読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「東洋出版」から出版された作品

41件中1-24件 (1/2ページ)
  • 科学の囁きと呟き 110円
    作家 牧幹雄
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2020/01/17

    これまでの体験を振り返ったエッセイ。「科学」への好奇心、情熱がありながら、病気のためにそれが叶わないことになってしまった心的描写を綴る。

  • 根性蛙 550円
    作家 河内徳丸
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/11/16

    創業以来経営者としての知識を学び、培ったものを原点にして『感動は心の喜び』を出版したが全く見向きもして貰えなかった。最近になって知人・知己から「経営信条から家庭教育・人生哲学等多岐に亘り事例を使...

  • 大好きこの町―エッセイ昭和のひととき 550円
    作家 大友武
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/07/26

    仙台在住作家がつづる 昭和時代のひとコマ 昭和、平成が終わりをつげ、令和へと変わり、 遙か遠くなってしまった昭和の時代に思いを馳せ、 ふるさとの昭和時代を振り返る、大好きな町の記録

  • 一億円を臍くりした女に捧ぐ 660円
    作家 川西啓
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/03/01

    女房に気を付けろ! 鬼より怖いぞ。 嫌と思ったら絶対に嫌。頭に血が上ると前後の見境いが無くなるのが大いなる欠点。判っているが、修正がきかない。勉強も仕事も続かない。困っているといわれればお金も...

  • 戦時、戦後の昭和一桁 私がくぐり抜けてきた激動の87年 550円
    作家 抱忠男
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/02/01

    これは“歴史”と言えるものではない! 軍艦マーチ、教練、隣組、タケノコ生活、サッカリン、学制改革、オイルショック、公害発生... 変化に満ちた昭和の歳月を、昭和6年生まれの著者は一個人として...

  • 男と女 どちらが楽しく、可笑しく、面白い 110円
    作家 林長二郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2018/11/30

    男女の違い、それぞれの役割、魅力を軽妙な語り口で解説したエッセイ。

  • 揺るぎなき日本国家。次なる打つ手。 660円
    作家 河口洋一郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2018/09/07

    脱・地球温暖化への提案 地球の自然破壊が進み異常気象が頻発、広がる砂漠、氷河の溶解、食糧危機、そして人類滅亡...。 地球温暖化がもたらすものは想像以上に深刻です。 ではどうすればいいのか。 ...

  • この祖国、感謝しつつもなお批判あり 880円
    作家 渡邉巖
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2018/08/31

    【著者略歴】 1938年東京生まれ。 1963年東京大学農学部卒業、同年農水省技官となる。以後1998年に農水省を退職するまで、日本各地の農業研究所・試験場に勤務。 この間国際熱帯農業研究所(ナ...

  • さこちゃんとくにちゃん 330円
    作家 池尾邦子
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2018/07/06

    障害をもったさこちゃんと、妹のくにちゃん。ふたりのおばあさんの歴史を綴った童話のような物語。

  • 透析患者とその妻たち 330円
    作家 花麒麟
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/12/08

    夫が透析を開始してから最期の時までの闘病生活を丁寧に綴ったノンフィクション。健康な時は気づかなかった相手の存在の大きさに気づき、相手を思いやる気持ち、また相手を支える強さが芽生えるなど、病気を機...

  • 感動は心の喜び 550円
    作家 河内徳丸
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/09/01

    無関心だったら身近に起こった事でも心に残らない 物事を心で見ると感動することが実に多い 人生を豊かにするためにも、心を振り向ける習慣がつけば感動が一層高まる 53年の会社経営で学んだ事は「感動は...

  • 断章取義 新聞報道のスキマから「学校」を考える 880円
    作家 鈴木義昭
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/09/01

    いじめの認定基準は有害なだけ。 許される体罰などない。 情緒的な平和教育から科学的な戦争防止教育への転換を。教員は人間性を高めることよりも教える技術を磨くことを重視すべき。学校は無限に教育課題を...

  • 穏やかな日々 550円
    作家 比良一平
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/08/25

    定年後の暮らしを眺めたユーモラスな日常エッセイ 「さてと、明日は何をするべえと想いつつ、穏やかな一日が過ぎていく」

  • 年寄りの想いと偏見 550円
    作家 大谷政泰
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/08/25

    今、私達に一番大事なことは? 災害の多い我が国、日本。助け合いの精神は、生き延びるために身についた特性ともいえる。日本の災害を振り返るとともに、これからの日本を考える。

  • 祥の少年・高齢記 550円
    作家 阿久澤祥二郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/06/16

    今に伝えたい ・70~60年前の日本の田舎と子供達の姿 ・小学生の遊び・躾の大切さと、大人の思い ・心に残る大切な言葉を生き方にいかす

  • 船はよいトコ 一度はおいで 990円
    作家 大和田一朗
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/02/10

    マグロ漁船通信士の痛快な船上記録! 気仙沼生まれ、気仙沼育ち、水産高校を経てマグロ船へ。船上でのダイナミックな生活を、臨場感のある写真とともにユーモラスに綴り、グローバルな海の世界が見えてくる。

  • 夢の扉を開けその先にある風景が見たくて 880円
    作家 高原春男
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/12/02

    初老男の人生初ロマン 執筆という夢を追いかけて! 母の介護を通して得た経験や日常の出来事を綴った初エッセイ。 涙、笑い、驚き、怒り、挫折、絶望...、それでもあきらめきれない、夢の扉を開けその...

  • へんてこな家族 660円
    作家 原井育子
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/10/21

    父と母と私の3人家族。そこに母と元旦那の子で、重度身体障害者の兄が加わった。4人家族になった。さらに母の元旦那の親が加わって、6人家族になった。とってもとっても、へんてこな家族になった。 ちょっ...

  • 恋するかぐや姫 660円
    作家 秋山佳也
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/10/07

    かぐや姫の恋 月がどうやってできたか知っていますか? 夜空を明るく照らし、安全に安心して暮らすことができるのは月のおかげ。でも今その月が1年に3.8センチずつ遠ざかっているって知っていますか? ...

  • 自分流 1320円
    作家 河内徳丸
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/07/08

    自分とは自然界の中の一部分 自然界、即ち大地も水も空気も生物も否々、もっと広義に宇宙全体の中の自分は針で突いた程の存在でもない。然し片眼を一億円で売れますか? 十億円で売れますか? 到底売ること...

  • 教員生活二年目 550円
    作家 菱山貴也
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/06/03

    教員生活二年目、高学年の担任になりました。 体育主任(運動会など体育的行事のリーダー)も任され仕事量も増え、プレッシャーもありますがやりがいを感じています。 授業づくりも工夫を凝らし、チャレンジ...

  • 幸福のリゾット 550円
    作家 タマエオガタ
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/04/29

    本当の幸せとは何だろう... 黒ネコのビームやワンコのマリーを通し、地球温暖化、地殻変動、戦争、自然との共存など改めて考えさせられる作品。

  • マダム・イン・ブラジル 550円
    作家 山崎峯子
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2015/08/28

    ブラジルでの生活を綴った沢山の想いが詰まった両親への手紙。 見知らぬ国での生活のスタート、すべてが驚きの連続。 在伯中の様々な出来事やブラジルでの何気ない風景のひとこまが、新鮮な気持ちに感じ、読...

  • 続・別れなさい。 713円
    作家 長坂信一
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2015/02/20

    今のパートナーでいいのか? 真の自分、真の出会いとは何か?真の赤い糸とは...すべて解き明かす。 『別れなさい。』読者感想 ・今までの自分と別れ、新たに進んでいける自分があり、今思う相手を素直に...

セーフサーチの状態