読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 愛知県 名古屋市(電子版)

日本の特別地域 特別編集 これでいいのか 愛知県 名古屋市(電子版)
電子書籍版
価格 838円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 144
販売開始日 2014/07/04
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2011年3月11日――。
東日本大震災が発生した、この日を境に日本は変わった。
我々は、否応なしに物事の見方や価値観の変更を迫られた。
そうした中、ひとつはっきりしたことがある。

それは東京の歪さであり、東京一極集中がいかに脆いものであるか、だ。
福島第一原発の事故の深刻な状態が露呈していくにつれ、それがより明確になっていった。
まずは被災した東北・北関東の復興を切に望みたい。

そして今こそ、東京以外の地方が真に自立し、力を発揮していくべき時なのではないか。
そこで、名古屋の存在が改めてクローズアップされる。

振り返れば、前年の2010年は名古屋の年だった。
河村たかし名古屋市長が減税など公約の実現を掲げ、市議会の解散へと突っ走る。
「COP10」や「あいちトリエンナーレ」といった注目の行事が開催された。

中日ドラゴンズや名古屋グランパスがリーグ優勝を果たすなど、
スポーツでも圧倒的な強さを見せつけた。

2008年のリーマン・ショック以降、元気を失っていた名古屋が再び浮上したのだ。
かつて、名古屋は200万都市にもかかわらず「大いなる田舎」と言われ、
嘲笑の対象でしかなかった。

もちろん「突っ込みどころ」は満載だが、
一方で独自の進化・発展を遂げた稀有な都市でもある。

河村市長が言うように、独立できるほどの可能性を秘めている。
本書では、現地取材やデータ収集により、
奥深くて底知れない名古屋の姿をあぶり出すことに努めた。

今、われわれには確信がある。
「名古屋がニッポンを救う日」がきっと来るはずだ、と。

日本の特別地域関連作品

マイクロマガジン社関連作品

「サブカルチャー」カテゴリ