読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「筑波書林」から出版された作品

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • 「中庸」に学ぶ 638円
    作家 塚越喜一郎
    出版社 筑波書林
    販売開始日 2013/12/27

    儒教の経書である四書の1つで、その教えは深く広く儒教の教えの中心思想と思われる。私たちが生きていくのに参考にすべきものであろう。

  • くずかごの唄V 803円
    作家 奥井登美子
    出版社 筑波書林
    レーベル くずかごの唄
    販売開始日 2013/12/27

    街の薬剤師・練達の主婦業・地域活動がとけあってかもしだすエッセイの組曲。日常の中から軽妙なユーモア、ゆかしい知恵など心あたたまる。

  • 「孟子」の教え 638円
    作家 塚越喜一郎
    出版社 筑波書林
    販売開始日 2013/12/13

    第2次世界大戦中、一将校として中国の戦地にて敗戦を迎えた著者。中国での敗戦の失意の中、人道的な扱いを受けたのは論語の教えにあると知りました。帰国後論語にのめりこみ、「四書」の1つである「孟子」を...

  • 水戸天狗党物語 770円
    作家 山口武秀
    出版社 筑波書林
    販売開始日 2013/12/13

    天狗党の挙兵は悲劇に終わった。水戸藩の有能な人材1500余名が戦死、獄死、惨殺された。なぜなのか・・・住民運動家が斬新な視点で描く。

  • くずかごの唄III 660円
    作家 奥井登美子
    出版社 筑波書林
    レーベル くずかごの唄
    販売開始日 2013/12/13

    街の薬剤師・練達の主婦業・地域活動がとけあってかもしだすエッセイの組曲。日常の中から軽妙なユーモア、ゆかしい知恵など心あたたまる。

  • 八溝山 770円
    作家 鈴木三郎
    出版社 筑波書林
    販売開始日 2013/12/13

    営林署を定年まで勤め上げ、人一倍山を愛する心を持ち続ける著者。霊峰八溝山へ篤い思いのこもった1冊。八溝山と林業のかかわりを綴っている。

  • 野草を摘む 660円
    作家 帯谷宗英
    出版社 筑波書林
    販売開始日 2013/12/13

    1978年から2年間毎日新聞に連載され好評を博した植物誌。野草の豊かな味覚や民間療法に役立つ薬用植物の再発見。消費の時代に見直したい自然の恵み。

  • 水戸藩幕末志士列伝 825円
    作家 岡村青
    出版社 筑波書林
    販売開始日 2013/12/13

    幕末維新の動乱期を疾風怒涛のごとく駆け抜けた水戸藩。血塗られた歴史の中、無垢な心情の志士たちの悲しく哀れな姿を綴った列伝。

  • 「大学」に学ぶ 638円
    作家 塚越喜一郎
    出版社 筑波書林
    販売開始日 2013/12/13

    儒教の経書である四書(「大学」「中庸」「論語」「孟子」)の中の1つで特に政治哲学について述べてある。読みやすく、理解しやすい解説となっている。

  • くずかごの唄IV 748円
    作家 奥井登美子
    出版社 筑波書林
    レーベル くずかごの唄
    販売開始日 2013/12/13

    街の薬剤師・練達の主婦業・地域活動がとけあってかもしだすエッセイの組曲。日常の中から軽妙なユーモア、ゆかしい知恵など心あたたまる。

  • 先人に学ぶ「教育」 858円
    作家 塚越喜一郎
    出版社 筑波書林
    販売開始日 2013/12/13

    『後世への最大遺物』『武士道』の思想は現代教育への適切な示唆が多数あり、「教育」について先人から学ぶべきものを痛感する書である。

  • くずかごの唄II 660円
    作家 奥井登美子
    出版社 筑波書林
    レーベル くずかごの唄
    販売開始日 2013/12/13

    街の薬剤師・練達の主婦業・地域活動がとけあってかもしだすエッセイの組曲。日常の中から軽妙なユーモア、ゆかしい知恵など心あたたまる。

  • 1
セーフサーチの状態