読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「徳間書店」から出版された作品

43件中1-24件 (1/2ページ)
  • 蜜葬 550円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/28

    物心ついた時から、隷属に甘んじていた男の忍耐の糸が切れたとき......。二重のどんでん返しが待ち受ける衝撃作!

  • 文学賞殺人事件 605円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/28

    新人文学賞を受賞し、人気作家となった小高省吾の秘密とは? 本格ミステリー。

  • 死の軌跡 550円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/28

    奔走する刑事たちを嘲笑する、計算されつくした不動のアリバイ! 傑作鉄道ミステリー。

  • 灯(ともしび) 649円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/01/10

    棟居刑事が現代の世相と家族の病理に迫るミステリー。

  • 老いの希望論 737円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫カレッジ
    販売開始日 2015/10/16

    老いて失うものより得るもののほうが実は多い! 80代で今も第一線で活躍する著者が贈る、老後が新鮮な日々に変わる指南と提言。

  • 暗黒星団 495円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    不開屋敷、と地元軽井沢で呼ばれる別荘に、ひと夏現れた美貌の女。正体不明の彼女に誘われ、ひとりの青年が消えた......。

  • 暗黒凶像 660円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2012/10/01

    政財界を巻き込む殺人は、妹の死から始まった。鍵を握る記憶喪失女性の「喪われた記憶」とは!?

  • 暗黒流砂 770円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    「国土庁長官が国有地に豪邸を建て、愛人を住まわせている」一通の密告から巨大な政界汚職が顕れ始めた時、警視庁捜査二課の中津は敵の罠に堕ちた。

  • 495円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    「私のネックチェーンは悪夢の預り証」謎の言葉を遺し、ホステスが新宿中央公園で殺害された。さらに浮上した容疑者らは次々不審な死を......。

  • 495円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    新宿署刑事・牛尾のひとり息子は旅に出たまま、ついに戻らなかった。管内で風俗嬢が殺害され、先に殺されたホームレス、そして息子との意外な接点が。

  • 黒魔術の女 495円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    OLが局部をめった突きにされ殺された。鍵を握るOLの連れの女は、杳として行方が知れなかった。長篇ミステリー。

  • 悪夢の設計者 495円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    財川財閥の御曹司が、新婚旅行先の伊豆で謎めいたダイイング・メッセージを遺して惨殺された。悪女と悪党の企みの結末は?

  • 死海の伏流 440円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    文芸誌編集者の亜希子は、画家から受け取った挿絵に息を呑んだ。男と密会中の美女の貌(かお)が、過日、厚木市の山林で殺された姉と瓜(うり)二つだった。

  • 指名手配 550円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    胡桃沢は渾身の力で社長の首を絞めた。復讐を遂げた瞬間だった。胡桃沢は恋人と共に国東半島に逃亡したが、事件は一向に報道されず...。

  • 暗渠の連鎖 495円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    まさか自分の愛娘までもが、強盗強姦犯の毒牙にかかるとは......! 相模署刑事・露木は愕然とした。

  • 蟲の楼閣 660円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    その不動産会社は、立川が入社した際から怪しかった。まもなく盛岡で、買収に抵抗する農民が水死。真相を探ろうとする立川の姿も忽然と消えた。

  • 死定席 495円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    女の寄生虫として生きる弦間の情婦のウェイトレスが妊娠した。墨倉財閥総帥の娘との関係が台無しである。弦間は殺人を決意する......。

  • 死の器 (全2巻) 550円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2012/10/01

    わが国最大の兵器メーカー国武重工業の本工場にある豪華接待館。接待嬢の麻利は、その「幸せの間」で消されたのか。

  • 垂直の死海 550円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    「夫の死の真相を暴いて」高校の同窓生・雅子の言葉が損保の損害査定員・千野を巨大企業の闇へといざなった。

  • 死都物語 495円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2012/10/01

    緑したたる丹沢山中に、妊娠した若い女の絞殺体が棄てられていた。その自宅に向かった刑事が見たものは、女の従妹の凌辱された扼殺体であった。

  • 忠臣蔵 (全2巻) 825円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2012/10/01

    「我ら亡君のお怨みを散ぜんために推参仕った」十二月十四日寅の上刻、まさに血戦の火蓋は切られようとしていた。

  • 魔性の群像 495円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    藤子がようやく手に入れた一戸建てのわが家。だが、思わぬ不幸が近所に潜んでいた。

  • 魔痕 550円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    停年を迎えた刑事の越野は途方に暮れた。何もやることがなくなった恐怖。彼は熟年に人気の登山を始めるが。

  • 死刑台の舞踏 440円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    川崎で発見された扼殺体、それは少年時代にいじめを受けた仇敵の変わり果てた姿だった。次いで、二人目の敵が新宿で撲殺され......

セーフサーチの状態