読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

日本の特別地域 特別編集70 これでいいのか 東京都北区

日本の特別地域 特別編集70 これでいいのか 東京都北区
電子書籍版
価格 838円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 144
販売開始日 2015/12/04
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

北区は東京23区の北部に位置する、東西約2.9km・南北約9.3kmの南北に細長い形状で面積は20.59平方キロメートル(23区中11位)あります。
北は荒川および荒川放水路を隔てて、埼玉県川口市と戸田市に、東は荒川区と隅田川を隔てて足立区に、西は板橋区、南は文京区と豊島区に接しています。
また、都県境に接しつつ山手線内のエリアを共有しているのは、23区の中で北区だけで、明治通り・環七通り・環八通り・中山道・本郷通りという幹線道路が通っており、
都心へのアクセスは便利です。
JRの駅数も10駅と23区で最も多く、区内のほとんどの住宅地が駅からの徒歩圏内にあります。
そして、23区の中でも際立って物価が安く、庶民に優しい街としても知られています。
その北区の中でも、特に赤羽はディープな街として、老若男女を問わず多くの人々から注目を集めています。
最近は、マンガ「東京都北区赤羽」(清野とおる:著)が、人気俳優の山田孝之主演でTVドラマ化され、さらにその注目度は高まっています。
1度会ったら忘れられない、強烈なインパクトのある住民たち。
大型商業施設にはない、独特な個性を持った商店街......。まさに、赤羽はマンガを超えるような面白いことがリアル起こる、ワンダーランドなのです!
本書は、そんな赤羽を中心に、北区の現状と未来の様々な問題を、現地取材と詳細なデータを基に、徹底的に探っていく1冊です。

地域批評シリーズ編集部関連作品

鈴木士郎関連作品

昼間たかし関連作品

地域批評シリーズ関連作品