読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文庫」に掲載された作品一覧

16件中1-16件 (1/1ページ)
  • 列車消失 756円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/08/17

    渓谷を走る七輛編成の列車から、六輛目だけが抜きとられ、三十六人の乗客と共に消えた。巨額の身代金の受け渡しに寝台特急「日本海2号」が指定され、日本海沿いを走る列車に異変が続発。同じ男が二度列車に飛...

  • 雪花嫁の殺人 警視庁捜査一課事件簿 751円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/07/27

    警察をも牛耳る政界の黒幕、壬生興之介。その息子で乱行を重ねる道安が殺された。雪の凶行現場には白無垢姿の「花嫁」がいた! 私兵を用いて報復を図る興之介を嘲るように起こる第二、第三の犯行。美しき殺人...

  • 黒い列車の悲劇 710円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/06/29

    トンネル内で列車が消え、犯人からの身代金要求は6億円。三陸海岸に沿って走る北リアス線の車輛が、百メートルもないトンネルに入ったまま出てこない。数分後、反対方向からやってきた車輛は、何事もなかった...

  • 銀河列車の悲しみ 594円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    奇妙な出来事の数々は、壮大なドラマの前兆だった。誘拐と間違われた少女が無事もどって、銀河鉄道の夜を体験したと語り、ゴジラに襲われたと訴える青年が現われる。そして蒸気機関車に引かれたミステリアス銀...

  • 警視庁捜査一課事件簿 生首岬の殺人 594円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    都内の住宅街で偶然カメラマンが写真に捉えた、男の生首をくわえた黒犬の姿。そして時を同じくして、女性銀行員の誘拐事件が発生。犯人の要求は、指定する5つの会社に融資を行うこと。各社は倒産寸前という共...

  • 風神雷神の殺人 594円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    風神雷神の助けでお前を殺す。謎めいた脅迫が現実になったかのように、怪異な手口で起こる連続殺人。東京、静岡についで4通の殺人予告が列島を走る。動機は何か。犯人が起こしたと豪語する余部(あまるべ)、...

  • 雪列車連殺行 540円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    上野着の車内で車掌が発見した男の死体が消え、24時間後に都内のデパートでマネキン人形として飾られていた! 男は蔵王を開発中の会社の役員。上野署の牛深・松島コンビは蔵王に出向く。するとそこでも奇妙...

  • 虹列車の悲劇 594円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    金沢で寝台特急「北陸」に乗った男が、上野駅に着いたときには白骨死体となっていた。人間は本当にたった八時間で白骨化してしまうものなのか? 越美北線の運転士が、山峡の線路上空に見た妖しく光る緑色の虹...

  • 赤い列車の悲劇 540円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    嵐の朝、「おくひだ1号」の運転士は、あるべき場所に駅がなく、線路まで消えていることに驚く。一方、次駅駅員は、列車が乗客と共に消失したことを知らされる。だが、駅、線路、乗客、車輛の四重消失は、不可...

  • 湖列車連殺行 540円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    上野駅に着いた電車から、火だるまの男が転がり出た。鳥取へ行くといって家を出たのに、なぜ上野着? そして鳥取の白兎海岸で毒死した別の男の名が自称田原で、実は原。タヌキである。まるでカチカチ山の物語...

  • 北列車連殺行 540円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    中学の同級生が次々殺される! ひとりは特急から石の鉢を抱えて転落死、またもう一人はビルから墜落。奇妙な連続殺人の背後に浮かぶのは日本の古典物語。本格長編。(講談社文庫)

  • うなぎ丸の航海 594円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    ウナギが海で産卵することは判っているが、天然の卵を見た者は世界で誰もいない。大海原のどこにニホンウナギの産卵場があるのか? 東京大学海洋研究所調査船・白鳳丸が世紀の発見を求め出航した。探査に同行...

  • 荒南風 702円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「砂子(すなご)さんはいますか」。刑務所を出て横浜の暴力団鶴来(つるき)組の事務所にふらりと現れた元マグロ漁師・彦地秋郎(ひこちときお)は組長の息子・直樹を「誘拐」して西へと向かう。彼の動機は何...

  • まだらの蛇の殺人 594円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「まだらの蛇が」という言葉を残して1人また1人......。天井裏から蛇の吐息、死体の首筋には2つの牙跡! 能面の怪人は炎とともに宙に消え、エリート&アウトロー刑事コンビをあざわらう。大蛇(おろ...

  • 終列車連殺行 540円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    死者が列車を乗り替えた? 俊英の本格長編。北へ向う特急の寝台で見つかった女性の死体が消え、上野行きの特急で発見された。死者が乗り替えた? 捜査陣を困惑させる怪事も続発! 奇想の大胆本格推理長編。...

  • Y列車の悲劇 540円
    作家 阿井渉介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    上り寝台特急「はやぶさ」のA寝台車の個室で、女性の惨殺死体が発見され、残りの乗客全員は走行中の列車から消えた。そして有名俳優の声を使った脅迫電話と呼応して次々と姿を現わすの乗客の死体! 不可解な...

  • 1
セーフサーチの状態