読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「青弓社」から出版された作品

21件中1-21件 (1/1ページ)
  • イメージとしての〈帝国主義〉 1782円
    作家 柏木博 小倉利丸
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/25

    情報化とコンピュータ化が加速する現代社会において新たな相貌をみせる「帝国主義」。その再定義に向けて、メディア・音楽・文学・美術・都市・民族・身体などに現れる象徴・記号・神話を読み解き、実態に切り...

  • ヴィジュアル系の時代 ロック・化粧・ジェンダー 1728円
    作家 井上貴子 森川卓夫 室田尚子
    出版社 青弓社
    レーベル 青弓社ライブラリー
    販売開始日 2014/07/25

    鮮烈で華麗な独自の美的パフォーマンスと、退廃のなかに愛と永遠を求める情熱的な音楽で新しいバンドスタイルを築きあげて若者文化に強烈なインパクトを与えたヴィジュアル・ロックを、ロック史や化粧、ジェン...

  • 『明るい部屋』の秘密 ロラン・バルトと写真の彼方へ 3240円
    作家 青弓社編集部
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/07/25

    ロラン・バルトの遺作であり写真論の最重要文献である『明るい部屋』。そこに織り込まれた謎めいた言葉に触発され、これまでに多くの論考が紡がれてきた。それらを集成することで、『明るい部屋』に潜在する秘...

  • 機械=身体のポリティーク 1728円
    作家 中山昭彦 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル 青弓社ライブラリー
    販売開始日 2014/07/11

    人造人間文学と優生学、映画=複製技術、『PLUTO』の破壊されるロボット、『イノセンス』の〈ゴースト〉......。表象の領域に立ち現れる「機械と身体」の節合と軋みに目を向け、その差異に照準して...

  • 生命倫理の再生に向けて 展望と課題 3240円
    作家 西日本生命倫理研究会
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    臓器移植、遺伝子診断、安楽死-医療テクノロジーの進歩で揺らぐ「いのち」のあわいに「生きるとは」「死ぬとは」を問う。先端の医療・法律・倫理の現場から、人間の生死の未来像を鋭利に照射する論考集。

  • デリダ・感染する哲学 秘められた発生の問題 3240円
    作家 松本浩治
    出版社 青弓社
    レーベル クリティーク叢書
    販売開始日 2014/07/04

    難解で知られるデリダ哲学。その出発点をフッサール現象学にさぐり、フッサールが歩みを止めた「時間」と「他者」の問題を引き継ぎ、その臨界点からさらなる思索を開始することで誕生した哲学者デリダの軌跡を...

  • ポスト・ヒューマン・ボディーズ 2592円
    作家 遠藤徹
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/04

    身体を、一本の輪郭線によって閉じられた均質な空間としてではなく、異質なものとの接合を歓待するボーダレスな布置として、表象すること。世紀を超えて変容する身体の「いま」を映画・コミックス・現代美術な...

  • 読解レヴィ=ストロース 3024円
    作家 出口顯
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/04

    現代思想に一撃を与えたレヴィ=ストロースの思想を私たちはどのように受容し、解釈し、援用したのか。導入期から拡散期、そして新しい読解期である現在までの重要論文で思想の核心を提示し、影響の過程や格闘...

  • 意味とイメージ 2160円
    作家 倉林靖
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    意味とイメージをめぐる思考のあり方を探る

  • 天皇制と進化論 3240円
    作家 右田裕規
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/13

    戦前に強制・教育された皇国史観と、同時代に世界を席巻したダーウィン進化論とは、どのような関係性を築いたのか。思想警察や学校教育、生物学研究者としての昭和天皇表象を手がかりに、皇国史観と自然科学の...

  • 柳田国男の忘れもの 4968円
    作家 松本三喜夫
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    柳田国男を確立された像として読むのではなく、彼の作品と対峙する方法で、帰納的とされる柳田の学問的方法が直感的でもあり、いかに未完成で新しい挑戦をめざしたものであったのかを立証する。

  • スピノザという暗号 3240円
    作家 田島正樹
    出版社 青弓社
    レーベル クリティーク叢書
    販売開始日 2014/03/14

    スピノザを解読する鍵は、スピノザ自身にある。ヘーゲル‐マルクスとつづく近代哲学の始祖スピノザの方法をスピノザ自身に適用することで、自由・義・宗教・神・意志など、私たちが知らないままに動かされてい...

  • 身体の臨界点 2160円
    作家 石井達朗
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    シャーマニズム儀礼、ヨーロッパの道化芸、サーカスの演技、バリ島の民俗舞踊、日本が生んだ舞踏、内外のコンテンポラリーダンスなど、領域を横断して多元文化的な位相をもつ身体表現を多様な文脈とリンクさせ...

  • エマニュエル・ムーニエ、生涯と思想 人格主義的・共同体... 2808円
    作家 高多彬臣
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    サルトルやカミュと共に生き、リクールの思想に深く影響を与えたムーニエ。人格主義とアンガージュマンを掲げて思想誌「エスプリ」を創刊し、「自由と責任」「共同体」を求めて時代に抗した実践者の実像を描き...

  • 生きるヒント『易経』 1728円
    作家 梶川敦子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    善も悪も、幸運も不運も、完成も未完成も、大きな時運というもののなかで絶対的に決められることはなく、繰り返し現れる。この微妙で不可思議な天と地との間の人生を実感し、心おおらかに明るく生きるヒントに...

  • 批判のエロス 消費文化のなかの「天皇制」 2160円
    作家 浅見克彦
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    テクノロジカルな合理性の支配と政治的世界の閉塞。無根拠な象徴天皇制とそれに同調する心性。ポストモダン的批判の去勢に抗して、大衆消費社会における文化的欲望の批判的潜勢力を武器として析出する。文化は...

  • 健康法と癒しの社会史 2808円
    作家 田中聡
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    身体の価値は、生産性から消費性そして商品性へと変遷し、「健康」への欲望とその陰に潜むコンプレックスはますます肥大していく。おかしくも奇妙な数々の健康法・民間療法の歴史を概観し、近代日本の身体観=...

  • 越境する思考 2160円
    作家 高橋順一
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    現代思想の源流・ドイツ思想へ遡り、「否定の弁証法」をテコに<近代の形而上学>批判の思想的地平へ浮上する。

  • ニーチェの遠近法 3024円
    作家 田島正樹
    出版社 青弓社
    レーベル クリティーク叢書
    販売開始日 2014/03/14

    ニーチェが残した無数のアフォリズム‐‐この独特の表現形式の意味と言語的可能性を模索し、伝統的哲学とは異なる「認識」と「遠近法」を求めた哲学者の横顔を浮き彫りにする。ニーチェ哲学の内容と形式を問い...

  • 死の舞踏 2160円
    作家 山口椿
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/27

    あらゆる人に死は平等におとずれ、人はその「死の舞踏」から逃れることができない‐‐。古今東西の死者を葬る儀礼、死骸観、霊魂観、死後再生の思想から、現代における遺伝子操作、死の判定と臓器移植をめぐる...

  • ヒーローの修辞学 ウルトラマン/仮面ライダー/機動戦士... 2160円
    作家 平松洋
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/20

    物語の誘惑、物語の快楽。麻薬のような陶酔性で時代を象徴するほどの力をもちえた物語‐‐ウルトラマン、仮面ライダー、機動戦士ガンダム‐‐の構造の分析をとおして、1960年代以降の資本主義社会の変容を...

  • 1
セーフサーチの状態