読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「伊東潤」の作品一覧

24件中1-24件 (1/1ページ)
  • 悪左府の女 880円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/08/05

    悪左府・藤原頼長から女官に下された密命とは? 平安ピカレスク小説誕生! 平安時代の末、藤原の氏の長者・藤原頼長は冷徹な頭脳ゆえ「悪左府」というという異名で呼ばれていた。 己の権力争いの道具とし...

  • 潮待ちの宿 1599円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    海に臨む宿で少女が待つものとは―― 歴史小説の名手が初めて挑む人情噺。 口減らしのため備中の港町・笠岡の「真なべ屋」に連れてこられた志鶴。 潮待ち宿のそこでは、商人や仲買人たち、時には怪しい旅...

  • 戦国鬼譚 惨 498円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    権力に翻弄された人間の、えげつなく愚昧な騙し合い。巧みな仕掛けの中で人間の本性を浮き彫りにさせた歴史ファン垂涎の大傑作集。

  • 戦国無常 首獲り 607円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    戦場の武功の証は取った敵方の「首」によって決まる。下級武士たちの手柄を巡る争いはなんと儚いことか。

  • 疾き雲のごとく 425円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    戦国黎明期。北条早雲をめぐる6人の武将たちは、知略と策謀の果てに何を見る。歴史小説の俊英による武者の煌きと儚さを描いた傑作。

  • 虚けの舞 765円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    偉大な父を持ちながら落魄の身となった織田信雄。勇将とされるも境遇に恵まれない北条氏規。本能寺の変から小田原合戦までを活写。

  • 戦国鎌倉悲譚 剋 713円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    仏門に憧れる北条氏舜の前に現れた麗しき女。奇妙な因縁に操られ始まった恋であったが――修羅の道に咲いた情念の花と苦悩とは

  • 国を蹴った男 803円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    武田信玄、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉――天下に手を伸ばした英雄たちの下、負けられない一戦に挑む者たちの生死の際を描く。

  • 叛鬼 770円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    下剋上だ! 主君の上杉顕定に叛旗を翻し、かつて慕った太田道灌を敵に回した戦国の鬼・長尾景春の激動の生を描く。

  • 決戦!関ヶ原 徳川家康編 人を致して 202円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    織田信長や豊臣秀吉、家臣にも“使われてきた”徳川家康。秀吉が死に、天下取りのチャンスが巡ってきた家康を、あの男が訪ねてくる。

  • 決戦!大坂城 福島正守編 男が立たぬ 202円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    激戦の裏で決行された家康の孫・千姫救出作戦。戦渦広がる大阪城内を福島正則の弟・正守が駆ける。歴史に埋もれた男たちの誇りと約定

  • 峠越え 770円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    家康、生涯最大の危機「伊賀越え」を描く歴史小説。家康が戦国の覇者たりえたのはなにゆえか? 第二十回中山義秀文学賞受賞作。

  • 池田屋乱刃 880円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    その後日本は明治という近代国家に向かって加速していく――幕末京都の、熱くて一番長い夜。日本の礎となった男たちを描ききった連作

  • 天下人の茶 734円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/12/04

    絢爛豪華たる安土桃山文化の主座をしめていた茶の湯。その文化を創出した男・千利休と現世の支配者となった豊臣秀吉との相克は、利休が秀吉に切腹を命じられたことによって終わりを告げた。果たしてこの争いの...

  • 野望の憑依者(よりまし) 814円
    作家 伊東潤
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/07/07

    足利政権確立にこの男は不可欠だった! 己の野望を実現すべく数々の策を弄した名参謀・高師直の知られざる素顔。

  • 王になろうとした男 723円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/04/22

    野心が、野望が、人を変えていく戦国時代。桶狭間の戦で功を挙げた毛利新助。計策事により秀吉や光秀よりも出頭した塙直政、臣下の謀略で一族郎党を虐殺された荒木村重、信長に父を殺された復讐を胸に秘める津...

  • 国を蹴った男 803円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/06/12

    不条理な世を渡る武器は、気骨と果断。利に生きるか、義に死すか。敗れざる者たちの魂の咆哮。"豪腕作家"の凛然たる戦国小説集。いま、もっとも注目される歴史作家が満を持して放つ! 不条理な世を渡る武器...

  • 戦国鬼譚 惨 713円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    人を欺けば謀られ、人を信じれば殺される。木曾谷の治世をめぐり反目する木曾家当主の義昌と弟の義豊。武田に殉じるか織田へ寝返るか――谷間に常と変らぬ春が訪れたとき、兄弟は慟哭の中で身悶えしなければな...

  • 叛鬼 770円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    誰よりも早く下剋上を成し遂げた男、長尾景春。腹悪しき主君・上杉顕定に叛旗を翻し、戦乱の幕は切って落とされた。対するは、かつて兄と慕った巨人・太田道灌。さらには、駿河で勃興する新世代の雄・北条早雲...

  • 虚けの舞 765円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    本能寺の変から十年。天下人となった秀吉は朝鮮出兵の大号令を発した。その前線、肥前名護屋陣(ひぜんなごやじん)にいた二人――秀吉からすべてを奪われた信長の息子・信雄と、秀吉に滅ぼされた北条家の生き...

  • 疾き雲のごとく 607円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    継母と弟を斬り堀越公方(ほりごえくぼう)となった足利茶々丸。遊女・香月(かげつ)を伴い奥修善寺の隠し湯へ赴いた茶々丸は、湯壺で痩せぎすの若僧と打ち解ける。その正体も知らず――(「修善寺の菩薩」)...

  • 戦国鎌倉悲譚 剋 713円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    小田原北条家の尖兵、玉縄北条家の当主・氏舜は、一門を率いて関東の戦場を駆けめぐっていたが、心中では仏門への憧憬を捨て切れず、己の生きる道に思い悩んでいた。里見家より人質として送られて来た美しく気...

  • 戦国無常 首獲り 495円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    戦場の武功の証は獲った敵方の「首」によって決まる。下級武士たちの手柄を巡る争いは、なんと浅ましく、また儚いものか。運命はなぜこうも皮肉を好むのか。「頼まれ首」「もらい首」「拾い首」など、戦国時代...

  • 黎明に起つ 1257円
    作家 伊東潤
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2014/02/28

    黎明を呼んだ男の壮大な一代記 京都を主戦場に、11年間も繰り広げられた権力闘争・応仁の乱。それによって荒廃した都の姿に絶望し、挫折から立ち直り、関東の地に新天地を求め、守旧勢力を駆逐し、覇権を...

  • 1
セーフサーチの状態