読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「青弓社」から出版された作品

7件中1-7件 (1/1ページ)
  • 自殺者たち 一日一死 2200円
    作家 稲葉真弓 下川耿史
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/25

    毎日必ず人が死に、そのなかにはそれぞれの理由からさまざまな方法でみずから命を絶った人がいる。首吊り、飛び降り、服毒、割腹......明治・大正・昭和・平成の記録を拾い集めて提示する。事実を伝える...

  • ある性転換者の記録 1760円
    作家 虎井まさ衛 宇佐美恵子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    性同一性障害-生まれもった男体や女体に違和感をもちつづけ、「私の肉体はまちがっている」と心と身体とが引き裂かれた症状をもつ人たちに、日本でもようやく医療としての性転換手術が認められた。認可以前に...

  • SNSが世界を統一する 2200円
    作家 畠山尚熙
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/04/25

    戦争、飢餓、貧困、領土問題......。現代国際社会の閉塞状態から抜け出し、地球全体を持続可能なシステムに作り替えて新しい世界秩序を形成するのは、世界連邦の樹立しかない。未来を切り開いていく意志...

  • 性への自由/性からの自由 ポルノグラフィの歴史社会学 2420円
    作家 赤川学
    出版社 青弓社
    レーベル クリティーク叢書
    販売開始日 2014/03/14

    ポルノグラフィ‐‐受け手を性的主体として産出し構成する、セクシュアリティの装置。その技術・演出の存立と社会的・歴史的変容を緻密な言説分析によって具体的に読み解く。「セクシュアリティの近代」を再考...

  • 刑法39条はもういらない 2860円
    作家 佐藤直樹
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    「精神障害者」の犯罪責任を免除する刑法39条。その起源を刑法史にさぐり、「理性的な人間像」と対立する「非-人間としての精神障害者」という論点を浮き彫りにする。精神鑑定が情状酌量の手段でしかない現...

  • 女から男になったワタシ 1980円
    作家 虎井まさ衛
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    「私は間違って女の身体に生まれてきてしまった」。子どものころから自分の肉体に違和感をもって育った元女性が、性転換手術で念願の男体になって男として生きていける喜びを真摯に語る。日本で初めて女から男...

  • にっぽん心中考 2200円
    作家 佐藤清彦
    出版社 青弓社
    販売開始日 2013/12/27

    至純の愛の果てに、自由恋愛をつぶやきながら、戦後の虚無に包まれて、愛で偽装し、迷信とは知りながらも...。死を賭した凄絶な愛情劇を追跡・検証する。

  • 1
セーフサーチの状態