読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ニッポン博物誌 (全4巻) - 矢口高雄

4件中1-4件 (1/1ページ)
タイトル数 4 (全4巻) 合計 1320(12ポイント)
  • ニッポン博物誌 (4) 矢口高雄/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/19

    鷲や鷹の近縁にあたる、ミサゴと呼ばれる猛禽が大イワナの住む谷に舞い込んだ。ミサゴは鷲や鷹が小魚や小動物を補食するに対し、専ら魚を捕えて食べることから、海辺...

  • ニッポン博物誌 (3) 矢口高雄/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/19

    明治から大正、そして昭和初期にかけて、猿専門の猟師であるサルマタギがいた。その毛皮は1枚で熊の毛皮3枚分に相当する値がついたという。エンコの三次郎を頭とす...

  • ニッポン博物誌 (2) 矢口高雄/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/19

    美しくも厳しい大自然の中を懸命に生きる動植物や魚たち。ハゼに似た10センチ前後の小魚で、玉石の多い清流を住み処とするカジカ。幼い頃父親と共に、よくカジカ突...

  • ニッポン博物誌 (1) 矢口高雄/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/12/19

    美しい日本の自然界。だが、そこには食うものと食われるもの、栄えるものと滅びゆくものの厳しい大自然の掟がある。空翔ぶ風呂敷と呼ばれるムササビに恋の季節が。や...

  • 1
セーフサーチの状態

矢口高雄の他の作品

  • おらが村 (全4巻) 330円
    作家 矢口高雄
    出版社 オフィス漫
    販売開始日 2013/12/20

    奥羽山脈の片隅。鉄道もなく医者もいない。冬になれば雪に閉ざされる辺ぴな土地。ここは「おらが村」。代々営んできた暮らしがあり、人生がある。都会人が忘れてしまった「故郷」の鼓動...矢口高雄先生が描...

  • ヤマケイ文庫 ニッポン博物誌 1650円
    作家 矢口高雄
    出版社 山と溪谷社
    レーベル ヤマケイ文庫
    販売開始日 2020/06/19

    大自然の掟を厳粛に描きだす感動のドラマ集。 矢口高雄の隠れた名作『ニッポン博物誌』の初の文庫化! 730ページ以上の大ボリューム。

  • 釣りバカたち (全7巻) 330円
    作家 矢口高雄
    出版社 eBookJapan Plus
    販売開始日 2014/12/19

    30年前、大熊を追っていたマタギが食材確保のため、滝の上流に岩魚を放流したと言う。その移し岩魚は現在...。『移し岩魚』/ 釣り歴50年以上という72歳の源さんが、数年前から腕と技と頭脳のすべて...

  • 9で割れ!!―昭和銀行田園支店 (全4巻) 330円
    作家 矢口高雄
    出版社 eBookJapan Plus
    販売開始日 2014/12/19

    昭和33年4月、高校を卒業して昭和銀行に入行した矢口(高橋)は、銀行は閉店した後こそが戦場であることに衝撃を受ける。伝票の集計結果と現金残高が一致しなければ、一致するまでやり直すのはもちろんのこ...

  • 幻の怪蛇バチヘビ 330円
    作家 矢口高雄
    出版社 eBookJapan Plus
    販売開始日 2014/12/19

    幻の怪蛇と言われるバチヘビは、蛇の新種だと断言する矢口高雄。以前、秋田県でヤマメ釣りをしていた時、野鳥を襲う奇妙な姿をした蛇を見て驚いた。その姿は、ビール瓶と同じくらい太い胴と背中に斑点を持ち、...

  • ボクの手塚治虫 330円
    作家 矢口高雄
    出版社 eBookJapan Plus
    販売開始日 2014/12/19

    平成元年2月9日。手塚治虫先生の訃報にふれ、衝撃を受ける矢口高雄。矢口にとって手塚マンガは特別なもので、田河水泡、阪本牙城、島田啓三など、多くのマンガに夢中になった少年時代だったが、その躍動感と...