本/雑誌

栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人

里中高志/著

2090円
ポイント 1% (20p)
発売日 2019年05月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

ゆうメール利用不可商品です

仕様

商品番号NEOBK-2365870
JAN/ISBN 9784152098658
メディア 本/雑誌
販売早川書房
ページ数 387

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

栗本薫と中島梓、二つの名前を持ち、作家・評論家・演出家・音楽家など、才能を自在に操り多くの人たちに感動を与える稀有な存在でありながら、ついに自身の心理的葛藤による苦悩から逃れることはできなかった人。その生涯を関係者への取材と著作から検証する。

関連記事

    収録内容

    1 序章 移りゆく時
    2 第1章 父と母
    3 第2章 物語る少女(〇歳~十二歳)
    4 第3章 才能の萌芽(十二歳~十八歳)
    5 第4章 青春の熱情(十八歳~二十二歳)
    6 第5章 無名から有名へ(二十三歳~二十四歳)
    7 第6章 狂乱の季節(二十四歳~二十五歳)
    8 第7章 “グイン・サーガ”の誕生(二十五歳~三十一歳)
    9 第8章 舞台と小説と(三十一歳~四十四歳)
    10 第9章 メメント・モリ(四十五歳~五十六歳)
    11 エピローグ 物語は終わらない

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品