読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

住まいを読む-現代日本住居論-

住まいを読む-現代日本住居論-
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2200円(税込)
ポイント還元 22ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 183
販売開始日 2013/12/20

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

住居は、時代の社会的条件と、人々の生活要求と意識の変化に応じて、型を生み変容してきた。日本の住まいは第二次世界大戦以降大きな変化を遂げ、今日多様な住居が存在する。現代住居の底流をなす日本の住生活の文化と、住居を変動させる力とは何かを解読する。住居計画学グループによる共同研究の集成。

鈴木成文関連作品

建築思潮研究所関連作品

建築ライブラリー関連作品

  • 有機的建築の発想-天野太郎の建築- 2200円
    作家 吉原正
    出版社 建築資料研究社
    レーベル 建築ライブラリー
    販売開始日 2013/12/27

    戦後の混乱した世情の中で、歌人・会津八一の薫陶を受け「自然」から学び「日常心理」を大切にし、また遠藤新、ライトに師事して建築の芸を体得し、清新な建築を作りつづけた建築家・天野太郎の創作基盤を語り...

  • 2100年庭園曼荼羅都市 2200円
    作家 渡辺豊和
    出版社 建築資料研究社
    レーベル 建築ライブラリー
    販売開始日 2013/12/20

    ニューヨーク世界貿易センタービルの崩壊は、建築における近代合理主義の崩壊を象徴していた。1995年の阪神大震災は、近代都市の脆弱さを露呈した。都市風景の破産は進行し、20世紀都市は敗滅したのでは...

  • 数奇屋ノート二十章 2200円
    作家 早川正夫
    出版社 建築資料研究社
    レーベル 建築ライブラリー
    販売開始日 2013/12/20

    「数寄屋」のイメージの中に、われわれはあまりに強く“侘び”“寂び”の美意識を焼きつけているのではないかという疑問から、宮廷文化の流れを汲む華麗で装飾的な数寄屋論、文人文化の流れを汲む生活に密着し...

  • 建築への思索 2200円
    作家 益子義弘
    出版社 建築資料研究社
    レーベル 建築ライブラリー
    販売開始日 2013/12/20

    建築家・益子義弘が、さまざまな場面に出会い、またその創作の過程で、折々に考え書きためた文章をまとめた随筆録。場所を読み、場所を紡ぐこと、具体的思考のプロセスを叙述した、独自の建築原論。

  • 復元思想の社会史 2200円
    作家 鈴木博之
    出版社 建築資料研究社
    レーベル 建築ライブラリー
    販売開始日 2013/12/20

    歴史の中で生み出され続ける「復元」は、その時代の要請に従って行われてきた。古墳から近代建築まで、日本建築史上の豊富なトピックから「復元」の諸相を炙り出し、変化する社会・歴史観と建築の関係を読み解く。

  • 近代建築を記憶する 2200円
    作家 松隈洋
    出版社 建築資料研究社
    レーベル 建築ライブラリー
    販売開始日 2013/12/20

    生活空間の創造をめざした建築家たち。時代の課題にこたえて誕生した近代建築の核心部分を記憶にとどめたい。建築にできることの意味を真摯に求め続けた方法は現代建築が立ち戻るべき原点を指し示しているので...