読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「青弓社」から出版された作品

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • 映画の恐怖 2160円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    映画は、その始原から深く「怪異」とリンクしつづけてきた。テレビドラマ『学校の怪談』の脚本家・小中千昭へのロングインタビューを筆頭に、ヒッチコック論や中国・台湾のホラー映画論など、充実したラインア...

  • 心霊写真は語る 2160円
    作家 一柳廣孝
    出版社 青弓社
    レーベル 写真叢書
    販売開始日 2014/07/11

    複製技術の向上で容易に「作成」できることが知られているにもかかわらず、私たちを引きつける心霊写真‐‐。鬱屈した無意識の心性を映す「鏡」としての心霊写真に、社会学や心理学、文学、現代風俗、口承文芸...

  • 「学校の怪談」はささやく 1728円
    作家 一柳廣孝
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    1990年代にあらゆるメディアを巻き込んで一大ムーブメントを築き上げ、ホラー・ジャパネスクの原風景を立ち上げた「学校の怪談」。いまや日常の空間に入り込み増殖を続けるそれを多様な視座から揺さぶって...

  • 女は変身する 2160円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    美しくも悲しく「変身」する女たちに、人はなぜ魅了されつづけるのか。直木賞作家・桜庭一樹へのインタビューを筆頭に、江戸文芸からシェイクスピア、宝塚歌劇、小説、マンガ、アニメなどを対象に、「怪異」の...

  • ホラー・ジャパネスクの現在 2160円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    なぜ人は怖がりたがるのか‐‐。小説から映画・マンガ・コミックスとあらゆる分野で定着したホラーというジャンルを総力検証して、現代社会における「闇」の変容を見定める「ナイトメア叢書」の第1巻。怪異を...

  • 天空のミステリー 2160円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    人はなぜ、太古から空を飛ぶことを夢見てきたのか。田口ランディへのロングインタビューを筆頭に、神話や伝説、UFO・隕石などのオカルト・超常現象、宮崎駿作品、新海誠作品などを素材にして、天空を飛翔す...

  • 霊はどこにいるのか 2160円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    生者と死者の境界線を揺るがす霊は、存在の真偽をめぐる論争がたびたび巻き起こる一方で、多様な文化に侵食して恐怖のシンボルとして語られてきた。加門七海インタビューをはじめ、映画やテレビ、心霊スポット...

  • 幻想文学、近代の魔界へ 2592円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    現代の文化環境に広く浸透し、魔的な魅力で心をくすぐる幻想文学。夏目漱石から怪談・映画・ミステリ小説・ゲームまでを射程に収め、「幻想」が成立する場=魔界を見定めて近代へと遡って、多様な視角から闇を...

  • 妖怪は繁殖する 2592円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    村・記憶・世間話の世界から飛び出して、小説・コミックス・映画・フィギュアなど、さまざまな文化現象のなかで増殖しつづける妖怪たち。私たちは、どのように妖怪を愛で/忌んでいるのか。妖怪の現在形から現...

  • 闇のファンタジー 2160円
    作家 一柳廣孝 吉田司雄
    出版社 青弓社
    レーベル ナイトメア叢書
    販売開始日 2014/07/11

    岩井志麻子のインタビューを筆頭に、宮沢賢治や山田風太郎の文学作品から諸星大二郎のマンガ、『キノの旅』『うみねこのなく頃に』などのラノベまでを射程に収めて、光と闇の二項対立に収まらないファンタジー...

  • ライトノベル研究序説 2160円
    作家 一柳廣孝 久米依子
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/07/11

    アキバの空、アリアケの夏-。アニメ的なイラストが特徴のエンターテインメント小説、ライトノベル。メディアミックスを通してダイナミックに展開するその歴史をたどり、オタク文化・ゲーム・児童文学などとの...

  • 催眠術の日本近代 2160円
    作家 一柳廣孝
    出版社 青弓社
    レーベル 復刊選書
    販売開始日 2014/03/14

    パラダイムの一大転換を迫られた明治期、科学とオカルトの境界に狂い咲いた催眠術。魅力といかがわしさとをただよわせ、明治の人々の心をつかんだ「術」の盛衰をたどり、民衆を「国民」として統合していく国家...

  • 1
セーフサーチの状態