読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

新・知らぬが半兵衛手控帖 (1~7巻) - 藤井邦夫

7件中1-7件 (1/1ページ)
タイトル数 7 (1~7巻) 合計 3857(35ポイント)
  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 7 隠居の初恋 藤井邦夫/著 562円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/04/26

    北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛は吟味方与力・大久保忠左衛門に、忠左衛門の友、村上左兵衛が年甲斐もなく、女子に懸想していないか見定めるよう頼まれる。御家...

  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 6 狐の嫁入り 藤井邦夫/著 562円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/12/11

    一年前に行方不明になった薬種問屋の若旦那がひょっこり戻ってきた。しかも助けてくれたのが縁で夫婦になったという嫁・おゆりを連れて。そのおゆりだが、とある旗本...

  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 5 片えくぼ 藤井邦夫/著 540円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/08/03

    下っ引の音次郎は湯島天神の境内で幼馴染みのおしんを見かける。以前おしんを心ならずも怪我させてしまい、謝らずじまいだった音次郎は見失ったおしんを捜す。すると...

  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 4 名無し 藤井邦夫/著 540円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/05/11

    根津権現界隈に小判を咥えた野良犬が現れたという噂がたち、浪人やら博打打ちが方々から集まって、町の者に多大な迷惑をかけているという。探索に乗り出した北町奉行...

  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 3 緋牡丹 藤井邦夫/著 551円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/01/17

    八丁堀北島町にある白縫半兵衛の組屋敷に、奉公人の身形をしたおふみという娘が訪ねてきた。奉公先の料理屋「江戸春」で人殺しの密談を聞いてしまったおふみは、店を...

  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 2 思案橋 藤井邦夫/著 551円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/08/23

    楓川に架かる新場橋そばで男の死体が見つかった。体に般若の彫り物があるその男は「般若の猪之吉」という通り名の博奕打ちだった。猪之吉の情婦おつやを訪ねた臨時廻...

  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 : 1 曼珠沙華 藤井邦夫/著 551円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/08/01

    「世の中に私たちが知らん顔をした方が良いことがある」と嘯く、人呼んで“知らん顔の半兵衛”こと、白縫半兵衛が帰ってきた。再び臨時廻り同心を拝命した半兵衛が見...

  • 1
セーフサーチの状態

藤井邦夫の他の作品

  • 秋山久蔵御用控 騙り者(かたりもの) 710円
    作家 藤井邦夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/05/24

    油問屋のお内儀・おしずが身投げして死んだ。お内儀の妹によると、おしずは秘密をばらされたくなければ金を出せと脅されており、そしてその脅した人物は「御家人の秋山久蔵」だという。当然、久蔵は身に覚えは...

  • 大江戸閻魔帳 (1~2巻) 756円
    作家 藤井邦夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    閻魔堂赤鬼の名で絵草子を書く若者、青山麟太郎が、版元の蔦屋の娘や根岸肥前守と力を合わせ、世の悪を明らかにする。痛快事件帖。

  • 秋山久蔵御用控 帰り花 710円
    作家 藤井邦夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/05/24

    「安心しな。義父上の無念、放っちゃあ置かねえさ。追い詰めて正体を暴き、必ず叩きのめしてやるぜ」。久蔵の義父、北島兵部が辻斬りにあって殺された。しかしそこには不可解な謎が。調べを進める久蔵がたどり...

  • 養生所見廻り同心 神代新吾事件覚 (1~5巻) 669円710円
    作家 藤井邦夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/06/14

    書き下ろし時代小説「神代新吾事件覚」シリーズ第1弾。養生所見廻り・神代新吾が養生所医師や白縫半兵衛らと力を合わせ事件を解決する姿を描く

  • 秋山久蔵御用控 彼岸花 710円
    作家 藤井邦夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/05/24

    神田佐久間町の金貸しの屋敷に、般若の面をつけた盗賊が押し込んだ。一味は200両と主の徳兵衛の命を奪って姿を消した。南町奉行所の秋山久蔵は、手向かいもしなかった徳兵衛だけを惨殺したことから、恨みに...

  • 秋山久蔵御用控 後添え 679円
    作家 藤井邦夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/07/19

    五百両の値がついた天目茶碗の商談に、贔屓筋に赴いた茶道具屋の主が、大川に遺体となって上がり茶碗も消えた。南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵が探索を命じると、怪しい人物が複数浮かんだ。一方、久蔵に後添...