか。デート中、事件を直接目撃した田島は、新聞記者らしい関心から周辺を...

  • 新装版 殺しの双曲線 782円
    作家 西村京太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    差出人不詳の、東北の山荘への招待状が、六名の男女に届けられた。しかし、深い雪に囲まれた山荘は、彼らの到着後、交通も連絡手段も途絶した陸の孤島と化す。そして、そこで巻き起こる連続殺人。クリスティの...

セーフサーチの状態