読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

作品から探す

948件中1-24件 (1/40ページ)
  • 新着!
    続夢 216円
    作家 田中ノリノ
    出版社 いるかネットブックス
    レーベル IKAI
    販売開始日 2019/02/22

    卒業間近のさゆみは、同じ夢の続きを何度も見る。現実でも、夢の中の男の声が聞こえ、見られている気がする...。

  • 物語を旅する ―夢物語と妖怪物語― 1836円
    作家 佐藤義隆
    出版社 あさ出版
    販売開始日 2019/02/01

    夢も妖怪も、人の心が生み出すもの。 古典から現代のコミック作品まで。 幅広いテキストから汲み取る、心の世界の不思議。 不思議で怖い「夢」と「妖怪」は、作家にとっても読者・観客にとっても魅力ある...

  • 実録都市伝説~世怪ノ奇録 702円
    作家 鈴木呂亜 黒木あるじ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/01/31

    内容紹介 2017年に発見された小惑星「オウムアムア」はハーバード大学教授が「人工的に作った小型宇宙船の可能性が高い」と発表!(『宇宙の夢は』収録。) 呂亜、驚愕の実話シリーズ第2弾! 世界...

  • 「超」怖い話 亥 702円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/01/28

    内容紹介 お前はあのシシば喰った。 秘密を漏らせば、カシンワトゥィがお前の四肢を喰いに行く...。 猪撃ちの猟師の家に泊まった旅人を襲う恐怖。謎の言葉の意味とは!?(「カシンワトゥィ」より) ...

  • 奇譚百物語 死海 702円
    作家 丸山政也
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/01/28

    内容紹介 「傘を差した女が立っているそうだけど、立ちんぼらしいぜ」 噂を聞いたMさんはその顔を仰ぎ見た刹那、あッと尻餅をついた。(第1話「傘を差す女」より) 怪異は古今東西、誰の身の上にも起...

  • 怖い橋の物語 864円
    作家 中野京子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/01/25

    橋は異なる世界をつなぎ、様々な物語を引き寄せる。奇妙な橋、血みどろの橋、あっと驚くような橋...世界各地の実在の橋、お話の中の橋、描かれた橋などを、興味深くちょっぴり怖いエピソードとともに紹介。

  • 街角怪談 噂箱 864円
    作家 エブリスタ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/01/21

    これ知ってる? 闇のクチコミ、最新の黒い噂43本? ・旧洗濯表示に隠された人身売買の暗号「服の洗濯タグが変わったワケ」 ・電車内でAirdropで送られてくる死体写真。犯人は...「Airdr...

  • 恐怖箱 厭獄 702円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/01/17

    内容紹介 「こいつで呪いを注入する...」 村の秘祭で使われた鬼の面と木刀。それに宿る怨嗟の因縁とは...? 陰鬱な闇から滴る怪と命の水音。暗黒ゆえに引き込まれる実話怪談! 町の観光名所を探...

  • 黒怪談傑作選 闇の舌 702円
    作家 黒史郎
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/01/17

    内容紹介 身の毛がずっぽぬける程、怖ろしい......。 黒史郎は我々と同じ次元にいながら別のモノを召喚して生きている。――平山夢明 実話怪談の恐怖が凝縮した傑作選! 肝試しに行った霊園に...

  • 怪談供養 晦日がたり 702円
    作家 エブリスタ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/12/26

    怪談〈呪い〉は語り広めることで厄が薄まる― 今年、成仏させておかないとヤバイ39の最凶話! 拡散希望! 妊婦が羅城門をくぐると生まれてきた子は鬼となる。言い伝えにより一族はある儀式を...「と...

  • そこにいるのに 1404円
    作家 似鳥鶏
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/12/21

    思い出してはいけないモノ、撮ってはいけない写真、曲がってはいけないY字路、見てはいけないURL、剥がしてはいけないシール......読み進めるほど後悔する、13の恐怖と怪異の物語。

  • M・R・ジェイムズ怪談全集 (1~2巻) 756円
    作家 M・R・ジェイムズ 紀田順一郎
    出版社 グーテンベルク21
    販売開始日 2018/12/14

    近代イギリス怪奇小説の巨匠ジェイムズの、全業績を網羅する全集第1弾。

  • 短篇小説集・罪悪感を減らす方法 324円
    作家 田中ノリノ
    出版社 いるかネットブックス
    レーベル IKAI
    販売開始日 2018/12/14

    罪悪感を減らす方法。宇宙人と戦う老婆。秘密の極上肉を出す店。毛が襲いかかってきた。殺人鏡で願いを叶えるには。

  • 隣人 内田春菊ホラー傑作選 500円
    作家 内田春菊
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春デジタル漫画館
    販売開始日 2018/12/07

    とある集合住宅で新生活を始めた共働きのカップル。夫はコピーライター、妻はスタイリスト。まわりは専業主婦ばかりらしい。最初は至極快適に思えた住まいだったが、やがてふたりの身辺に、不可解な出来事が起...

  • 実話怪事記 狂い首 702円
    作家 真白圭
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/11/29

    内容紹介 「えっ?高木って死んだのか?」 同級生が次々と自殺していく...それは40年前のある出来事に由来しているらしい。――「晒し野」収録。 さらなる恐怖を求めて終わりのない取材を敢行した実...

  • 千人怪談 702円
    作家 エブリスタ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/11/29

    眠れないほど怖い話を聞かせてほしい。 ホラーイベント〈稲川淳二の怪談冬フェス~幽宴~〉と小説投稿サイト〈エブリスタ〉がコラボした投稿企画=【最恐怪談コンテスト】。 全国から集まった恐怖の総数、...

  • 実話奇譚 奈落 702円
    作家 川奈まり子
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/11/29

    内容紹介 「口もとが犬の鼻面のように前に突出し、白目がない...真っ黒な二つの目が私を睨み付けた」~「降霊怪談顛末記~あとがきに代えて」より 徹底した現地調査から浮かび上がる恐怖! 実話怪談集...

  • 恐怖箱 屍役所 702円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/11/29

    内容紹介 「廊下のあれ、あまり嗅ぎ回らないほうがいいよ」 見た人は精神を病んでしまう。 真新しい市庁舎で、いったい何が...? 役所勤め、教師、警察官、自衛隊...他、公務員が明かす職場の実話...

  • 無きし日の事。「人生が足元から崩れていく」世代間の価値... 215円
    作家 藤安悠 MBビジネス研究班
    出版社 まんがびと
    販売開始日 2018/11/16

    さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度) 【書籍説明】 存在しない筈の日づけの出来事を記した日記 その日...

  • 記憶 このストーリーにあなたは必ず騙される。 215円
    作家 池井ゆみ MBビジネス研究班
    出版社 まんがびと
    レーベル 黒熊文芸文庫
    販売開始日 2018/11/02

    さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度) 【書籍説明】 ある日沙耶は夢の中で出会った祐樹と、現実の世界...

  • 人喰観音 1750円
    作家 篠 たまき
    出版社 早川書房
    販売開始日 2018/10/31

    『幽』文学賞〈大賞〉受賞後第一作。美しくおぞましい書き下ろしホラー長篇

  • 忌印恐怖譚 めくらまし 702円
    作家 我妻俊樹
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/30

    不気味で不思議、そして異様――炙り出されるのは日常のひび割れから滲み出す不安と恐怖の数々。 危篤となった父の病室から見えるモノ「位置」、その幽霊を見るにはあることをしなくてはいけない、でも見る...

  • 怪談奇聞 啜リ泣キ 702円
    作家 小田イ輔
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/30

    怪談を引き寄せる、実態のないものに攻撃をされる――小田イ輔の執筆は命懸けかもしれない。今回も<引きのよさ>が暗く蠢く究極の一冊だ! 怪談なんて信じない、そんな男がふと気づいたのは...「見ては...

  • 恐怖箱 青森乃怪 702円
    作家 高田公太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/30

    本州最果ての地、青森。あの世と繋がる霊場恐山から、神々の棲まう山野まで、雪深き国は神秘と恐怖に満ちている。 赤子の泣き声がする無人駅。だが他の者にはその声が聞こえず...「津軽の子ら」、集落で...

セーフサーチの状態