読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (全6巻) - 嶺岸信明 安部譲二

6件中1-6件 (1/1ページ)
タイトル数 6 (全6巻) 合計 3708(36ポイント)
  • 紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (6) 嶺岸信明/著 安部譲二/原作 618円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/01/10

    「紅蓮隊の神様」と謳われた伝説の侠客・万寿十一。彼が心底愛した麻雀、そして時を超え、人の心を突き動かす真の侠の生き様とは!? 不滅の任侠道、ここに完結!!!

    試し読み 試し読み
  • 紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (5) 嶺岸信明/著 安部譲二/原作 618円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/01/10

    挾の命の獲り方の決まりは、自分より先に地獄に行く相手に、心を籠めて撃ったり斬ったりすることなんだ。

    試し読み 試し読み
  • 紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (4) 嶺岸信明/著 安部譲二/原作 618円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/01/10

    ついに勃発! 万寿一統VS荒神会の抗争!! そして勝負は直VS荒神会若衆の“ふたり麻雀役満縛り”へ!! 手に汗握る一進一退の攻防を制するのは万寿一統か、そ...

    試し読み 試し読み
  • 紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (3) 嶺岸信明/著 安部譲二/原作 618円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/01/10

    万寿と辛の勝負も終盤戦にさしかかった。局を重ねるごとに辛は万寿に真の麻雀、真の男の大きさを見るのであった。

    試し読み 試し読み
  • 紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (2) 嶺岸信明/著 安部譲二/原作 618円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/01/10

    万寿との麻雀勝負に敗れた栗原は新たな刺客ヒラッコ辛を万寿にぶつける。無敗を誇るこの男のまえに初戦を落とした万寿であったが...

    試し読み 試し読み
  • 紅蓮 愚連隊の神様 万寿十一伝説 (1) 嶺岸信明/著 安部譲二/原作 618円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2014/01/10

    昭和三十年代、新宿に愚連隊の神様と呼ばれる男がいた。彼の名は万寿十一。鹿十の直こと矢部直也は万寿のもとで任侠道を学ぶこととなった。――俺たち任侠は最初から...

    試し読み 試し読み
  • 1
セーフサーチの状態

嶺岸信明の他の作品

安部譲二の他の作品

  • 賞ナシ罰アリ猫もいる 495円
    作家 安部譲二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    山本夏彦、安藤組元組長、橋本龍太郎、石田えり、ガッツ石松......塀の中からでてきた作家はこんな方たちと交流してます

  • 時速十四ノット、東へ 605円
    作家 安部譲二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    第1次世界大戦下、10万ポンドの金貨を積み神戸に向かう日本郵船の客船・八坂丸。Uボートの襲撃から乗客を守る男たちの姿。

  • 囚人道路 550円
    作家 安部譲二
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    明治24年、1000人の囚人達の手で人跡未踏の網走・旭川間に巨大道路が建設された。180キロにも及ぶ当時は不要不急の道路のために政府はなぜこの難工事を強行したのか。また完成後生き残ったはずの70...

  • 泣きぼくろ 550円
    作家 安部譲二
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    ちんぴらヤクザの生態をリアルに描く連作。元暴走族の水田順公は駆け出しのヤクザ。鉄砲玉に使われて服役へ。年季の入ったヤクザの水田順一伯父が救い出そうと大活躍するおなじみの塀の中ストーリー! 水田が...

  • 逃亡者 649円
    作家 嶺岸信明 安部譲二
    出版社 竹書房
    レーベル 近代麻雀コミックス
    掲載誌 近代麻雀
    販売開始日 2014/03/07

    殺人という無実の罪を着せられ、「逃亡者」となって戦うことを決意した男。複雑な人間関係とスリリングな展開が織り成す、新感覚ヒーロードラマ!!永遠の名作!!「逃亡者」

  • 絶滅危惧種の遺言 550円
    作家 安部譲二
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    最後にこれだけは言っておきたい! 70歳を過ぎた著者が、自らの人生を総括した反省文。刑務所時代の懲役ノート、祖父や父の話、中学時代のヨーロッパ逃避行、安藤組時代の仕事、日本航空受験秘話、三島由紀...