読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力
電子書籍版
価格 866円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2015/06/19
紙書籍版 取り扱い中

2013年の新語・流行語大賞にノミネートされた「ヘイトスピーチ」なる現象は、年を追うごとに拡大している。
当初は、東京・新大久保界隈における在日韓国・朝鮮人に対しての罵詈雑言ばかりが注目を集めていたが、いまや対するヘイトスピーチは全国規模に拡散。また、Jリーグのサッカー会場に貼られた「JAPANESE ONLY」という横断幕が、民族・国籍の差別を助長するとして問題視されもした。さらに、ヘイトの矛先は、中国やイスラムにも向けられている......。
はたして、被害者を生み出すばかりの「排外主義」、この拡大を食い止める術は、あるのだろうか?
ネットの中で醸成された右翼的言動、いわゆる「ネトウヨ」が、街頭デモにまで進出してきたのは何故なのか? その代表格とされる「在特会」とは一体、どんな組織なのか? デモに参加するのはどんな人たちなのか?
こうした幾つもの疑問に答えるのが、本書。在特会問題を取材しつづけ、2012年には『ネットと愛国』で講談社ノンフィクション賞を受賞した実力派ジャーナリストによる、「ヘイトスピーチ」問題の決定版!

安田浩一関連作品

文春新書関連作品

  • なんで家族を続けるの? 850円
    作家 内田也哉子 中野信子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/03/18

    『週刊文春WOMAN』大反響連載がついに一冊に! 私たちは“普通じゃない家族”の子だった――。 樹木希林と内田裕也の娘として生まれ、家族団欒を知らずに育った内田也哉子。自身は19歳で結婚、三児...

  • 三国志入門 1001円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/03/18

    中国歴史小説の第一人者が書き下ろし! 中国を代表する歴史物語『三国志』をこれから読みたい人を、雄大な世界に誘う入門書。 英雄たちの足跡を物語、戦い、故事成語などにわけて易しく紹介する。 ・三...

  • 小林秀雄の政治学 1001円
    作家 中野剛志
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/03/18

    「文芸批評の巨人」像が一新される! 「政治嫌いの文学者」というイメージが強い小林秀雄。だが著作を丹念に読むと、政治、戦争への深い関心と洞察が。 新しい小林像。

  • あなたもきっと依存症 「快と不安」の病 1001円
    作家 原田隆之
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/03/18

    「依存症」といえば、アルコール、タバコ(ニコチン)、麻薬などを、普通では得られない「快楽」を求めて、 身の危険を顧みずにのめり込んで消費している人のイメージが私たちにはあります。 しかし実は、...

  • 歴史探偵 忘れ残りの記 880円
    作家 半藤一利
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/02/19

    歴史のよもやま話から悪ガキ時代を描く自伝的エッセイまで。 2021年1月に亡くなった、半藤一利さんの最後の著作には「人生の愉しみ方」が詰まっている。 昭和史最良の語り部、半藤さんの遺した、昭和...

  • 沢村栄治 裏切られたエース 1100円
    作家 太田俊明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/02/19

    ――私は野球を憎んでいます。 その年最高の投手に与えられる特別賞「沢村賞」に名を遺す沢村栄治。 職業野球選手一期生として活躍し、太平洋戦争中に兵士として27歳で命を散らした男は、死の直前そう書...

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ