読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

同棲時代 (全10巻) - 上村一夫

10件中1-10件 (1/1ページ)
タイトル数 10 (全10巻) 合計 3300(30ポイント)
  • 同棲時代 (10) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    鳥取の実家に帰省した今日子にもはや東京へ戻る気はなく、ある日、次郎の下へ別離を告げる電話をかける。いてもたってもいられなくなった次郎は、仕事を投げ出して鳥...

  • 同棲時代 (9) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    体調がすぐれず病院へ行った今日子は、医師から残酷な診断結果を告げられる。前の堕胎が原因で起きた、不妊症...。子どもなんかいらない、ただ一緒にいたいから暮...

  • 同棲時代 (8) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    再びアパートで同棲を始めた二人。しかし、日々の生活は愛からその意味を抜き取っていくだけだった。結婚というものを通り越して、時間を過ごしすぎてしまった二人。...

  • 同棲時代 (7) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    信州の人里離れた病院で、異常に包まれた生活を送る今日子。意識は正常を取り戻してきたが、大量に投与された薬品は胃を蝕み、病院での生活は限界に来ていた。今日子...

  • 同棲時代 (6) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    ある日、病院を訪ねたら今日子の姿が消えていた。義父が次郎に内緒で今日子を信州の病院に転院させたのだ。屈辱と、口惜しさと、喜びと、安堵と、複雑な感情が胸をか...

  • 同棲時代 (5) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    次郎に内緒で子どもを堕胎した今日子。心がぼろぼろになった今日子は自殺未遂を図り、そのショックで精神に異常をきたしてしまった。次郎と今日子を包み込む絶望。愛...

  • 同棲時代 (4) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    今日子が次郎の子どもを妊娠した――。とうとう来てしまったその日。どうしていいかわからず戸惑う次郎は、病院の帰り、今日子とはぐれてしまう。一人、橋のたもとで...

  • 同棲時代 (3) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    憧れの出版社に転職した今日子。次郎も大物作家のエッセイの挿絵を任されることになった。二人はフランス料理のレストランで祝杯を挙げる。もっとよく知りたいと思っ...

  • 同棲時代 (2) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    今日は一緒に暮らし始めてから一年目、いわば同棲記念日。しかし次郎は雑誌の編集長に誘われて、夜の銀座にいた。初めての銀座になじめず、悪酔いしてしまう次郎。そ...

  • 同棲時代 (1) 上村一夫/著 330円(税込) 3ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/10/01

    売れないイラストレーターの次郎と、小さな広告会社に勤める今日子は、デザイン学校の同級生。初めてデートをした夜から3日後、同じ屋根の下で暮らし始めた。毎日を...

  • 1
セーフサーチの状態

上村一夫の他の作品

  • 完全版 怨獄紅 (1~1巻) 440円
    作家 上村一夫
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2014/10/10

    『肉奴隷の少女の復讐の炎、呪殺の願掛けに励む女の過去、我が子の首をはねた母の狂乱......。目を背けてはいけない。ここに描かれているのは人間の本性そのものなのだから......』昭和45年から...

  • 完全版 怨獄紅 (1~2巻) 440円
    作家 上村一夫
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2020/03/05

    『肉奴隷の少女の復讐の炎、呪殺の願掛けに励む女の過去、我が子の首をはねた母の狂乱......。目を背けてはいけない。ここに描かれているのは人間の本性そのものなのだから......』昭和45年から...

  • サチコの幸 (全5巻) 330円
    作家 上村一夫
    出版社 eBookJapan Plus
    販売開始日 2016/10/01

    「こんな日は必ず忙しくなるんです。淋しさに耐えかねた男さん達が、肌恋しさにワンサカとやって来るものなのです。」新宿二丁目、廓に強く咲き誇る女、サチコ。娼婦の世界に生きる女たちを描いた上村一夫珠玉...

  • 一葉裏日誌 330円
    作家 上村一夫
    出版社 eBookJapan Plus
    販売開始日 2016/10/01

    「たとえ地獄に堕ちようとも、一本の筆さえあれば、閻魔大王を楽しませるぐらいの小説を書く自信を私はもっている。」「御仏を喜ばせず、地獄の亡者どもが群がり読む小説こそを、私は書いてみたい。」女流作家...

  • 菊坂ホテル 330円
    作家 上村一夫
    出版社 eBookJapan Plus
    販売開始日 2016/10/01

    美人画で有名な画家・竹久夢二や文豪・谷崎潤一郎が滞在した菊坂ホテルを舞台に、そのホテルの娘である八重子(やえこ)の目を通して、時代を代表する文化人達の人間模様を描いた大正浪漫劇画。彦乃(ひこの)...

  • 凍鶴 (全2巻) 330円
    作家 上村一夫
    出版社 eBookJapan Plus
    販売開始日 2016/10/01

    30円で「松乃家」に売られてきた十三歳のつる。“仕込っ子(芸者見習い)”として、朝は掃除、洗濯、使い走りに追われ、夜は姐さん芸者のあとを三味線を運んだり、泊まるときの着替えを届けたりしながら一人...