読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「晃洋書房」から出版された作品

15件中1-15件 (1/1ページ)
  • 芥川龍之介 青春の軌跡 : イゴイズムをはなれた愛 2420円
    作家 田村修一
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/11/08

    「理知」よりも、「技巧」よりも、青春の文学としての芥川文学の軌跡を、共感を持って追跡する。巻末に横組みで見やすい芥川関連年表を所収。

  • 錯覚と憑依(続) : 天皇とスピロヘータ 1430円
    作家 なわたゑゐじろう
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/10/11

    ニホンが分からなければ「わたし」が分からず、ニホン人の去就が推測されねば、私の生き死にが心許無い・・・。ニホンとニホン人、バーチャル・リアリティー、天皇制五つの怪、戦争と政治の経済学など、鋭い視...

  • 文学現象から見た現代中国 3410円
    作家 小山三郎
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/09/13

    本書は、1930年代から改革開放を掲げる現在の中国文学の潮流を個々の「文学現象」のなかで捉え、それを明らかにしようと試みたものである。その際、各時代に論争の焦点となった文学作品や雑文を取り上げ、...

  • 今生きるヴォーリズ精神 1210円
    作家 佐々木伸尚
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/08/02

    生涯私有財産を持つことなく、建築やメンソレータムの仕事を通じて得られた収益を全て、伝道と社会に使ったヴォーリズ精神を学ぶ。

  • ライン河 : 流域の文学と文化 1870円
    作家 丹下和彦
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/08/02

    本書はギリシア・ローマの古典や近現代のドイツ・フランス文学・文化を水先案内人に、この河を下る試みである。

  • 会津八一の手紙 1430円
    作家 豊原治郎
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/08/02

    会津八一の、学芸文人としての生き方について、学芸観、秋艸堂学規、努力観、教育者観、そして人生観にかかわる「手紙」の考察の五章と、高橋キイの生涯についての「再説」として、長年の著者の存念を最終的に...

  • 会津八一の史眼 1540円
    作家 豊原治郎
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/08/02

    教育者としての「人間主義」、美術史家としての「実物・文献一致主義」、俳人としての「匠風・技巧排除主義」、歌人としての「現代意識尊重主義」、そして、書家・書論家としての「実用性と芸術性の均衡尊重主...

  • 学匠 會津八一の生涯 1540円
    作家 豊原治郎
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/07/26

    学匠人生を教育者像と美術史家像との側面から考察し、併せて人生の師坪内逍遙との交流、心の支え高橋キイのこと、並びにその晩節の光彩へと、分析の視野を展開する全6章。

  • 孤高の学匠 會津八一 1430円
    作家 豊原治郎
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/07/26

    本書は76年にわたる多彩な人生を写し出す“心の反射鏡”とも称すべき言行録42事例について考察・検証した評伝である。

  • 會津八一の学風 : ひとつの評伝 1430円
    作家 豊原治郎
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/07/26

    運命的な出逢いに恵まれた増村朴斎・市島春城・坪内逍遙との交流、非運の境涯―「観音堂生活」―から学芸文人として再起した苦闘の人生、そして「学規四則」の命ずるところに誠実に従い、孤高にして独行、その...

  • オーローラ・リー 3300円
    作家 ブラウニング・エリザベス・バレット 桂文子
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/07/26

    「芸術は偉大なり。されど愛はさらに偉大なり」詩人の道を歩むオーローラ・リー。理想社会主義者のロムニーと紆余曲折を経て結ばれるまでの半生を通じて芸術と女性の問題を扱う長篇詩。

  • 随筆家 會津八一論 1540円
    作家 豊原治郎
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/07/26

    求道者會津八一と老子哲学。美術史と実物尊重の学風。唐招堤寺円柱を詠む秋艸道人の歌ごころ。坪内逍遥敬慕。濱田青陵追想。棟方志功論。安藤更生・大泉博一郎との師弟の絆。自然体で綴られた、その折々の ‘...

  • 文学者 會津八一論 1540円
    作家 豊原治郎
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/07/26

    俳人會津八朔郎として越後の文学的風土と数多の文人墨客との交流のなかで花開いた自画像は、やがて、彼の文学観、詩歌観、芸術観が渾然一体となり、自他共に認める歌人會津八一として豊かに実を結ぶのである―...

  • 教育者 會津八一論 1430円
    作家 豊原治郎
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/07/26

    学芸文人 會津八一の真髄は教育者としての生活姿勢にあった。それを明らかにするべく、彼の早稲田中学校(旧制)教諭時代に焦点をしぼり、教え子の思い出の中から彼の教育者像に肉迫する。會津独特の教育者哲...

  • 尾上柴舟・石川啄木 2860円
    作家 上田博
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/07/26

    柴舟・薫園・夕暮・牧水に「近代短歌史上の正統派としての位相」を発見し、啄木の魅力を引き出す新しい短歌鑑賞の本。

  • 1
セーフサーチの状態