読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2

《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 88
販売開始日 2013/12/13
紙書籍版 取り扱い中

みずからの問題として大震災を考え、行動するために。被災地の復旧・復興に、原発事故への対処・管理に、次世代・未来世代に影響が及ぶ重要な意思決定をいかに行うか。専門家は、政策提言に際してどのような責任を負っているのか。全国学校図書館協議会選定図書

第1章 賠償・防災・減災
●契約理論で原発管理のあり方を考える (友利厚夫・荒木一法・小西秀樹)
契約理論とは/原子力損害の賠償に関する法律/原子力損害賠償支援機構/契約理論から見た原賠法の精神/事故の発生と被害の拡大をもたらした原因/防災と減災の最適水準/最善の契約と損害賠償/次善の契約と安全神話

第2章 疎開させるか/疎開させないか
●選択当事者としての視点 (清水和巳)
私はまず何をしたのか?/私の判断は根拠によって妥当なのか?/私の判断は手続きによって妥当なのか?/疎開問題が示唆すること――原発・放射能問題の「公」的性格

第3章 政策提言の方法論
●有識者の責任と「外部化」される政治について(河野勝)
政策提言する責任と無責任/「政治の外部化」と政策提言

シリーズ作品

  • 災害時にこそ問われる学級経営力:岩手・三陸編 河村茂雄/編著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/12/13

    悲しみのなか子どもたちを支えたのは、日常と変わらない学校生活、そして友人たちとの関わりだった。学校、学級の再建に向けて取り組んだ岩手県教師たちの記録。全国...

  • 災害に強い電力ネットワーク:スマートグリッドの基礎知識 横山隆一/編著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/12/13

    大地震と原発事故によって世界に誇る日本の電力システムに何が起きたのか。再生可能エネルギーや地産地消型電力網への期待を現実にするために不可欠の先端技術をやさ...

  • 東日本大震災とコンビニ:便利さ(コンビニエンス)を問い直す 川邉信雄/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/12/13

    折り重なる瓦礫のなかで身を挺してライフラインを守り、モノとサービスを提供しつづけようとした人々への共感をこめて、日本型コンビニ研究の権威がつづる6ヵ月の観...

  • 3.11津波で何が起きたか:被害調査と減災戦略 柴山知也/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/12/13

    構造物だけではいのちを守れない。最後の砦の防潮堤が破壊され、激流が町や人々を襲った。従来の研究を根本から問い直す巨大津波の実態。沿岸防災に必要なものは何か...

  • 地方自治体は重い負担に耐えられるか:「民」の力を結集する方法 小林麻理/編著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/12/13

    大震災の被害に立ち向かう自治体の財政は厳しく、行政力には限りがある。企業・NPO・市民など、民間の様々な力を集める調整役としての自治体の新しい機能を豊かな...

  • 拡大する放射能汚染と法規制:穴だらけの制度の現状 日置雅晴/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2013/12/13

    かつてない放射能汚染を前に、この国の政府・国会は私たち市民のいのちをどのように守ろうとしているのか。日弁連原子力PTメンバー弁護士が、法制度の現状と問題点...

河野勝関連作品

荒木一法関連作品

早稲田大学出版部関連作品

「社会学 一般」カテゴリ