読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

監獄実験―プリズンラボ― (全10巻) - 貫徹 水瀬チホ

10件中1-10件 (1/1ページ)
タイトル数 10 (全10巻) 合計 6600(60ポイント)
  • 監獄実験―プリズンラボ― 10 貫徹/著 水瀬チホ/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/10/04

    すべての理不尽の元凶が新村であることを知った江山は、その根を絶つために後を追う。行く手を阻むのは、残った黒服の田島と米澤。江山に協力するのは三崎と長峰。そ...

    試し読み 試し読み
  • 監獄実験―プリズンラボ― 9 貫徹/著 水瀬チホ/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/05/27

    江山にすべてを打ち明けた原川は、自身の復讐のために理不尽の元凶・九字間の元に向かう。だが、原川の知っている九字間は、裏で糸を引いている黒幕の代役でしかなく...

    試し読み 試し読み
  • 監獄実験―プリズンラボ― 8 貫徹/著 水瀬チホ/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/12/17

    桐島を犯した暴行犯のリーダー・谷崎と接触した江山は、すべてを捨てて復讐を遂げようとする。だが、谷崎を殺そうとした瞬間、原川に止められてしまった。あとのこと...

    試し読み 試し読み
  • 監獄実験―プリズンラボ― 7 貫徹/原作 水瀬チホ/作画 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/07/02

    監禁ゲーム11日目。江山は事情聴取ゲームに勝った報酬で、勝又に娘を暴行した犯人の情報を手渡した。絶望していた勝又は、これによって希望を見出し倉梨とも和解す...

    試し読み 試し読み
  • 監獄実験―プリズンラボ― 6 貫徹/原作 水瀬チホ/作画 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/02/23

    勝又は娘・幸の暴行事件の真相を質すべく津上を探し出して追い詰めるが、2人が言い合っているところで、人生に絶望した幸が屋上から身を投げてしまう。生きる意味を...

    試し読み 試し読み
  • 監獄実験―プリズンラボ― 5 貫徹/原作 水瀬チホ/作画 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/10/25

    新たに始まった「情報聴取ゲーム」を無事終えるため、江山と勝又は監禁相手の情報を購入し、お互い見せ合うことに決めた。だが、そこに書かれていた桐島の過去は、江...

    試し読み 試し読み
  • 監獄実験―プリズンラボ― 4 貫徹/原作 水瀬チホ/作画 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/05/24

    監禁ゲーム開始から1週間。最初の名前当てが終わり、監禁者同士が争う「情報聴取ゲーム」が始まることになった。監禁相手を交換し、期間内に情報を吐かせるというこ...

    試し読み 試し読み
  • 監獄実験―プリズンラボ― 3 貫徹/原作 水瀬チホ/作画 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/01/05

    監禁生活のなか追い詰められた桐島彩は脱走を計るが、それも江山の手のひらのうちで踊らされているだけだった。結果、ついに彩の強い心も折れてしまう。そして、名前...

    試し読み 試し読み
  • 監獄実験―プリズンラボ― 2 貫徹/原作 水瀬チホ/作画 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/08/03

    内気な高校生・江山藍都は、いじめの首謀者・桐島彩を「監禁ゲーム」の相手に選んだものの、桐島の折れない心の前に何も出来ずにいた。だが、2日目、指を噛みちぎら...

    試し読み 試し読み
  • 監獄実験―プリズンラボ― 1 貫徹/原作 水瀬チホ/作画 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2016/03/31

    夏休み前最後の登校日、理不尽ないじめの日々に絶望する高校生・江山藍都のもとに、奇妙な手紙が届いた。それは、誰でも好きな相手を、1か月間監禁できるという「監...

    試し読み 試し読み
  • 1
セーフサーチの状態

貫徹の他の作品

  • 火傷少女 (全4巻) 660円
    作家 貫徹 里見有
    出版社 双葉社
    レーベル アクションコミックス
    販売開始日 2018/07/26

    左目に眼帯をつけながらも、明るい性格でクラスの皆から慕われている女子高生シイナ、彼女には“裏の顔”があった。シイナの同級生で、かつて自殺志願者だった少年のカナメは、ある日、『思想ノート』と題され...