読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「北森鴻」の作品一覧

29件中1-24件 (1/2ページ)
  • 香菜里屋シリーズ (2~3巻) 715円748円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/04/15

    優しく、ほろ苦い。短編の名手が紡ぐ、連作ミステリー。不朽の名シリーズ第1弾!

  • 狐闇 913円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    贋作作りの疑いをかけられて苦境に陥った若き旗師・陶子。虚実皮膜の世界には想像を絶する秘密が隠されていた!

  • メビウス・レター 681円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    すべてがひっくり返る驚愕の結末とは!? “過去から”届いた一連の手紙。高校生焼身自殺と連続殺人の接点とは何か!?

  • 狐罠 847円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    美人古美術ブローカー宇佐見陶子は、同業者の橘薫堂に贋作を掴まされてしまった。その意趣返しを仕掛ようとする陶子に、危機が迫る!

  • 香菜里屋を知っていますか 639円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    客にまつわる謎が持ち込まれるビア・バー「香菜里屋」。マスター工藤は鋭い考察と旨いビールで、わだかまりを柔らかくほぐす。

  • 親不孝通りディテクティブ 649円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    中洲の屋台でバーを営む鴨志田鉄樹と、結婚相談所の調査員・根岸球太。腐れ縁の通称「鴨ネギコンビ」が、物騒な事件に関わっていく。

  • 親不孝通りラプソディー 796円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    博多の町を騒がす名コンビ、鉄樹と球太が遭遇する、危機てんこもり、息もつかせぬジェットコースター・ハードボイルド!

  • 香菜里屋シリーズ全4冊合本版 1760円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    ビアバー《香菜里屋》を舞台に、マスター・工藤哲也が謎に挑む連作シリーズ。

  • 狂乱廿四孝/双蝶闇草子 1120円
    作家 北森鴻
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2016/11/04

    悲劇の名女形・三世澤村田之助と幽霊画を巡る謎。鮎川賞を受賞した衝撃の北森鴻デビュー長編に、その後の猿若町の面々を描いた未完の続編『双蝶闇草子』を収録した完全版。

  • メビウス・レター 550円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/10/01

    男子高校生が謎の焼身自殺を遂げた。数年後、作家・阿坂龍一郎宛てに事件の真相を追跡した手紙が、次々と送りつけられる。なぜ阿坂のもとに? そして差出人の正体は? 阿坂は人妻のストーカーに付け狙われ、...

  • 狐罠 660円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/10/01

    店舗を持たず、自分の鑑定眼だけを頼りに骨董を商う「旗師」宇佐見陶子。彼女が同業の橘薫堂(きくんどう)から仕入れた唐様切子紺碧碗は、贋作だった。プロを騙す「目利き殺し」に陶子も意趣返しの罠を仕掛け...

  • 花の下にて春死なむ 495円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/10/01

    第52回日本推理作家協会賞、短編および連作短編集部門受賞作。謎の先に人生の悲哀が横たわる傑作ミステリー集。 年老いた俳人・片岡草魚が、自分の部屋でひっそりと死んだ。その窓辺に咲いた季節はずれの桜...

  • 暁英 贋説・鹿鳴館 755円
    作家 北森鴻
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2015/08/14

    「明治」とは、何だったのか? 鹿鳴館を設計施工した若き建築家コンドルの半生を追い、その謎を浮かび上がらせる。鬼才、渾身の明治ミステリー。無念の絶筆作品。

  • 虚栄の肖像 601円
    作家 北森鴻
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/02/27

    『深淵のガランス』に続く、佐月恭壱シリーズ最後の作品 花師と絵画修復師の2つの顔を持つ佐月。絵画修復のため立ち寄った寺で昔の恋人に再会して......。著者急逝によるシリーズ最終作

  • 顔のない男 622円
    作家 北森鴻
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/02/27

    彼は一体、何者だったのだろう? 惨殺死体で発見された空木は交友関係が皆無の〈顔のない男〉だった。彼が残したノートを調べる二人の刑事は新たな事件に遭遇する

  • 蜻蛉始末 815円
    作家 北森鴻
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/02/27

    光と影の宿命を負った二人の男。歴史ミステリー 明治12年、政商藤田傳三郎は贋札事件の容疑で捕縛された。維新前後の激動の世で、宿命を負った二人の男の友情と別離、対決を描く

  • 深淵のガランス 622円
    作家 北森鴻
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/02/27

    花師と絵画修復師、2つの顔を持つ男 画壇の大家の孫娘の依頼で佐月は、いわくつきの傑作を修復することに。パリの街並の下に隠されていたのは!? 表題作ほか2篇

  • 闇色のソプラノ 734円
    作家 北森鴻
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/02/27

    その詩に魅せられた者は、不幸になる 夭折した童話詩人の「秋ノ聲」の中の不思議な擬音の正体は? 神無き地・遠誉野で戦慄の殺人事件が幕を開ける。驚愕の長篇本格推理

  • 香菜里屋を知っていますか 550円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    香菜里屋シリーズ完結編。当店の裏メニュー。それはお客様が持ち込む謎と、その解決です。ビアバー香菜里屋は、客から持ちこまれる謎がマスター・工藤によって解き明かされる不思議な店――。常連客は、工藤に...

  • 親不孝通りラプソディー 660円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    一九八五年、十七歳。オレ達若かった!『親不孝通りディテクティブ』の名(迷)コンビの高校時代、キュータとテッキは恐れ知らずに博多の街を駆け回る。羽目を外したキュータは美人局に嵌められる。金に窮した...

  • 螢坂 440円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    ほろ苦くて美味しい、だからこそせつないミステリー! ビア・バー「香菜里屋(かなりや)」シリーズ第3弾。「この街で、オレを待ってくれる人はもう誰もいない」戦場カメラマンを目指すため、恋人・奈津実と...

  • 親不孝通りディテクティブ 550円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    タクシー強盗と、港の火事、そしてスーパーの警報騒ぎ、同時に起こった事件の意外な関連とは...。中洲の屋台でバーを営む鴨志田鉄樹と、結婚相談所の調査員・根岸球太。腐れ縁の通称「鴨ネギコンビ」が、ど...

  • 桜宵 495円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    一度たずねてみてください。わたしがあなたに贈る最後のプレゼントを用意しておきました――。そう綴られた亡き妻の手紙だけを頼りに、ビアバー《香菜里屋》にやってきた神崎。マスター・工藤が語った、妻がプ...

  • 狐闇 770円
    作家 北森鴻
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    魔鏡を競り市で手に入れたことで、宇佐見陶子の運命は変わった。市に参加していた男が電車に飛び込んだのを皮切りに周囲で命を落とす者が続出。陶子は絵画の贋作作りの汚名を着せられ、骨董業者の鑑札を剥奪さ...

セーフサーチの状態