読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「青弓社」から出版された作品

10件中1-10件 (1/1ページ)
  • ライトノベル研究序説 2200円
    作家 一柳廣孝 久米依子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    アキバの空、アリアケの夏-。アニメ的なイラストが特徴のエンターテインメント小説、ライトノベル。メディアミックスを通してダイナミックに展開するその歴史をたどり、オタク文化・ゲーム・児童文学などとの...

  • 女は変身する 2200円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    美しくも悲しく「変身」する女たちに、人はなぜ魅了されつづけるのか。直木賞作家・桜庭一樹へのインタビューを筆頭に、江戸文芸からシェイクスピア、宝塚歌劇、小説、マンガ、アニメなどを対象に、「怪異」の...

  • オカルトの惑星 1980年代、もう一つの世界地図 2200円
    作家 吉田司雄
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    UFO、宇宙人、ネッシー、秘境、ニューエイジ、超古代史論争、土偶=宇宙人説...。80年代、圧倒的な経済成長を背景にオカルトはテレビや雑誌などのメディアに取り上げられ、人々の心を引き付けていた。...

  • 殺人評論 2200円
    作家 下川耿史
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    ヒトはなぜヒトを殺すのか? 少年愛殺人・バラバラ殺人・ロリコン殺人・スワップ殺人など、12件の事件の精査から殺人の実相に肉薄し、さらに大久保清事件の捜査の模様や供述調書と獄中手記をとおして、大量...

  • 日本エロ写真史 2200円
    作家 下川耿史
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    日本に伝来するや写真機は男の欲望をレンズに映し、女の裸体像に時代を刻印してきた。ジャポネスクの芳香ただよう幕末・明治からエロ文化大爆発の戦後まで、歴史の背後に隠されたエロ写真の全貌を発掘して集成...

  • アシッド・キャピタリズム 3300円
    作家 小倉利丸
    出版社 青弓社
    レーベル クリティーク叢書
    販売開始日 2014/03/14

    情報資本主義が生み出した快楽への欲求と不断の禁断症状は、私たちを資本に飼い慣らされたジャンキーへと変容させていく。ロック、モダン・アート、アヴァンギャルド・シーン、性と天皇を横断して快楽の罠と権...

  • フェティシズムの修辞学 2200円
    作家 北原童夢
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    髪フェチ、脚フェチ、レザー、ラバー、人形愛、拷問、刺青、緊縛、あぶな絵、裸体芸術......。周縁・異端のセクシュアリティを豊富な図像をまじえて解読し、ニューウェーヴ・セックスシーンの浮上を鋭く...

  • ドラッグストア 化学物質とこころのパラリポメナ 2200円
    作家 山口椿
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    レセルピン、レシナミンからトリカブト、果ては猫いらずまで、ドラッグの魔力と危険を解き明かし、貧乏ゆすりや拒食症などの内奥に潜む情動を解析する‐‐。<リビド>と<アムビヴァレンツ>をキーワードに繰...

  • 闇の博物誌 2200円
    作家 山口椿
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    一塊の肉と化した屍体の群舞、阿片中毒者の阿鼻叫喚、残虐きわまる拷罰の歴史、現代にいたるこの世の闇の側。美麗と醜悪、此岸と彼岸、大いなるアンビヴァレンスに魅入られた世界を、アンダーグラウンドの白眉...

  • 官能へのテロル 2200円
    作家 矢野龍子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    愛がなければSMは枯れる。真性愛好者のこだわりによって生まれた過激奇っ怪な責め具に慈しみの視線を注ぎながら、今あえて、軽佻浮薄なSMブームを撃つ。日常と非日常の境界から人間の本質を覗き見る、非-...

  • 1
セーフサーチの状態