読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「青弓社」から出版された作品

19件中1-19件 (1/1ページ)
  • 絶版文庫四重奏 2160円
    作家 田村道美 近藤健児 瀬戸洋一
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    シェイクスピア、スタインベック、バルザック、蘇曼殊、野上弥生子、大江健三郎...。絶版文庫の無限の魅力にとりつかれた四人が、門外不出の珍品・名作を持ちよって絶妙のハーモニーを奏でるー。

  • 絶版文庫嬉遊曲 1728円
    作家 田村道美 近藤健児 中野光夫
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    嬉遊曲=自由な形式の器楽合奏の組曲に倣って、絶版文庫を愛してやまない4人が知られざる名作から、フランス革命やベートーヴェンをテーマにした作品の数々、なつかしの児童文学まで、その魅力を語る逸品。

  • 危機管理のミステリ ブック・ガイド300選 2160円
    作家 三國隆三
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    毒ガス、奇病、テロ、核ジャック、大地震、生物界の異変......。さまざまな危機的状況をシミュレートしたミステリ小説300冊を厳選紹介する。現実がフィクションを凌駕する時代の、サバイバル読書ガイ...

  • 古本泣き笑い日記 1728円
    作家 山本善行
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    古本を求めて東へ西へ。即売会に飛び込み、知人との情報交換や店主とのかけひきにあけくれ、お風呂でも目録を読みふけるー。古本とともに起き古本とともに眠る日々の喜びとほろ苦さをつづる、味わい深い日記。

  • 古本スケッチ帳 1728円
    作家 林哲夫
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    古本エッセイのニューウェーブ、第2弾。珍本・奇本だけでなく文学やミステリー、雑誌、そして画家の眼から見た味のある装丁について、パリやミラノの古本についてのウンチクなどを、掘り出し物の書影を添えて...

  • 古本迷宮 1728円
    作家 喜多村拓
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    古本がうず高く積み上げられたラビリンスー。恐妻家と蔵書家の意外な接点。用もないのに自宅に呼ぶ客。捨てられる本を救おうと在庫を増やすばかりの古書店主...。古本がもたらす不思議な巡り合わせを丹念に...

  • 書痴迷宮 1728円
    作家 喜多村拓
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    蔵書印で所有欲を満たす男は彼女の体にもベタベタと......、債権者に追われた社長は本の一ページに刷り込まれて安らかな顔で......、本の洪水に流された男は姿が発見されなかった......。本...

  • 文庫びっくり箱 1728円
    作家 則枝忠彦
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    カバヤ食品が出した児童向け文学作品の抄訳文庫や観光地で売っている豆文庫、貸本屋マンガ文庫など、珍しい文庫がいっぱい。刊行の辞の読み比べや、同一の作品で版元がかわった文庫の表紙を比較したりと、モノ...

  • 絶版文庫交響楽 1728円
    作家 近藤健児
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    愛する絶版文庫を20年間に1万冊も収集している著者が、世界文学を中心にして作家別に各文庫の絶版・品切れを網羅して紹介し、読む楽しみを語る。絶版文庫にまつわる悲喜こもごもの裏話、意外な情報や貴重な...

  • 文庫パノラマ館 1728円
    作家 奥村敏明
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    百年前の国民叢書を嚆矢に、敗戦後の出版の自由化の波に乗って次々と創刊されては淘汰の嵐に飲み込まれて消えていった文庫本を、蒐集家垂涎の書影とともに一堂に展示する。

  • 古本が古本を呼ぶ 編集者の書棚 1728円
    作家 高橋輝次
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    一冊の古本が別の古本を呼び寄せる果てしのない連鎖...。黒子を脱いだ編集者が素顔をさらしてつづる、著者と本と出版社の世界。

  • 文庫博覧会 1728円
    作家 奥村敏明
    出版社 青弓社
    レーベル 寺子屋ブックス
    販売開始日 2014/03/14

    明治から昭和20年(1945年)ごろまでに発行された71種類の文庫を紹介したもの。掲載項目は、出版社、刊行期間、判型など。

  • 古書ハンター 1728円
    作家 稲毛恍
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    高校教師で芥川賞初版本コレクターの私は、ふとしたきっかけで小尾十三の幻の本『雑巾先生』出版の謎を追いはじめる。執念の調査を進めるにつれ、さまざまな事実が解明されていく。しかし、最後に驚くべき結末...

  • 古書を求めて 2160円
    作家 山下武
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    古書を探し求め、古書に呼び寄せられ、古書の呟きに耳を傾け、読書を堪能する静かな、そしてこのうえない歓び‐‐書物に魅入られた心。著者の古書シリーズ第8弾の本書もその筆はますますさえわたり、慈しんで...

  • 消えるミステリ ブック・ガイド500選 2160円
    作家 三國隆三
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    ある日、忽然と人が消える。失踪か、誘拐か‐‐ミステリ小説500冊に描かれた“人が消える”事件をパターン別に分析し、古今東西の名探偵・名刑事の活躍を活写するユニークなブック・ガイド。

  • 岩波文庫の赤帯を読む 2160円
    作家 門谷建蔵
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    滋味あふれる果実がみのる赤帯の森にわけいり、落果を拾い枝からもいで吟味した九百点からジャンル別の代表作を精選する。読書三昧の日々を夢みる読書人の渾身の記録。

  • 古書の味覚 2160円
    作家 山下武
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    一冊の本を読むことによってまた別の本を教えられ、読書戦線は次々と拡大していく。書物探求の果てしなき旅とその愉楽‐‐。辛口の古書談義から、稀覯書の魅力、稀代の愛書狂たちの悲喜劇まで、読書道の達人に...

  • 絶版文庫発掘ノート 失われた名作を求めて 1512円
    作家 岩男淳一郎
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    次々に絶版を宣告される名著・名作の数々を、古書の山のなかから掘り起こし、ほこりを払って慈しむように扉を開ける。シュテフターから中島敦までの古書84冊の紹介と古書店探訪日記など、真によきものへのノ...

  • 古書のざわめき 2160円
    作家 山下武
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    古書と古書店の辛口寸評から、小説に描かれた古本屋まで、旺盛な知識欲と読書欲で覗く、古書界の万華鏡。

  • 1
セーフサーチの状態