読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「文藝春秋」から出版された作品

558件中1-24件 (1/24ページ)
  • 昭和天皇 最後の侍従日記 968円
    作家 小林忍 共同通信取材班
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/04/19

    戦争責任言われ「つらい」――崩御の2年前、昭和天皇はそう侍従に漏らしていた。 2018年8月に共同通信が故小林忍侍従の日記の存在をスクープして話題になった。昭和天皇を身近で支え、平成への代替わ...

  • 平成野球 30年の30人 1528円
    作家 石田雄太
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/04/18

    江夏豊さん推薦! 「雄太は今、俺が1番信頼する野球ライターだ。彼はこの30年間、ずっと 野球の現場にあって、選手や監督の心に寄り添い、信頼され、野球人が驚き 信頼する記事を書き続けてきた」 幾...

  • 天皇陛下・美智子さま 祈りの三十年 1629円
    作家 森哲志
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/04/05

    天皇皇后両陛下のお言葉で、人生を救われた人々がいる。被災地へのご訪問を長く続けてきた両陛下。訪問先の人々が心打たれたお言葉やエピソードの数々を、現地で尋ね歩いた。雲仙・普賢岳噴火、東日本大震災、...

  • フレディ・マーキュリーの恋 性と心のパラドックス 897円
    作家 竹内久美子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/03/20

    大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で話題騒然! ロックスターとその恋人を襲った悲劇とは? ワイルド、三島由紀夫、チューリングら天才たちの性の秘密とは? 「子孫を残しにくいはずなのに常に一定の...

  • 速すぎるニュースをゆっくり解説します Fast New... 897円
    作家 池上彰
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/08

    誰もがスマホに追われている今だからこそ、「スロー」なジャーナリズムを! 慌ただしい日々のニュースの塵を払ってゆっくり解説しなければ、世界の変化の本質は見えません。トランプ登場、英EU離脱のきっか...

  • 亡国スパイ秘録 765円
    作家 佐々淳行
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/08

    「スパイ天国・日本よ、目を覚ませ」‐‐初代内閣安全保障室長をつとめ、「危機管理」という言葉を創った男が、最後の告発! 少年時代にゾルゲ事件に関与。警察官僚として米国でスパイ研修を受け、007の...

  • 「つなみ」の子どもたち 作文に書かれなかった物語 765円
    作家 森健
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/08

    第43回大宅壮一ノンフィクション賞(2012年)受賞作。 ベストセラー『つなみ 被災地のこども80人の作文集』を企画取材したジャーナリストが描く、7つの家族の喪失と再生の物語。平成最大の災害を...

  • 白き瓶 小説 長塚節 880円
    作家 藤沢周平
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/05

    稀有の歌人・長塚節(たかし)の生涯を、詳密かつ鮮明に描いた著者渾身の伝記。第20回吉川英治文学賞受賞作

  • 日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年 897円
    作家 井上久男
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/02/20

    「日産・ルノー提携」の特ダネを1999年にスクープして以来、カルロス・ゴーンを見つめてきたジャーナリストが、その栄光と墜落の軌跡、そして日産社内の権力闘争の実態をあますところなく描いた経済ノンフ...

  • なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議 968円
    作家 半藤一利
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/02/20

    陸軍将校による幻の座談会が蘇る。和平か開戦か。太平洋戦争開戦直前に陸軍は何を考えていたのか。中堅将校たちが明かした本音とは。雑誌『偕行』に掲載された「大東亜戦争の開戦の経緯」が初の書籍化。なぜ無...

  • 独裁の中国現代史 毛沢東から習近平まで 897円
    作家 楊海英
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/02/20

    繰り返される粛清、密告、民族弾圧。世界最大の独裁国家はいかに築かれたか? 2019年は中華人民共和国の建国70周年。日中戦争、朝鮮戦争、文化大革命、改革開放、天安門事件、そして習近平体制まで、...

  • 極夜行前 1528円
    作家 角幡唯介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/15

    本屋大賞『極夜行』完成までの三年間に何があったか 『極夜行』完結に要した時間は三年。天測を現地で学び、夏にはセイウチに襲われた。そして犬との愛憎物語等スリリングなプロセス。

  • 日本人はどこから来たのか? 765円
    作家 海部陽介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/02/08

    日本人の祖先は、どのようにこの列島に渡ってきたのか。この課題に徹底的な科学調査によって迫り、アフリカから日本までの「グレートジャーニー」の道筋を浮かび上がらせる。 従来の「人類の祖先は海岸沿いに...

  • こんな家に住んできた 17人の越境者たち 1427円
    作家 稲泉連
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/08

    自らの「家」について語ることは、「人生」そのものを語ることだ。 あなたはどんな家に住んできましたか――? 作家、詩人、医師、研究者、音楽家、レーシングドライバー...... 彼らはなぜあらゆ...

  • 連続殺人犯 897円
    作家 小野一光
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/02/08

    小野さんは殺人犯を描き尽くすことで、我々の内なる「魔」の姿を、闇の中から掘り出してくれた――重松清氏、推薦! 人が人を殺す「その理由」を直接取材しつづけた、傑作ノンフィクション。 21世紀の...

  • 肉声 宮崎勤 30年目の取調室 1427円
    作家 安永英樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/25

    日本中を震撼させた「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」の取り調べが録音されていた。 初めて明かされる取調室での息詰まる対決! 密室で語られた真実とは―― 昭和から平成、一九八八年八月から翌年六月...

  • 平成の東京 12の貌 1019円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/01/18

    平成31年は、天皇陛下が退位して皇太子が新天皇に即位し、5月からは新しい元号になります。また、翌年には2回目の東京五輪が開催されます。一回目の東京五輪は昭和39年に開催され、それを契機に昭和後半...

  • 昭和の東京 12の貌 1019円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/01/18

    平成31年は、天皇陛下が退位して皇太子が新天皇に即位し、5月からは新しい元号になります。また、翌年には2回目の東京五輪が開催されます。一回目の東京五輪は昭和39年に開催され、それを契機に昭和後半...

  • 承久の乱 日本史のターニングポイント 897円
    作家 本郷和人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/01/18

    『日本史のツボ』(文春新書)、『ヤバイ日本史』などで知られる人気歴史学者が、専門である鎌倉時代を舞台に、満を持して取り組んだ意欲作です。本郷さんは鎌倉時代の基本史料『現代語訳 吾妻鏡』の編者の一...

  • オウム事件はなぜ起きたか 魂の虜囚 (1~2巻) 815円
    作家 江川紹子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2018/12/21

    坂本弁護士一家殺人事件や地下鉄サリン事件など13にもおよぶ事件の罪に問われた麻原彰晃こと松本智津夫だが、法廷では怒号と不規則発言を繰り返し、証言台の元信者らを脅すとも取れる態度を示し続けた。そん...

  • 救世主の野望 オウム真理教を追って 815円
    作家 江川紹子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2018/12/21

    始まりは一通の電話からだった。子どもがオウム真理教に入信し、連絡が取れなくなったという親からの連絡を受けた著者は、知り合いの坂本堤弁護士を紹介する。「被害者の会」が結成され、サンデー毎日がオウム...

  • 日本プラモデル六〇年史 968円
    作家 小林昇
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2018/12/20

    日本でプラモデルが誕生してから、今年(2018年)でちょうど60年。プラモデルも還暦を迎えたことになります。 ということは、ほとんどすべての日本男子は、プラモデルの影響下で育ったことになるのです...

  • 仏教抹殺 なぜ明治維新は寺院を破壊したのか 968円
    作家 鵜飼秀徳
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2018/12/20

    明治百五十年でも語られない闇の部分、それが廃仏毀釈だ。実は、興福寺阿修羅像、五重塔も消滅の危機にあったのだ。神社と寺院を分離する政策が、なぜ史上稀な宗教攻撃、文化財破壊にエスカレートしたのか? ...

  • 天才 勝新太郎 1019円
    作家 春日太一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2018/12/12

    武勇伝に隠された天才ゆえの孤独 破天荒な伝説で語り継がれる天才の素顔は誰よりも繊細でナイーブだった。 貴重な資料で、芸術の神に挑んで散った生涯を炙り出す。 「座頭市」と豪快な勝新伝説で知られ...

セーフサーチの状態