読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「NTT出版」から出版された作品

33件中1-24件 (1/2ページ)
  • 〈メディア〉の哲学 : ルーマン社会システム論の射程と限界 4224円
    作家 大黒岳彦
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2014/02/21

    常識的な「メディア」観の問題性を抉り出し、しりぞけた上で、それに変わる新しい「メディア」理解の構図を対置、と同時に難解を以て知られる理論社会学者ニクラス・ルーマンの一つの解読の試みも行う。

  • 遠距離交際と近所づきあい : 成功する組織ネットワーク戦略 2464円
    作家 西口敏宏
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2014/02/21

    何の変哲もない個人、組織、地域が、恵まれた環境でもないのに困難を乗り越え、目立って繁栄する場合がある。世界各地の事例と最新のネットワーク理論から、その秘密、法則に迫る。

  • 続 基礎情報学 : 「生命的組織」のために 2200円
    作家 西垣通
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2014/02/21

    「情報からの思索」は、著者がコンピュータ研究やメディア評論を通じ、30余年にわたって考え続けたことを踏まえている。いわば著者の集大成といってもよい壮大な理論構築の試み。

  • メディア激震 : グローバル化とIT革命の中で 1936円
    作家 古賀純一郎
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2014/02/21

    グローバル化とネットニュースの出現でジャーナリズムはどのように変容するのか? 現代メディアの時代の趨勢を長年第一線で活躍してきた著者による、現代マスコミ論・ジャーナリズム論。

  • 父親再生 1408円
    作家 信田さよ子
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/12/20

    わかりあえない父親とどう向き合うか。妻や息子の目に映る父親とはどういうものか。家族の問題に取り組みつづけてきた人気カウンセラーが、さまざまな家族の事例から、いま求められる父親像を明らかにする。

  • 日本という「価値」 1672円
    作家 佐伯啓思
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/12/20

    グローバリズムと近代主義の果てに規範も基盤も失ってしまった現代。ニヒリズムが深く浸潤するなか、われわれは、どこに拠って立つのか。「戦後なるもの」の空虚を越え、持つべき思想と国家の基軸を問う。

  • 親殺し 1232円
    作家 芹沢俊介
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/12/20

    あなたは子どもを「殺して」いませんか? 最近の親殺し事件、秋葉原事件がなぜ起きたのかを、「教育家族」「離婚」「対人関係」等の要因から解き明かし、親のあり方や救済(=更正)について考える。

  • 夢見られた近代 2288円
    作家 佐藤健志
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/12/20

    「欧米の夢に適応するための努力を強いられてきた過程」である「近代」を、映画分析を通して、これからどう考えたらいいのかを問う。

  • 帝国とその限界 : アメリカ・東アジア・日本 1584円
    作家 白石隆
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/12/13

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 日本の...

  • 華族たちの近代 1672円
    作家 浅見雅男
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/12/13

    四民平等を謳ったはずの明治政府が「華族」を作った。新たな身分を求めて狂奔する人々の悲喜劇。近代と前近代の相克とも言うべき制度の盛衰を描く傑作歴史ノンフィクション。

  • 東アジア経済戦略 : 文明の中の経済という視点から 1672円
    作家 原洋之介
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    ベトナム、ラオス支援に深く関わる日本のアジア学研究の泰斗が描き出す日本のアジア支援の道筋。「正義は常に我にあり」と信じ込むアメリカ・中国という二大文明の狭間で、日本はどのように振る舞うべきか。

  • 「情報社会」とは何か? : 〈メディア〉論への前哨 3168円
    作家 大黒岳彦
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    万物がネットワークでつながり、他の存在者と感応関係にある情報社会。「あらゆる存在はメディアである」という汎メディア論の立場から、その本質を映画、小説、テレビ、写真、事件などを素材に、多角的なアプ...

  • 「公共性」論 2464円
    作家 稲葉振一郎
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    人工環境の下で動物化する私たちに「市民社会」「公共圏」は可能なのか? 現代社会思想のキーワード「公共性」の概念を整理し、法学、経済学、現代思想、認知科学の成果を吸収して徹底的に考える。より良い世...

  • 日本の愛国心 : 序説的考察 1672円
    作家 佐伯啓思
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    「愛国心」という概念をめぐって、ナショナリズム、民主主義、共和主義などの思想史における議論を整理し、「愛国心教育」論争から大東亜戦争の兵士の心まで、日本に生きる人々の心の歴史を振り返る。

  • <反転>するグローバリゼーション 1936円
    作家 鈴木謙介
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    秩序が無秩序に、平等が排除に。グローバリゼーション論をアナーキズムの思想史から再読解し、裏返っていく世界の実像に迫る21世紀の新しい社会理論。

  • 会社はなぜ事件を繰り返すのか : 検証・戦後会社史 1408円
    作家 奥村宏
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    絶え間なく発生する会社事件を、戦後の日本経済史と会社事件史を、一対にある関係通史として捉え、そこに見いだされる構造を徹底的に分析・検証する。

  • 「国民」意識とグローバリズム : 政治文化の国際分析 2816円
    作家 猪口孝
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    国境で仕切られた近代国家の「国民」が自らの「国家」に政治・経済・文化の三側面でどのような意識を持つか検証するため2000年にアジア・ヨーロッパ18ヶ国で行われた同時・共通質問票による国際世論調査...

  • 歴史のなかのイラク戦争 : 外交と国際協力 1584円
    作家 山内昌之
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    民族自決と国民主権を求める行動が、テロのような政治的プロテスタントとなって現れるパレスチナを、私たちは民主主義の道筋にどう位置づけたらよいのだろうか。ブッシュ後の世界を見通す透徹した視線。

  • 日本政治の特異と普遍 2640円
    作家 猪口孝
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    現代日本政治は日本だけの小さな宇宙で研究されてきた。だが21世紀を迎えた今日、歴史的空間的に視野も広げ、深めることが重要になっている。本書はこうした認識の下で試みられた現代日本をめぐる政治体制論だ。

  • 独学の時代 : 新しい知の地平を求めて 1672円
    作家 米本昌平
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    大学で全共闘運動に遭遇し、管理化された大学に背をむけ、企業に就職。以来、常にアカデミズムの主流の科学観とは異なる新視座を拓き、科学と政治、科学と社会のあり方に警鐘をならしてきた著者の半自伝的科学史。

  • プーチンのロシア 法独裁への道 836円
    作家 袴田茂樹
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    ロシア問題のスペシャリストが、プーチンの人物像と政策からロシアの未来戦略を分析する。日ロ新時代の基本テキスト。

  • 情報化時代のプライバシー研究 : 「個の尊厳」と「公共... 3344円
    作家 青柳武彦
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    プライバシーにかかわる権利は、近代社会が成熟するにつれて、その重要性と現実性が広く理解されるようになった。つまり、この権利は、私たちにとってぜいたくな新しい権利だが、だからこそ貴重な権利でもある。

  • メディア・シンドロームと夢野久作の世界 1936円
    作家 田畑暁生
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    ジャーナリズムやメディアの普及期に、情報に翻弄される人々の姿を描いた夢野久作。その作品群を手がかりに、メディア社会・情報社会の特質、問題点を描き出す。まったく新しい「夢野久作」読解の試み。

  • 新・中国ビジネス作法 1408円
    作家 金崎敏泰
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/11/29

    知れば知るほど複雑かつ多様で、「百聞百見してもまだ足りず」の感がある「立体パズルの国」中国。25年にわたる悪戦苦闘の商売体験を武器に、一見つきあうのが難しそうな中国ビジネスの「やり方」に斬り込む!

セーフサーチの状態