読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「青弓社」から出版された作品

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • 映画機械学序説 2160円
    作家 松下正己
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/25

    映画批評に再考を迫る論考集

  • 映画の恐怖 2160円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    映画は、その始原から深く「怪異」とリンクしつづけてきた。テレビドラマ『学校の怪談』の脚本家・小中千昭へのロングインタビューを筆頭に、ヒッチコック論や中国・台湾のホラー映画論など、充実したラインア...

  • 日米映画戦 パールハーバー五十周年 2160円
    作家 上野俊哉 丹生谷貴志 鶴見俊輔
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    真珠湾攻撃にはじまる第二次世界大戦。日米の視覚メディアは、憎むべき敵のイメージをいかにつくりあげ、国家の戦争遂行と国民の戦争参加をどう媒介していったのか。宣伝戦の内実を日米の思想家・メディア批評...

  • 「戦後」日本映画論 一九五〇年代を読む 4968円
    作家 ミツヨ・ワダ・マルシアーノ
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/04

    社会状況が激変した敗戦・占領期から高度成長期に至る直前の1950年代――当時の日本映画に潜在する政治性とダイナミズムを、映画作品、それを支えた技術、産業、観客を読み解くことで明らかにする。絶え間...

  • 映画スターの〈リアリティ〉 拡散する「自己」 4320円
    作家 リチャード・ダイアー 浅見克彦
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    社会現象・イメージ・記号の視点から映画スターという存在を解析して、私たちがスターをどう受容・解釈しているかをあぶり出す。私たちがスター・イメージを自己表現として横領し「劇としての生」を営んでいる...

  • SF映画とヒューマニティ サイボーグの腑 5400円
    作家 浅見克彦
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    『ターミネーター』『2001年宇宙の旅』『ロボコップ』『スタートレック』...。サイボーグやロボット、地球外生命体と人間との接触が映し出す現代文化のありようを解読し、SF映画を通して私たちの人間...

  • 近代の映像 イマージュを読む 2160円
    作家 原章二
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    小林秀雄の直観をベルクソンの「イマージュ」概念と合わせ鏡にし、吉本隆明の基底的視座である「関係と関係項」の実質をその詩篇群にさぐる。ビクトル・エリセ、マルグリット・デュラスの小論などを含む、滑脱...

  • DVD映画で楽しむ世界史 1944円
    作家 大串夏身
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    映画の題材になった歴史的なできごとや人物は数知れない。それらを洗いざらい観て選んだ作品を、参考文献も紹介しながら詳しく解説する。古代の華麗な人間模様、中世ヨーロッパの大冒険、大航海時代に革命の世...

  • キアヌ・リーヴス! 1296円
    作家 虎井まさ衛
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    内なる神秘をイノセンスという薄絹で包んでスクリーンに現れたキアヌ・リーヴス。世界中の多くの人々を魅了し、至福のときへといざなうキアヌの姿を、ファンの肉声やエピソードを多数紹介しながら、熱く、真摯...

  • インド映画への招待状 2592円
    作家 杉本良男
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    歌い、踊り、そしてハッピーエンド。娯楽性・庶民性を徹底的に追求するインド映画のスタイルはなにから生み出されるのかー。多言語・多文化の伝統と、グローバルな政治が交じりあう異種混淆のハイブリット性が...

  • いとしのブルーフィルム 1728円
    作家 長谷川卓也
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    大正期から1970年代まで、大衆の秘匿された欲望をプライベート・テクノロジーを駆使して焼き込んだ「青映画」。国家権力とアダルトビデオに駆逐された“もうひとつの映画史”を掘り起こす。

  • モンスター映画の誕生 2160円
    作家 児玉数夫
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    フランケンシュタイン、ドラキュラ、狼男、ミイラ...いつの時代も銀幕の悲しい主役である愛すべき怪物たち。彼らの誕生からこれまでの軌跡を秘蔵の写真とともに綴る。甦る怪物たちの饗宴。

  • 1
セーフサーチの状態