読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

三国志 (1~10巻) - 北方謙三 河承男 梶川良 大石賢一

10件中1-10件 (1/1ページ)
タイトル数 10 (1~10巻) 合計 7408(74ポイント)
  • 三国志 10 北方謙三/原作 河承男/作画 大石賢一/脚本 802円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/07/24

    曹操は呂布との最後の決戦に挑む。先鋒は、下ヒ城を追われ曹操を頼り、客将となっていた劉備一党。後詰めに二十万の大軍を率いる曹操。絶体絶命の呂布。赤兎馬と配下...

    試し読み 試し読み
  • 三国志 9 北方謙三/原作 河承男/作画 梶川良/脚本 802円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/11/01

    呂布と陳宮に下ヒ城を追われ曹操を頼った劉備一党。屈辱を胸に隠し、客将となる。急激に力をつけてきた呂布は曹操にとって脅威だった。曹操は二十万の兵を従え、呂布...

    試し読み 試し読み
  • 三国志 8 北方謙三/原作 河承男/作画 梶川良/脚本 802円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/11/01

    下ヒ城を手に入れた劉備の下に、曹操と袂を分った陳宮と呂布がやってきた。関羽と張飛の反対を押し切って、義侠の大儀のために陣営に迎え入れたが、一抹の不安が残っ...

    試し読み 試し読み
  • 三国志 7 北方謙三/原作 河承男/作画 梶川良/脚本 802円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/11/01

    曹操の父は徐州の陶謙の配下によって殺害された。これを期に曹操は一気に徐州を攻め立てる。潰走する陶謙は劉備に助勢の使者をたてた。決して好漢とは言えない将軍だ...

    試し読み 試し読み
  • 三国志 6 北方謙三/原作 河承男/作画 梶川良/脚本 700円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/11/01

    わずか三万で百万の黄巾軍にたちむかうと聞いて、その勝ちを予測するものは誰もいなかった。しかし、曹操はやってのけた。飛躍するための闘いに勝ったのだ。戦後、黄...

    試し読み 試し読み
  • 三国志 5 北方謙三/原作 河承男/作画 梶川良/脚本 700円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    洛陽は焦土と化し、都は百万の民とともに長安に移された。董卓の強引な遷都だった。後漢王朝の実質独裁者になった董卓の暴虐ぶりはさらに激しさを増す。誰もその蛮行...

    試し読み 試し読み
  • 三国志 4 北方謙三/原作 河承男/作画 梶川良/脚本 700円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    少帝を廃し、陳留王・協を第14代皇帝とし、自ら相国の地位についた董卓は後漢王朝の独裁者となり、残虐非道の限りを尽す。洛陽を出奔した曹操は打倒董卓の檄文を各...

    試し読み 試し読み
  • 三国志 3 北方謙三/原作 河承男/作画 700円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    董卓は少帝を廃し、陳留王・協を第14代皇帝とし、自ら相国の地位につき、漢王朝の支配権を手に入れた。暴政暴虐の限りを尽す董卓についに反旗を翻す反董卓軍が結成...

    試し読み 試し読み
  • 三国志 2 北方謙三/原作 河承男/作画 700円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    曹操は出世など望んではいなかった。天下に号令することだけを目指していた。劉備とその両腕のような関羽と張飛が欲しい、と思った。彼らがいれば天下が近づく。しか...

    試し読み 試し読み
  • 三国志 1 北方謙三/原作 河承男/作画 700円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    後漢末の中国、朝廷は修復不可能なほど腐敗していた。宦官や外戚による収賄政治がまかり通り、各地で農民による反乱が起こる。ついに太平道の張角らが信徒を煽動し大...

    試し読み 試し読み
  • 1
セーフサーチの状態

北方謙三の他の作品

  • 擬態 760円
    作家 北方謙三
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    平凡な男が毀れていく...現代ハードボイルドの傑作。“主人公がどんどん凶暴になり、執筆していて怖かった”(著者談)

  • 錆びた浮標 596円
    作家 北方謙三
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/08/12

    新劇出身の役者・永井光三、人気コラムを持つ演劇評論家・大木良二、酒場のマスター・井木荘一。これは1人の男が持つ3つの顔なのだ。別れた女が引き出す幻想と成長していく娘の現実に翻弄されながら、ひっか...

  • 夜の眼 669円
    作家 北方謙三
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    性に奔放な三十四歳の愛人・静子。あどけなさの残る二十歳の葉子。「性具」と「飼育」、岸波は二人の女との情事に溺れ、"小さな死"という名のオーガズムを求めて喘ぐ。死を求めながら、死に恐怖する。老いの...

  • 抱影 810円
    作家 北方謙三
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    生と死のはざまでほとばしる情念。これが北方謙三だ。 定期的に食事はするが、踏み込まない。響子とは二十二年、そうしてきた。死期が近いと告げられるまでは。硲(はざま)冬樹は画家。売れない絵描きではな...

  • 新装版 余燼(上) 802円
    作家 北方謙三
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    田沼意次(おきつぐ)失脚後の空白に、交わされる暗闘。甲府勤番の影井誠一郎はかつての友を斬り、江戸に出た。誠一郎を護衛につけ、沢井小平太は持ち前の弁舌で幕政を変えんとする。火消の常吉は一世一代の大...

  • 夜の終り 596円
    作家 北方謙三
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    男は長いことつき合っている女と二人だけで横浜に手作りのオルゴールを売る店を営んでいた。男には危ない仕事をしてきた暗い過去があった。ある日、その仕事仲間の遺児が、男に企業の極秘書類を預けにきた。そ...

梶川良の他の作品

大石賢一の他の作品