読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

サラリーマン金太郎 - 本宮ひろ志

30件中25-30件 (2/2ページ)
タイトル数 30 合計 16500(150ポイント)
  • サラリーマン金太郎 6巻 本宮ひろ志 550円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/03/08

    東北支社に転勤した金太郎。談合の現場を経験!役人の天下り会社で河北市の公共工事を牛耳る北東総合建設は支配下にある柴幡工務店を工事に割り込ませようとするが、...

    試し読み 試し読み
  • サラリーマン金太郎 5巻 本宮ひろ志 550円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/03/08

    荒船山トンネル工事現場に派遣された金太郎。トラブルが多発する、いわく付きの現場だ。着任早々工事を請け負う一ツ橋土木と対立した金太郎だが、ようやく和解にこぎ...

    試し読み 試し読み
  • サラリーマン金太郎 4巻 本宮ひろ志 550円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/03/08

    大島が帰国し、定時取締役員会が開かれた。大和は、大島の解任を要求。古参の神永専務らの賛同を得て、大島は解任され、黒川専務が新社長に就任する。田中達は熱意を...

    試し読み 試し読み
  • サラリーマン金太郎 3巻 本宮ひろ志 550円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/03/08

    大和会長派と大島社長派との権力争いの激化する中、醜い争いに嫌気がさし引退をも考えた大和会長だったが、金太郎の励ましで戦う決意を新たにする。そして、それに影...

    試し読み 試し読み
  • サラリーマン金太郎 2巻 本宮ひろ志 550円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/03/08

    男気あふれる金太郎は会長の孫・有希や、まわりの女達をひきつけるが、明美一筋の金太郎はなびかない。その頃、社内では創業者・大和会長派と天下り官僚・大島社長派...

    試し読み 試し読み
  • サラリーマン金太郎 1巻 本宮ひろ志 550円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/03/08

    サラリーマンになるため、漁師をやめて上京してきた一人の男...その名を"矢島金太郎"という。亡き妻の忘れ形見・竜太を背負い、目指すは一流企業「ヤマト建設」...

    試し読み 試し読み
セーフサーチの状態

本宮ひろ志の他の作品

  • 男一匹ガキ大将 550円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2018/05/01

    西海中学の戸川万吉はケンカ好きのガキ大将だ。脱獄犯を捕らえ、勇気と男気に溢れる万吉は「親分」と多くの仲間に慕われる。伝説の「ガキ大将」が天下を目指して動きだす。本宮ひろ志の代表作、ここに復活!

  • 新・男樹 550円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    崇和連合を取り仕切る日本のドン・村田京介。彼を一人の学生が訪ねてくる。名は村田京太郎。京介の一人息子だ。しかし血のなせる業か、この京太郎は高校生ながら、とんでもない悪党だった!千葉の勝原で子分を...

  • 山崎銀次郎 550円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    あの男が帰ってきた!硬派・山崎銀次郎が!大工の棟梁の遺言で、名門・聖心学院に入学する事に。しかし問題児と思われてPTAと生徒会が銀次郎の入学に反対をする。はたして銀次郎は学園に受け入れられるのか...

  • 天地を喰らう 550円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    乱世の漢朝末、ワラジ売りの「劉備玄徳」は諸国を旅する少年「諸葛孔明」と出会う。肝と知恵。二人は望みをかなえる為、天に昇り竜王の娘たちと交わろうとするが・・・。

  • 武蔵 550円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    時は関ヶ原の戦いの直前。英田郡の若者たちは最後の侍になるチャンスを狙っていた。その200人の大将を誰にするか?出世に駆られた乱暴者・宮本村の弁蔵は、皆の前で侍を倒してみせる。しかし仲間たちの反応...

  • 昼まで寝太郎 550円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    生まれた時に取り違えられ、棚倉五万石藩主の座を弟に譲った堂内新太郎。自らは江戸で剣術道場を開き、気ままな市井暮らしを楽しんでいる。そして剣を握れば滅法強い。人呼んで"昼まで寝太郎"。その自由奔放...