読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「宝島社」から出版された作品

62件中1-24件 (1/3ページ)
  • 俺んちに来た女騎士と田舎暮らしすることになった件 1188円
    作家 裂田
    出版社 宝島社
    販売開始日 2020/02/13

    佐伯莞爾(さえきかんじ)は、ど田舎に住む独身農家。ある日、クリスと名乗る甲冑をまとった金髪美人が莞爾の家にやってきた。コスプレだろうと思っていたが、クリスは異世界人で、しかも本物の「女騎士」だっ...

  • 異世界駅舎の喫茶店 (1~2巻) 644円673円
    作家 Swind
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/02/13

    電車に乗っていたタクミが目を覚ますと、蒸気機関車の中だった。行き着いた終着駅の駅長によると、ここは地球とは少し違う世界で、まれに汽車が異なる世界から迷い込んでしまうらしい。戻る方法が見つかるまで...

  • 猫と竜 竜のお見合いと空飛ぶ猫 1188円
    作家 アマラ
    出版社 宝島社
    販売開始日 2020/02/10

    森の奥。一匹の竜が、魔法を操る猫たちと暮らしていた。竜は猫を守り育て、猫はやがて巣立っていく。ある日、悪魔が竜を訪ねてきた。曰く、「そういえば、他の兄弟のことを話してなかった」。驚いた竜が尋ねる...

  • 魔女と使い魔の猫 1188円
    作家 アマラ
    出版社 宝島社
    販売開始日 2020/02/10

    鉄道が遠く離れた町をつなげ、最新の大型飛行船が空を飛ぶ時代になっても、魔女は世界の隙間で、相棒の動物としたたかに暮らしていた。薬売りの魔女と相棒の黒猫。森に住む老齢の魔女と唯一の友人である竜。探...

  • 猫と竜 (1~3巻) 644円
    作家 アマラ
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/02/10

    森の奥。一匹の竜が、魔法を操る猫たちと暮らしていた。永きにわたり猫を守り育てる竜を、猫たちは「羽のおじちゃん」と呼び、人間は畏怖と敬意を込め「猫竜」と呼んだ。竜の庇護を離れた後に、人間と暮らす猫...

  • いつまでもショパン 634円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/02/10

    難聴を患いながらも、世界的なピアノコンクール「ショパン・コンクール」に出場するため、ポーランドに向かったピアニスト・岬洋介。しかし、ショパン・コンクールの会場で殺人事件が発生。遺体は手の指10本...

  • 『才能の器』で目指す迷宮最深部 スキル横伸ばしのはずが... 1188円
    作家 とんび
    出版社 宝島社
    販売開始日 2020/02/10

    第7回ネット小説大賞『金賞』受賞作にして、日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」で総合日間ランキング1位を獲得した人気作。突然、異世界で目を覚ました斎藤遼は、迷宮に関わる知識とともに『才能...

  • そして、ユリコは一人になった 693円
    作家 貴戸湊太
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/02/06

    第18回『このミステリーがすごい! 』大賞、U-NEXT・カンテレ賞受賞作! 私立百合ヶ原高校には奇妙な伝説がある。代々、ユリコという名を持つ生徒は「ユリコ様」として絶対的な権力を持ち、彼女に逆...

  • 怪物の木こり 673円
    作家 倉井眉介
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/02/06

    第17回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作は、サイコパス弁護士 vs. 頭を割って脳を盗む「脳泥棒」、最凶の殺し合い! すべては26年前、15人以上もの被害者を出した、児童連続誘拐殺人事件...

  • 京都伏見のあやかし甘味帖 (1~5巻) 644円
    作家 柏てん
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/02/06

    ワーカホリックな29歳、れんげ。会社から唐突な退職勧告を受け帰宅すると、結婚予定の彼氏と見知らぬ女!?「俺がいなくても、れんげは生きていけるだろ?」。そんなことあるか、ボケ!! 傷心のれんげは旅...

  • 帝都異世界レジスタンス 1188円
    作家 遠藤浅蜊
    出版社 宝島社
    販売開始日 2020/01/23

    人気作「魔法少女育成計画」の遠藤浅蜊による待望の新シリーズです。時は大正。開国以来西欧から流れ込んできた文化や亜人たちが日本にも馴染んできた頃、帝都に突如、謎の半球型建造物「はむすぴあ」が出現す...

  • 名前のない女たち (1~2巻) 755円
    作家 中村淳彦
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/18

    名前さえ紹介されることなく、アダルトビデオの内容にあわせて時には女子高生、時には人妻に変身する企画AV女優たち。日雇い労働者のように、呼ばれた現場で過激なセックスを披露して、けっして高額ではない...

  • 証言 貧困女子 助けて! と言えない39人の悲しき理由 891円
    作家 中村淳彦
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社新書
    販売開始日 2020/01/18

    日本における貧困問題は、圧倒的に女性の問題である。20歳から64歳の単身女性の相対的貧困率(年収122万円以下)は29%。男性のそれは21.1%とその差は歴然としている。単身女性の約3人に1人が...

  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする 663円
    作家 七月隆文
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/17

    京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて――。「...

  • さくらコンタクト (1~2巻) 641円644円
    作家 七月隆文 日日日
    出版社 宝島社
    レーベル このライトノベルがすごい!文庫
    販売開始日 2020/01/17

    高校生・桜木春彦は今日も幼馴染の桃子に起こされる。「お前カーチャンみたいだな」「誰がカーチャンよ!?」新学期――春彦は、桃子と引きこもり妹・咲耶との登校途中、花蒔町に伝わる《桜の伝説》を成就させ...

  • 君にさよならを言わない (1~2巻) 545円663円
    作家 七月隆文
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/17

    「明くんと久しぶりに話せた......」事故がきっかけで幽霊が見えるようになったぼくは、六年前に死んだ初恋の幼馴染、桃香と再会する。昔と変わらぬ笑顔をぼくに見せる桃香は、ある未練を残してこの世に...

  • さよならドビュッシー 557円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    祖父と従姉妹とともに火事に遭い、全身大火傷の大怪我を負いながらも、ピアニストになることを誓う遥。コンクール優勝を目指して猛レッスンに励むが、不吉な出来事が次々と起こり、ついに殺人事件まで発生する...

  • さよならドビュッシー 前奏曲 594円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    車椅子の玄太郎おじいちゃん&介護者・みち子さんコンビが大暴れ!玄太郎は下半身が不自由で「要介護」認定を受けている老人だが、頭の回転が早く、口が達者な不動産会社の社長。ある日、彼の分譲した土地で建...

  • おやすみラフマニノフ 557円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    秋の演奏会を控え、第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに、プロへの切符をつかむために練習に励む。しかし完全密室で保管される、時価2億円のチェロ、ストラディバリウスが盗まれた。彼...

  • 連続殺人鬼カエル男 (1~2巻) 594円743円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    マンションの13階からフックでぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。これが近隣住民を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の凶行だった。警察の捜査...

  • どこかでベートーヴェン 644円
    作家 中山七里
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    加茂北高校音楽科に転入した岬洋介は、その卓越したピアノ演奏でたちまちクラスの面々を魅了する。しかしその才能は羨望と妬みをも集め、クラスメイトの岩倉にいじめられていた岬は、岩倉が他殺体で見つかった...

  • 女王はかえらない 663円
    作家 降田天
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/09

    小学三年生のぼくのクラスでは、マキが女王として君臨し、スクール・カーストの頂点に立っていた。しかし、東京からやってきた美しい転校生・エリカの出現で、教室内のパワーバランスは崩れ、クラスメイトたち...

  • すみれ屋敷の罪人 683円
    作家 降田天
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/09

    戦前の名家・旧紫峰邸の敷地内から発見された白骨死体。かつての女中や使用人たちが語る、屋敷の主人と三姉妹たちの華やかな生活と、忍び寄る軍靴の響き、突然起きた不穏な事件。二転三転する証言と嘘、やがて...

  • スマホを落としただけなのに (1~3巻) 644円
    作家 志駕晃
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/01/09

    麻美の彼氏の富田がタクシーの中でスマホを落としたことが、すべての始まりだった。拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。麻美を気に入った男は、麻美の人間関係を監視し始める。セキュ...

セーフサーチの状態