読み込み中... loading....
とってもお得なNeowingコイン! 電子書籍サービスの特徴はコチラ

「講談社文芸文庫」に掲載された作品一覧

360件中1-24件 (1/15ページ)
  • 天窓のあるガレージ 1350円
    作家 日野啓三
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/10/13

    日常から遠く隔たった土地の悠久の歴史を物語る遺構や人を寄せ付けない奥深い自然の中に身を置いた主人公が自らの経験を通じて「私」を超えていこうとする試みは、やがて若者や女性といった身近な他者の異質な...

  • ヘンリー・ジェイムズ傑作選 1674円
    作家 ヘンリー・ジェイムズ/行方昭夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/10/13

    十九世紀的世界観を脱して新たな文学技法を追究し、心理小説の祖として、また現代文学の礎を築いた先駆者として、再評価の高まるヘンリー・ジェイムズ。多様な解釈を許す作風から難解なイメージがつきまとうが...

  • 文芸的な、余りに文芸的な/饒舌録 ほか 芥川vs.谷崎論争 1404円
    作家 芥川龍之介・谷崎潤一郎・千葉俊二
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/10/13

    昭和二年二月号『新潮』合評会での谷崎の小説に対する芥川発言に端を発し、舞台を『改造』に移して文学史上に残る〈筋のない小説〉を巡る論争が始まった。――芸術とはなにか。何が文学を文学たらしめているの...

  • スミヤキストQの冒険 1296円
    作家 倉橋由美子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/10/01

    そこは悪夢の島か、はたまたユートピアか。スミヤキ党員Qが工作のために潜り込んだ孤島の感化院の実態は、じつに常軌を逸したものだった。グロテスクな院長やドクトルに抗して、Qのドン・キホーテ的奮闘が始...

  • 反悲劇 972円
    作家 倉橋由美子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/10/01

    本来反小説な神々や英雄の悲劇の世界を、現代小説に直接「移植」する試みのなかで、古代ギリシャ人の行動様式や神話的モチーフは、そのグロテスクな陰惨さのままに、今もわれわれの内に息づき生き延びているの...

  • 現代詩試論/詩人の設計図 1512円
    作家 大岡信
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/09/22

    「折々のうた」で知られた大岡信の評論活動は、二十二歳の時に書かれた『現代詩試論』から始まった。詩人として、詩と信じたものの中でつかんだ言語感覚を、そのまま文字にたたき込む努力をした。散文でどこま...

  • 橇・豚群 1242円
    作家 黒島伝治
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/09/08

    昭和初期に隆盛したプロレタリア文学運動の潮流の中で、写実的な文章と複眼的想像力による傑作短篇を立て続けに発表して一躍脚光を浴びながらも、肺病による喀血から郷里・小豆島での療養生活を余儀なくされた...

  • 天使よ故郷を見よ 上 1836円
    作家 トマス・ウルフ/大沢衛
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/08/11

    フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、フォークナーらと同時代に生まれ、1929年、本書発表後、一躍アメリカ文壇の寵児となったウルフ。長身で冷蔵庫を机に立ったまま執筆した、10年で5万冊を読破した等...

  • 天使よ故郷を見よ 下 1836円
    作家 トマス・ウルフ/大沢衛
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/08/11

    周囲がドイツとの戦争へ突き進むなか、自由への飢渇、若き孤立感と格闘しつつ成長し、〈異境の流謫者〉の如く魂の聖域と真の住処を求めて、新たな地へ旅立っていく。「人間の経験の全てを文学に託すという最も...

  • 空吹く風/暗黒天使と小悪魔/愛と憎しみの傷に 田中英光... 1512円
    作家 田中英光・道籏泰三
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/08/11

    太宰治をして「この荒れ果てた竹藪の中にはかぐや姫がいる」と言わしめた「空吹く風」、戦後の混乱の中で春をひさぐ女たちに真実の愛を夢想する「暗黒天使と小悪魔」、運命の女との愛欲の果てに傷害事件に至る...

  • 雲は天才である 1512円
    作家 石川啄木
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/07/14

    詩や短歌では叙情味あふれる作品で天性の才能を発揮し、矛盾に満ちた明治という時代への鋭い考察も相俟って今もなお熱烈な読者を持つ石川啄木が心血を注いだ小説。故郷・渋民村の高等小学教の教員時代に書き出...

  • 三木清大学論集 1404円
    作家 三木清・大澤聡
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/06/09

    「諸君の先ず身に着けねばならぬ武器は知性である。それが武器としては小さいものであるにしても、諸君の有する最小のものを抛棄しないことが大切である。」吹き荒れる時代の逆風の中、真理を追究する勇気を持...

  • 春の華客/旅恋い 山川方夫名作選 1512円
    作家 山川方夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/06/09

    急激に変貌していく戦後日本を背景に新しい感性による現代文学の興隆を牽引し、短い作家活動のうちに数多くの鮮烈な作品を残した山川方夫。その早熟ぶりが同世代の仲間を震撼させた学生時代の作品から、時代を...

  • 黴 爛 1512円
    作家 徳田秋声
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/05/12

    明治四四年、夏目漱石の推挙で「東京朝日新聞」に連載し、自身の結婚生活や師・尾崎紅葉との関係等を徹底した現実主義で描き、自然主義文学を確立、同時に第一級の私小説としても傑作と謳われる「黴」。翌々年...

  • 猫道 単身転々小説集 1620円
    作家 笙野頼子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/05/12

    失礼ですが御主人は? 収入は? 本籍地は? 保証人は? バブル後期の東京で"単身女性の安全な住まい"を求めて漂流する長編「居場所もなかった」に加え、後の"家族"キャト、ドーラ、ギドウ、モイラ、ル...

  • 三木清教養論集 1296円
    作家 三木清・大澤聡
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/04/21

    「教養といわれるのは単に専門的乃至職業的知識のことでなく、人間が真に人間らしくなるために必要な知識のことである。」ファシズムが台頭する昭和初期の日本社会で、のびやかに思考し時代と共に息づく教養の...

  • 幽 花腐し 1404円
    作家 松浦寿輝
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/04/14

    中華街のバーで、二十年以上前に遇った女の幻影に翻弄される男の一夜を描く、事実上の初小説「シャンチーの宵」、芥川賞候補作「幽」、同受賞作「花腐し」ほか全6篇。知的かつ幻想的で、悲哀と官能を湛えた初...

  • 明日なき身 1296円
    作家 岡田睦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/04/14

    離婚を繰り返し、生活に困窮して生活保護と年金で生きる老人の日常の壮絶。高齢化社会を迎えた今、貧困のなかで私小説作家は、いかに生きるべきか......。下流老人の世界を赤裸々に描きつつも、不思議に...

  • 聖火 1134円
    作家 モーム・行方昭夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/04/14

    第一次大戦後の英国上流家庭。事故で半身不随となりながらも快活にふるまう長男が、ある朝、謎の死を遂げる。美しい妻、ハンサムな弟、謹厳な母、主治医、看護婦らが、真相を求めて語り合う。他殺か、自殺か。...

  • 黄金の時刻の滴り 1674円
    作家 辻邦生
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/02/10

    夢中で読んできた小説家や詩人の生きた時に分け入り、その一人一人の心を創作へと突き動かし、ときに重苦しい沈黙を余儀なくさせてきた思いの根源に迫る十二の物語。それは「黄金の時刻」である現在を生きる喜...

  • 凡人伝 1404円
    作家 佐々木邦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/01/27

    主人公の英語教師はあるときふと思い立つ。世に偉人伝は数多あるが、第二のナポレオンは現れない。ならば失敗に鑑みる『凡人伝』を書くほうがよほど有益だ。神童と謳われ、その後凡人の道を歩む自分の伝記を書...

  • 戦後的思考 1944円
    作家 加藤典洋
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/01/13

    1995年、戦後50年目に発表された「敗戦後論」は、単行本刊行後、百を越える批判を左右両翼から浴びた。本書はその反響の醒めぬなか、それらを正面から受け止め、「批判者たちの『息の根』をとめるつもり...

  • 木菟燈籠 1296円
    作家 小沼丹
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/01/13

    そこはかとないユーモアやはにかみを湛えたかざりのない文章でどこか懐かしいような風景を描き上げて多くのファンを持つ"小沼文学の世界"。季節や時代の移ろいに先輩の作家や同僚の教員、学生時代の友人など...

  • 我が愛する詩人の伝記 1242円
    作家 室生犀星
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/01/13

    「各詩人の人がらから潜って往って、詩を解くより外に私に方針はなかった。私はそのようにして書き、これに間違いないことを知った」。藤村、光太郎、暮鳥、白秋、朔太郎から釈迢空、千家元麿、百田宗治、堀辰...

セーフサーチの状態