読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「東洋出版」から出版された作品

15件中1-15件 (1/1ページ)
  • 奄美大島の貌 990円
    作家 稲田寿太郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2020/07/17

    「奄美大島」から何が見えるか 沖縄より本土に近く位置しながらも、いまだガラパゴスといえる奄美大島。奄美出身の著者がその歴史と文化を深く情緒豊かに紐解く。奄美大島で培われてきた文化・精神性には、人...

  • ふたりの卑弥呼 1100円
    作家 山田勝
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2020/07/17

    日本人の『三国志』観は間違っている! 古代日本の姿を明らかにする『三国志』の真の姿とは? その原文を読み解きながら、あらためて日本の古代史を検証する。 我々は、日本人の成り立ちを知るべき時代に突...

  • 関白秀次と木下藤吉郎秀吉 330円
    作家 箭内五郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2020/04/10

    秀吉のひととなりや、人とのつながりがわかる出来事を収めた短編集。

  • 山口に残る古代地上絵 五形図の謎 3520円
    作家 池畑孝次郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/12/20

    山口に眠る歴史的遺産を再び蘇らせる! 古代の山口――周芳国に描かれた地上絵「五形図」は1300年間、国家と国民の安寧を祈り続けてきた。 『山口に残る古代地上絵北斗図の謎』続編にあたる本書では「...

  • 陸奥田村の庄 田村氏 伊達氏 660円
    作家 箭内五郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/11/22

    政宗 試練の時! 織田信長・・・楽市楽座、豊臣秀吉・・・大阪に「市」の設立 関東に残った中間的存在である国人衆・地侍は如何に?! 田村の庄(現在の福島県田村市・田村郡および郡山市の東側)の戦、...

  • 奴国王卑弥呼 1100円
    作家 山田勝
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/04/12

    卑弥呼はどこからやって来たのか! 『三国志』の「魏志倭人伝」の語りの主役はなぜ卑弥呼なのか? 邪馬台国の女王として知られる卑弥呼の本当の姿とは? 『三国志』に残されたメッセージをたぐり寄せ、...

  • 新発田と安兵衛 550円
    作家 宮本徹
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2018/09/28

    今なお語り継がれ日本人に愛されている「赤穂浪士の吉良邸、討ち入り(忠臣蔵)」。この史実を、堀部安兵衛と大石内蔵助のふたりに焦点をあて、それぞれの視点から「赤穂浪士の吉良邸、討ち入り」を描いた新た...

  • 宮本武蔵の一生 880円
    作家 濱田昭生
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/09/22

    ミステリアスな「宮本武蔵の一生」が初めて明らかに! 誕生と幼年期、巌流島の決闘、『五輪書』の執筆、明石藩主の下での隠密活動、また没後の影響まで実在した武蔵の姿を克明に追いかけた「武蔵一代記」!

  • 山口に残る古代地上絵 北斗図の謎 5500円
    作家 池畑孝次郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/02/03

    古代の周芳国―山口にある古代地上絵「北斗図」、この日本最大・最古の地上絵を描いたのは天武天皇だった! 20年の歳月をかけて収集した膨大な資料と調査結果をもとに黎明期の日本の胎動と古代の神秘に迫る。

  • 吉田松陰 杉・村田家の系譜 880円
    作家 熊井清雄
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/10/14

    破天荒の革命家、思想家そして教育者にしてヒューマニスト・吉田松陰を生んだ背景と杉・村田家の系譜を明らかにする。そこには温順にして明るく、悲運と厳しい勤労に耐えた慈母滝子夫人と杉家の好学の家風、さ...

  • 越後の英雄 550円
    作家 宮本徹
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/08/26

    長岡の歴史と文化が生んだ 連合艦隊司令長官 山本五十六!

  • 財と税と租と 838円
    作家 小野章
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2014/08/01

    本書は、皇国史観に基づく思惟の披瀝でも、敗戦に拠る自虐史観でも、共産思想の排斥でも、洗脳自縛の因循姑息な学徳の慫慂でも、均霑思想の啓蒙、触発でもなく、基本的人権、Identity(自己確認)の視...

  • あの世からの 徳川慶喜の反論 838円
    作家 佐藤泰史
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2014/05/16

    徳川慶喜の心理を深いところまで掘り下げ、裏側の実相に迫る!徳川慶喜が語る「鳥羽伏見の戦い」の真相とは!!! あの世の徳川慶喜とのインタビュー形式で構成されている新しい感覚の歴史書。

  • 近衛前久が謀った 真相「本能寺の変」 838円
    作家 濱田昭生
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2013/11/29

    歴史文献を大胆かつ精緻に推理を重ねた衝撃の書。公家の行く末を案じた近衛前久。彼こそ、光秀を陥れ、信長を討たせた張本人だった!

  • 昭和激動期の浅草っ子物語 838円
    作家 篠康太郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2012/10/01

    平和が長く続く今日、戦争を体験しない世代は、戦争のあったことすら知らない。 知っていても断片的で、正しく理解していない。 なぜ、遠い昔の戦争を知らなければならないのか... この答えは- 歴史か...

  • 1
セーフサーチの状態