読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「竹書房」から出版された作品

22件中1-22件 (1/1ページ)
  • 愛人つきの艶々新生活 726円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/10/28

    内容紹介 ◎ある日、可愛くて淫らな愛人拾いました... ◎「今夜も気持ちよくなってね」夢の新生活エロス! 41歳の会社員・吉川優作は、地方支社に一年間の転勤を命じられ、妻は来てくれず単身赴任...

  • 熟女アパート 726円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/05/20

    ◎淫らな年上美女に囲まれて誘惑の新生活! ◎熟女たちは快楽を知っている...濃蜜ハーレムエロス 春から独り暮らしを始めた大学一年生の中崎公平は、ある日、大家の奥さんから迫られて性交に及ぶのだが...

  • 未亡人バスガイド<新装版> 726円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/04/02

    ◎憧れ美女の淫らな裏の顔! ◎貞淑未亡人が肉の悦びに溺れて... 二十二歳の国仲浩介は観光バスの新人運転手。オクテのため彼女も出来ず童貞だが、好きな女性はいる。それは、同じ会社でバスガイドをし...

  • よがり村 726円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/01/25

    「ねえ、疼いてしかたないの...」 女たちを発情させる山村の快楽温泉! 父が倒れたため、実家の農業を継いだ真崎浩介は、ある日、村にやって来た妖艶な美女・麻美から裏山を開発させてほしいと持ち掛け...

  • ふしだら人妻バレー部 726円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/18

    ◎「コートでは爽やかに、ベッドでは淫らに...」 ◎ふっくら蜜肌で人妻チームが青年コーチを誘惑! 高校時代にバレーボールで挫折した青年・斉藤俊彦は、地元のママさんバレーのコーチ役をつい引き受け...

  • とろめき未亡人喫茶 715円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/05/21

    ◎「今夜は...欲しいの」年上美女の甘い誘惑! ◎未亡人店長から誘惑妻まで...地元の喫茶店は熟蜜の園 「ああ、やっぱり素敵だ...」23歳のサラリーマン・吉岡貴志は、近所の喫茶店の店主・藤川...

  • 誘惑天使 艶めく大草原〈新装版〉 715円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/03/26

    人妻たちに甘く誘われて...北の大地は快感ハーレム! 自動車販売会社の新入社員・内田健太は、東京勤務を希望していたが、北海道の田舎町に配属され落ち込んでいた。 上司の貴子や先輩OLの亜希が美人...

  • ほしがり村 715円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/01/29

    ◎妖しい霧が立ち込める時、女たちは発情する! ◎その村は淫魔の里! 秘境エロスの決定版 24歳の向井直紀は、会社の先輩で清楚な美女の神崎智美といい雰囲気になっていた。だが、連休中に帰省した智...

  • とろめき女上司 715円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/10/16

    ◎オフィスで欲しがる美女...夜の会社はふしだらハーレム! ◎今旬の作家が描く極上の誘惑官能ロマン! 片山秀平は中堅食品メーカーの営業マン。入社二年目を迎えて、やる気になっていたが、突然、...

  • 誘惑ショッピングモール 704円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    販売開始日 2017/06/12

    ◎奔放な人妻、淋しい未亡人...職場は誘惑美女がいっぱい! ◎今旬の作家が放つ、性春ハーレム・ロマン! 二十歳の童貞・吉成幸太は女性との出会いを求めて、近所にあるショッピングモールでバイト...

  • 蜜会 濡れる未亡人 <新装版> 704円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/03/27

    ◎独り身になって三年、熟肌は女の悦びを求めてしまう... ◎人気作家の記念すべきデビュー作が新装版で復活! 三十二歳の麻倉美佐子は、三年前に夫を亡くして以来、独り身で暮らしている。女盛りの体...

  • 後妻の島 704円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/01/27

    ◎孤島を快楽の園に変貌させる魔性の美熟女! 九條祐二は久しぶりに故郷の沖ノ果島に帰省した。九條家は代々この孤島の統治者であり、父亡き後は兄の貴久が継ぐはずだったが、いまは生前の父が娶った若き後妻...

  • ふしだら森の未亡人 704円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/11/11

    会社員生活に挫折し、あてのない一人旅に出た二十七歳の多々良啓太は、見知らぬ田舎の駅で降り、山道を歩き、森の中にある湖に辿り着いた。そして、ぼんやりと湖を眺めていると、優美な熟女に声を掛けられる。...

  • 蜜情ひとり旅 713円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/10/28

    小暮不二男は三ヶ月前にリストラに遭って現在失業中。さらに妻から三行半を突きつけられ、離婚することに。傷心の不二男は、車でひとり旅に出ることにする。目的地は北海道・富良野。小学校時代に富良野で暮ら...

  • 夜這い村 704円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/10/28

    旅行会社に勤める吉井圭一は、憧れの女上司・佐々木綾香と北陸に出張する。二人は車で山奥の温泉地を目指すが、大雨で道が崩壊し、途中の小さな村に閉じ込められてしまう。復旧に時間がかかるため、二人は村の...

  • とろめき商店街 704円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/10/14

    三十の独身男である轟大輔は、下町の商店街でお好み焼き屋兼駄菓子屋の「とどろき屋」を営んでいる。短気だけど人情家の大輔は商店街の有名人だが、惚れっぽくて振られてばかりいる。ある日、高校時代にマドン...

  • 色神の一族 704円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/08/26

    二十七歳の山代祐也は、関係が途絶えていた亡き父の故郷「色神村」から、莫大な遺産を相続できるとの連絡を受け、山深い現地に赴いた。亡父の生家は有数の資産家だったが、当主が謎の失踪を遂げ、祐也が後継者...

  • 下町とろみつ通り 704円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2016/08/26

    大学生の川島晃太郎は、神社の産道にある甘味処でアルバイトを始めた。そのわけは店の看板娘である喜多川弘美に一目ぼれしてしまったからだ。弘美への想いは高まるが、奥手で童貞の晃太郎は告白出来ずにいた。...

  • 蜜夢ホテル 713円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2015/10/02

    財前和久は信州にあるホテル「ミミエデン」の支配人。山の上に立つ小さなホテルは密かな人気を呼んでおり、財前は有能な支配人として従業員の信頼も厚かったが、彼の過去は謎に包まれていた。 ある日、「ミミ...

  • おねだり牧場娘 713円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房ラブロマン文庫
    販売開始日 2014/07/11

    真嶋康裕は東京にある自然食品販売会社の新人サラリーマン。良質の乳製品を製造している北海道の「香取牧場」と独占契約を結ぶため、女社長と現地へ商談に赴いた。香取牧場は、艶めく未亡人で牧場主の長女・瑞...

  • 蜜情の宿 713円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房ラブロマン文庫
    販売開始日 2014/07/11

    藤島紗和は信州の老舗温泉旅館「藤島屋」で、清楚で美人の若女将として宿を切り盛りしていた。しかし、夫の孝志が突然失踪してしまう。夫が帰ってくるのを待ちながら、若女将として気丈に働く紗和だが、失踪か...

  • 誘惑天使 713円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房ラブロマン文庫
    販売開始日 2014/07/11

    自動車販売会社の新入社員・内田健太は、東京勤務を希望していたが、北海道の田舎町に配属され落ち込んでいた。営業所のチーフである三津谷貴子や先輩OLの矢沢亜希が美人なことだけが、唯一の救いだった。 ...

  • 1
セーフサーチの状態