読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「青弓社」から出版された作品

29件中1-24件 (1/2ページ)
  • 写真空間 (1~4巻) 2160円
    作家 青弓社編集部
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/25

    世界を批判的に再考して再創造するために、写真メディアと向き合い語り尽くす。誰もが「写真家」でありうる現在、アマチュア写真家、観光する写真家、デジタル時代の写真家とは誰なのか。気鋭の論者たちの特集...

  • 芸術の空間 造形芸術の言語への道 2700円
    作家 ディーター・イェーニッヒ 嶺秀樹 孟真理
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/25

    理論による芸術からの空間の剥奪に抗して‐‐。彫塑性や色彩感という、概念の一般性のなかに包摂しえない個別的なものを、それ自体として把捉し、芸術の空間そのものが設定している運動のあり方を再考する。美...

  • 心霊写真は語る 2160円
    作家 一柳廣孝
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/07/11

    複製技術の向上で容易に「作成」できることが知られているにもかかわらず、私たちを引きつける心霊写真‐‐。鬱屈した無意識の心性を映す「鏡」としての心霊写真に、社会学や心理学、文学、現代風俗、口承文芸...

  • 写真家ルイス・キャロル 2160円
    作家 ヘルムット・ガーンズハイム 人見憲司 金澤淳子
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/07/11

    『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の著者として有名なルイス・キャロルは写真家でもあった。ヴィクトリア朝時代の写真術草創期の状況とアマチュア写真家としてのキャロルの実像を描く第一級の資料。キ...

  • 森山大道とその時代 3240円
    作家 青弓社編集部
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/06/27

    時代に先駆け併走する森山大道を、人々はどう受け止めてきたのか。各年代ごとの批評・評論と百点を超える写真を集成して、森山大道が格闘してきた時代性と「森山大道とは何者か」を明らかにする。

  • 写真のアルケオロジー 5400円
    作家 ジェフリー・バッチェン 前川修 佐藤守弘
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    写真の位相を捕捉するために、ジャック・デリダの脱構築とミシェル・フーコーの考古学を縦横無尽に駆使しながら、これまでに編まれた写真論を腑分けする。写真の発明以前の言説を精査し、そこに孕まれた亀裂や...

  • 流用アート論 一九一二―二〇一一年 2160円
    作家 小田茂一
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/04/25

    既製品を流用するレディ・メイド、印刷物の断片を流用するコラージュ。アートは複製技術の登場をきっかけにあらゆるものを流用し、次々にアート作品に置き換えてきた。現代アートの百年を「流用」という視点か...

  • トポグラフィの日本近代 江戸泥絵・横浜写真・芸術写真 3888円
    作家 佐藤守弘
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/04/25

    近代日本で都市や自然を写し取った江戸泥絵、横浜写真、雑誌メディア、芸術写真を素材にして、場所を描く視覚表象=トポグラフィが流通したことで人々は環境をどう意味づけ、消費したのかを解明する。近代期の...

  • 写真との対話 2160円
    作家 森山大道
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/04/18

    写真は光と時間の化石である! カメラを介して世界に語りかけ、撮る行為をとおして世界が語る言葉を聞く「光の狩人」の写真との絶えざる対話から紡ぎ出された言葉とハイコントラストなまなざしの系譜。初版本...

  • 写真から/写真へ 2160円
    作家 森山大道
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/04/18

    光が印画紙に刻んだ記憶の発語と、それに感応する写真家の内奥‐‐。街に出ては写真を撮り、部屋にこもっては写真を思っていたこだわりの日々の記憶。写真から写真へとブレながら往還する思考の流れが心地よい...

  • 写真との対話、そして写真から/写真へ 3240円
    作家 森山大道
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/04/18

    写真は光と時間の化石である! 印画紙に刻まれた時代との絶えざる対話から紡ぎ出した言葉とハイコントラストなまなざしの系譜と、街に出ては写真を撮り独りこもっては写真を思う日々の記憶とを集成。写真から...

  • 写真、「芸術」との界面に 写真史一九一〇年代‐七〇年代 3024円
    作家 光田由里
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    福原信三、野島康三、中山岩太、安井仲治、中平卓馬......。1910年代から70年代までの激動期を生きた写真家の視線は、写真に時代の痕跡を追い求め芸術との界面を滑走する。それぞれの時代の社会状...

  • 古本デッサン帳 2160円
    作家 林哲夫
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    古書店のエピソード、文学者や文庫本をめぐるエッセイ、あるいは装丁から見た本の話題、本の落書きなど、本好きがつづる読書随筆。坪内祐三ほかの読み巧者が太鼓判を押す「いい意味の教養的なにおい」に満ちた...

  • 絵画の「進化論」 写真の登場と絵画の変容 2160円
    作家 小田茂一
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    写真の誕生は絵画に大きな変化をもたらし、それ以降、絵画は独自な表現の可能性を探求し続けてきた。多様な作家と作品を検討することによって変容の軌跡をたどり、絵画が今後どこへ向かうのかを浮かび上がらせる。

  • 私の写真術 コンポラ写真ってなに? 2160円
    作家 新倉孝雄
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    時代が激しく動いた1970年代初め、「何が写っているのかわからないが、おおいに気になる写真」として注目されたコンポラ(コンテンポラリー)写真で旋風を巻き起こした路上の写真家・新倉孝雄の写真とエッ...

  • ヒジュラ インド第三の性 2160円
    作家 石川武志
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    女でもなく男でもない、聖にして俗、神に仕え、石つぶてを浴び、春をひさぐ者‐‐ヒジュラ。カメラを片手に彼らの生きざまを追いつづけて17年。多数の瞠目の写真と平明な文章のなかに、混沌の大地インドに住...

  • マカーブル逍遥 2160円
    作家 小池寿子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    ネクロフィリア、死体化粧、磔刑図、即身仏、エロスとタナトス‐‐。死者に導かれるまま、死を彩るイメージの森を彷徨し、闇の祝宴へとたどりつく。古来から果てしなくつづく死への想いを透視する美術史・中世...

  • 写真家・熊谷元一とメディアの時代 昭和の記録/記憶 2808円
    作家 矢野敬一
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    戦争から敗戦、高度経済成長期という時代の流れのなかで、徹底してアマチュアとして長野県で人々の生活を撮り続けている熊谷の熱いまなざしを、聞き書きを交えて描写する昭和の異貌。

  • 写真の孤独 「死」と「記憶」のはざまに 2592円
    作家 伊勢功治
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    ジャコメッリ、古屋誠一、オノデラユキ、野口里佳、太田順一、石内都...。見る者の心を動かし、奪い、突き放し、温める写真を撮り続けている作家の作品が語るテーマ性を丁寧に読み解き、作品に浮かび上がる...

  • 写真を〈読む〉視点 2160円
    作家 小林美香
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    新聞・雑誌や広告で消費される写真、戦場の現実を照らし出す報道写真、インターネット上で画像と認識される写真、美術館やギャラリーに展示される写真‐‐私たちを取り囲む写真とどう向き合えばいいのかを、7...

  • 現代美術キュレーターという仕事 2160円
    作家 難波祐子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    展覧会を企画・運営して作り上げるプロフェッショナルであるキュレーター。1950年代から現在まで、日本で企画された数々の展覧会を紹介しながらこれまでの歩みを振り返り、日本独自の文脈から生まれた「学...

  • 森山大道、写真を語る 3240円
    作家 森山大道
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    他を寄せつけない速さで疾走し続ける森山大道は、何のために、何を想い写真を撮っているのか。一九九〇年代から二〇〇〇年代までのインタビュー・対談を集成し、写真の衝撃波と共振しながら、その思考の軌跡を...

  • 光のプロジェクト 写真、モダニズムを超えて 3240円
    作家 深川雅文
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    「写真とは何か?」-世界を覆い尽くす写真=テクノ画像にあらためてこの問いを突き付ける。アジェ、モホイ=ナジ、ベッヒャー夫妻、森山大道ら写真家と作品を俎上に載せ、そこに通底する光による革命の意志を...

  • 写真、時代に抗するもの 3240円
    作家 笠原美智子
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/03/14

    時代の奔流に写真家は何を視るのか? 戦争、飢饉、環境破壊、そして性差別......。日常に顕在する非対称の視線と対峙して、困難な社会状況から「いま」を切り取る写真家たちにそそぐ熱く静かなまなざし...

セーフサーチの状態