読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

半次捕物控 (1~10巻) - 佐藤雅美

10件中1-10件 (1/1ページ)
タイトル数 10 (1~10巻) 合計 6277(61ポイント)
  • 一石二鳥の敵討ち 半次捕物控 佐藤雅美/著 803円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    蟋蟀小三郎に道場破りを挑んだ田舎侍の素性は?池田家から流れてきた源之進には国元に帰れないわけがあった。表題作含む八短編収録。

  • 御当家七代お祟り申す 半次捕物控 佐藤雅美/著 744円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    今度の半次は命懸け、シリーズ最高の痛快作! 只者ではない謎の甲州浪人と天才少年棋士の父子はいったい何をしようとしているのか?

  • 天才絵師と幻の生首 半次捕物控 佐藤雅美/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    九つの子の描いた「気味(きび)が悪い」ほど見事な生首。絵にそっくりの生きた男があらわれて......

  • 髻塚不首尾一件始末 半次捕物控 佐藤雅美/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    蟋蟀小三郎に強敵現る! その名も風鈴狂四郎。手強さを知る相手との対決を避ける2人に振りまわされる半次は...

  • 泣く子と小三郎 半次捕物控 佐藤雅美/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    国表から舞い戻った小三郎が、水夫と火消しの喧嘩に首を突っ込み、火消し側についた宮川と真剣勝負をすることに...。

  • 疑惑 半次捕物控 佐藤雅美/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    金の匂いを嗅ぎつけ、半次につきまとう疫病神の蟋蟀小三郎。そんな小三郎が侍を斬り殺す大事件を起こす。

  • 命みょうが 半次捕物控 佐藤雅美/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    町娘の尻をさわったとして番屋に連れ込まれた蟋蟀小三郎と名乗る男。このめっぽう腕の立つ不遜な男は疫病神なのか。

  • 揚羽の蝶 半次捕物控(下) 佐藤雅美/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    将軍家をも巻き込んだ継嗣争いの行方は? どす黒い陰謀の正体を半次は見抜けるか!? 「影帳」に続く痛快捕物帳!

  • 揚羽の蝶 半次捕物控(上) 佐藤雅美/著 605円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    娘の貞操と殿の命を狙う“いが茄子男”とは誰? 密偵として備前松平氏の参勤交代に潜り込んだ岡っ引半次を襲う危機!

  • 影帳 半次捕物控 佐藤雅美/著 495円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/18

    相模屋の店先で雪駄が一足盗まれた。単純に見えた事件は意外な展開をみせはじめ、やがて大きな謎が......。

  • 1
セーフサーチの状態

佐藤雅美の他の作品

  • 戦国女人抄 おんなのみち 495円
    作家 佐藤雅美
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2012/10/01

    波乱に満ちた生きざまを強いられた戦国武将の娘たちを、緻密な考証と、時代に埋もれる人間の営みを正確に見据える歴史観で描きだした直木賞作家の傑作連作集!

  • 怪盗 桐山の藤兵衛の正体 八州廻り桑山十兵衛 770円
    作家 佐藤雅美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    悪は必ずしも悪ならず。 思いがけない事件の結末が胸を打つ! 消息を絶っていた盗賊「桐山の藤兵衛一味」。 再び動き始めたのはなぜか。 時代に翻弄される人々への、十兵衛の深い眼差しが胸を打つ。 ...

  • 影帳 半次捕物控 495円
    作家 佐藤雅美
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    相模屋の店先で雪駄が一足盗まれた。上野山下の助五郎親分は、懸命に追い、下手人・仙八を挙げた。そこで相模屋出入りの岡っ引・判次は、穏便に赦免してもらおうと、親分に頼みこんだ。ところが、うまくいかな...

  • 密約 物書同心居眠り紋蔵(三) 605円
    作家 佐藤雅美
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    長男長女も独立し、のどかに過ごす藤木紋蔵の家へ、近くの長屋に住むいたずら坊主の文吉が、遊びに来たまま居着いてしまった。どうしたものかと思っていたが、手習塾の席書会で、文吉が書いた「へのへのもへじ...

  • 命みょうが 半次捕物控 605円
    作家 佐藤雅美
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    薬師様の門前で、町娘の尻をさわったとして番屋に連れ込まれた田舎侍。身元を明かさず、10日間だんまりを続ける男の身柄を半次が預かり、調べをはじめる。蟋蟀小三郎と名乗る、このめっぽう腕の立つ不遜な男...

  • お尋者 物書同心居眠り紋蔵(四) 550円
    作家 佐藤雅美
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    呉服屋の息子が義父殺しの罪で磔を申し渡され、美貌の内儀が冤罪を晴らしてほしいと助けを求めてきた。自分の手には負えないと断った紋蔵だが、生来の好奇心は抑えきれない。臭う、この事件にはからくりが.....