読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「穂高明」の作品一覧

6件中1-6件 (1/1ページ)
  • 月のうた 616円
    作家 穂高明 スカイエマ
    出版社 ポプラ社
    レーベル ポプラ文庫
    販売開始日 2021/02/12

    母をなくした少女とその家族の想いを鮮やかに掬い取り、人と人との絆を切なくも温かに描いた物語。

  • 青と白と 726円
    作家 穂高明
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    30代後半の悠子は、アルバイトをしながら空き時間に原稿を書く駆け出しの作家。仙台を出て東京で一人暮らしを続けるが、ぎりぎりの生活を送る。そんな彼女の日常は、震災を境に激変した。「私は、なぜこんな...

  • かなりや 682円
    作家 穂高明 スカイエマ
    出版社 ポプラ社
    レーベル ポプラ文庫
    販売開始日 2017/11/17

    東北の町を舞台に、人生につまずいてしまった人たちが再び歩き始める姿を描く、凛としたやさしい物語。

  • 夜明けのカノープス 540円
    作家 穂高明
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2017/11/10

    恋に仕事につまずいた主人公が、生き別れた父親との再会を機に、静かな一歩を踏み出した――『むすびや』の著者が贈る感動長編。

  • むすびや 495円
    作家 穂高明
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/05/09

    就職活動で全敗し、家業のおむすび屋を手伝うことになった結。実家の商売に子供の頃からコンプレックスを抱いてきた結だが、おむすびに実直に向き合う両親の姿を目の当たりにし、徐々に気持ちが変わってゆく。...

  • これからの誕生日 506円
    作家 穂高明
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/10/21

    千春はバス事故で友人や教師を失い、一人生き残った罪悪感に打ちのめされる。そんな千春を取り巻く弟、伯母、担任教師、亡くなった友人の母親、新聞記者、ケーキ店店主という6人の視点で、人間が新たな一歩を...

  • 1
セーフサーチの状態