読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「NTT出版」から出版された作品

120件中97-120件 (5/5ページ)
  • ケータイ・リテラシー : 子どもたちの携帯電話・インタ... 1408円
    作家 下田博次
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    子どもだから大丈夫、機械が難しい、子どもを信頼している、では済まされない時代が来ている。子どもを守るため、ケータイについて親が学ぶべきリテラシーとは? より良いケータイ文化を築くために。

  • 資本主義は何処へ行く 1408円
    作家 佐和隆光
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    グローバリゼーション=アメリカ化=「均質化」の道なのか、多様な資本主義の共生=「第三の道」モデルを構築しえるのかの分岐点に立つ今、経済学の立場から、迷走する資本主義のいまと今後の行方を提示する。

  • 明文術 : 伝わる日本語の書きかた 1584円
    作家 阿部圭一
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    明確に伝わる文章を書くための文章技術を詳述。情報過多の現代社会において、情報、すなわち「事実」と「意見」を効率的に正しく伝えるのは、「うまい」文章ではなく、「明文」だ。

  • 日本の失敗を後追いするアメリカ : 「デフレ不況」の危機 2112円
    作家 服部茂幸
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    FRB議長バーナンキは「〈日本の失敗〉に学んだ。あの過ちは繰り返さない」と明言したが、アメリカは同じ道を辿っている。バブルへの対処と金融規制を主張してきた著者が、アメリカの経済政策に警鐘を鳴らす。

  • 沖縄 魂の古層に触れる旅 1584円
    作家 立松和平
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    本土復帰直前のドルしか使えなかったころの沖縄。泥まみれになった砂糖キビ刈り。米兵で賑わう夜の歓楽街でのボーイ生活......。「日本でもアメリカでもなかった」沖縄が「第2の故郷」となる心の交流を...

  • 金融ITのインテレクチャル 2112円
    作家 田沢務
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    リーマンショック後の世界経済が、1987年に起こったブラックマンデー後の世界経済と酷似している。金融機関の全体像が大きく変わる金融グローバル化時代のいま、IT投資に不可欠なインテレクチャルの重要...

  • 1/2のすすめ : ムダな欲を捨て、人生の質を高める 1232円
    作家 山崎武也
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    経済は、手段であって目的ではない。人間として生きる幸せを、日々の生活にもたらす努力をしてみよう。 「足るを知る」という考えを基に、自らの足元を見つめて堅実に生きる道を指し示す一冊。

  • エンロンの衝撃 : 株式会社の危機 1408円
    作家 奥村宏
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    エンロン、ワールドコムの相次ぐ粉飾・破綻は何を示唆しているのか。問題の本質は米国型資本主義のみにあるのではなく、株式会社制度の矛盾がその真因であることを明らかにする。

  • 情報社会のいま : あたらしい智民たちへ 2112円
    作家 公文俊平
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    現代(≒情報社会)がいかなるポジションにあるのかを解説し、「現代」をテーマに「ソーシャルメディア」により社会になにが起こりつつあるのかを概観する。つながりと共働(コラボ)が拓く新しい社会の姿を描く。

  • 情報文明論 4697円
    作家 公文俊平
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    「社会システム論」とその「文明論」への発展。日本の近代文明の特質を明らかにしつつ、文明の進化の諸層と、来たるべき「智識文明」の在り様を探る。著者多年の理論的考察の集大成。

  • 新規事業の哲学 : 成功へのマネジメント 1584円
    作家 棚橋康郎
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    新規事業に携わると誰もが経験するリアルな悩みは、多くの場合、経営学のなかで学ぶことができない。数多くの新規事業に取り組み、成功も失敗も経験してきた著者が、その体験を理論化した貴重な一冊。

  • ブロードバンド時代の情報通信政策 3168円
    作家 福家秀紀
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    固定電話時代の常識からの決別を提唱。ブロードバンド化・モバイル化が進む情報通信産業の構造変化を分析、規制政策の再構築を提言する。

  • 現代産業組織論 2288円
    作家 植草益 井手秀樹 竹中康治 堀江明子 菅久修一
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    産業組織論の伝統的な体系をベースに、ゲーム理論、範囲の経済性、コンテスタブル市場理論等の新理論、公的規制などの新たな実証分析を加えた新しい体系に向かう産業組織論を明快かつ包括的に解説する。

  • ユビキタスの基礎技術 2464円
    作家 篠原正典 葉田善章
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    知っているようで知らないユビキタス社会で必要な技術としくみを実際の社会で使われている応用を取り上げやさしく解説。IT・情報通信技術を基本から理解したい人必携。

  • 緑環境と植生学 : 鎮守の森を地球の森に 2992円
    作家 宮脇昭
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    「鎮守の森」から土地本来の植生を見抜き、緑の再生問題に熱く取り組んできた著者。日本そして世界の現状と「ふるさとの木による、ふるさとの森づくり」提案をまとめた決定版。

  • アイデアキャンプ : 創造する時代の働き方 1320円
    作家 中西泰人 岩嵜博論 佐藤益大
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    オフィスを離れ、発想のキャンプへ出かけよう! 海に、山に、公園に、カフェに、カラオケボックスに、文房具を持って行こう! 新しいシンキング・スタイル「アイデアキャンプ」の提案です。アイデアが欲しい...

  • [増補新版] 証券化の法と経済学 2992円
    作家 高橋正彦
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    総合的・多角的・学際的な考察への挑戦。旧版以降大きな変化を見せた、世界金融危機と証券化との関わり、我が国における関連法制整備などについて、大幅かつ本格的な解説・検討をくわえたアップデート版。

  • ノルウェー フィヨルドの旅 1628円
    作家 村上よしゆき
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    いざ、白夜の王国へ!フィヨルド、氷河へのアクセス方法を中心に、ホエールウオッチングの案内、オーロラの解説など、ノルウェー在住20年の著者ならではの徹底ガイド。

  • 戦略的事業撤退 1760円
    作家 日沖健
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    GM、ダイエー、3M、キャノン、松井証券など、数々のケーススタディをもとに、積極的撤退を目指す戦略思考、事業選別撤退実施の留意点、トップの役割などを明らかにし、日本企業の経営革新を提唱する。

  • 愛と至誠に生きる : 女医吉岡彌生の手紙 1672円
    作家 酒井シヅ
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    女性の地位向上のため、女医を育てるため、あらゆる困難を乗り越えて渾身の力を注いだ東京女子医科大学の創立者・吉岡彌生。教え子たちとの心のかよった手紙を通して、吉岡彌生の人となりを浮き彫りにする。

  • アメリカ 多数派なき未来 1584円
    作家 浅海保
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    マイノリティを巡る最新の動向を盛り込み、人種の坩堝・米国のいまを描いた本書は、今後、少子化によって外国人労働者が増加するであろう日本に、その覚悟を問う。

  • 拡張された次元 : 芸術と科学の相克を超えて 2816円
    作家 坂根厳夫
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    デジタル技術は、芸術・文化にも逃れることができない存在になってきている! 今後どのように我々が科学と芸術との共存をはかるべきかを示唆する。

  • 文明の進化と情報化 : IT革命の世界史的意味 2024円
    作家 公文俊平
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    『情報文明論』の続編。1990年代後半に急激に展開したインターネット、モバイル、そしてITの進化をふまえて、文明の進化図式と情報化の再構成をこころみ、「情報文明」が向かう方向の現段階を整理する。

  • 生きのびるための建築 2112円
    作家 石山修武
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    歴史的な“転形期”をむかえているいま、未来を拓くモノ作りとは? 古今東西の建築の歴史を自在に読み替え、生きのびるための技術を練り上げる。「いま、モノ作りをすることの希望の根拠」を語る講義。建築家...

セーフサーチの状態