読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「双葉社」から出版された作品

9件中1-9件 (1/1ページ)
  • ギフト <新装版> 638円
    作家 日明恩
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/08/02

    その少年に目が留まった理由は、ただ一つだった。こぼれ落ちる涙を拭おうともせずに、立ち尽くしていたからだ。それもホラー映画の並ぶ棚の前で。しかも毎日。――ある事件がきっかけで、職を辞した元刑事の須...

  • 金色の獣、彼方に向かう 539円
    作家 恒川光太郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/01/27

    樹海に抱かれた村で暮らす少年、大輝は、ある日、金色の体をした不思議な生き物と出会う。ルークと名づけて飼い始めるが、次第に大輝の体に異変が起きてくる――。静謐な美しい文章と瞠目の幻視力で綴る傑作ダ...

  • 大空のドロテ (1~3巻) 1232円
    作家 瀬名秀明
    出版社 双葉社
    販売開始日 2014/08/19

    あの日、サーカスは空からやってきた! ルブランが生んだ怪盗ルパンの数々の冒険譚を下敷きに、瀬名秀明が長年の取材を重ねて遂に完成させたもうひとつのルパン! 20世紀初頭のヨーロッパを舞台に活躍する...

  • 深山に棲む声 671円
    作家 森谷明子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/05/23

    イヒカは深山で、ある子供と出会う。子供は謎めいた女によって山に閉じこめられていた。子供がイヒカに頼む―ぼくを助けに来て。大切なお守りを預かり、助けに戻ることを約束したイヒカ。だが二人は数奇な運命...

  • 暗黒帝鬼譚 440円
    作家 菊地秀行
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    愛美の話は、待茶也子の眼を剥かせ、身を乗り出させ、ついには、はあはあと荒い息をつかせるに足りた。

  • サイコ・ミュージシャン (1~3巻) 440円550円
    作家 六道慧
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    店を出たのにまだ音楽が耳の中で響いている。美笛は無意識のうちに、ポケットのカセットを握りしめていた。

  • 魔界創生記 550円
    作家 菊地秀行
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    これが〈魔界都市〉の住人か。何か、途方もない間違いをしでかしたような気が、金蔵にはした。

  • 闇陀羅鬼 440円
    作家 菊地秀行
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    待茶也子は挑発的に白い顎を上げて訊いた。上向きの男の視線が舐めるように吸いつくのを意識し、内心ほくそ笑んだ。

  • 東京鬼譚 440円
    作家 菊地秀行
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2012/10/01

    音はない。虫の音も絶えていた。細い糸のような音を聴いた。祥子の寝息だった。

  • 1
セーフサーチの状態