読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「まどか出版」から出版された作品

6件中1-6件 (1/1ページ)
  • 本化仏教を説く 法華経「本門八品」にみる久遠本仏の世界 880円
    作家 泰永二郎
    出版社 まどか出版
    販売開始日 2013/12/20

    日蓮聖人の宗教の本意はどこにあるのか。聖人の唱え出されたお題目とはどういうお題目なのか。南無妙法蓮華経はいったいどこから現れたのか。お題目の信仰についての理解が深まる一冊。

  • 仏に、成れる 550円
    作家 泰永二郎
    出版社 まどか出版
    販売開始日 2013/12/20

    魂は姿形を変えつつ連続して存在するという。輪廻である。この迷いの輪廻を断ち切るには?!本書は、仏になるには、仏とは何かを説き、自らの人生を見つめる目を育む書である。

  • 自分と向き合う 法華経の生き方 660円
    作家 泰永二郎
    出版社 まどか出版
    販売開始日 2013/12/20

    新たな世紀へのメッセージ!希望をもって「自分と向き合う」仏教の最高峰・法華経が示した、ただ一つの「門」とは?本書を通して、その「門」が、いま開かれる。「門」を開いたとき、新たな「自分との出会い」...

  • だから生きるに値する 660円
    作家 泰永二郎
    出版社 まどか出版
    販売開始日 2013/12/20

    なぜ人は生まれてきたのか。なぜ人は生きるのか。この永遠の命題に明快に答えた、究極の「元気が出る本」。

  • 輝く智慧に照らされて 660円
    作家 泰永二郎
    出版社 まどか出版
    販売開始日 2013/12/20

    教育、家族、ひきこもり、差別・・・、現代のさまざまな事象や暮らしの一コマに、法華経の智慧の光をあてて、人生の「肝心かなめ」を考えた人生論。

  • 法門 (1~2巻) 770円
    作家 泰永二郎
    出版社 まどか出版
    販売開始日 2013/08/16

    仏教の核心というべき本化仏教の教義や弘通(布教)の意義を平易な言葉で説き、人生あるいは現代や社会のなかでその教えをどう活かしていくかを考えた現代人のための仏教書。

  • 1
セーフサーチの状態