読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

十五万人の読者投票による 月刊文藝春秋ベストセレクション

十五万人の読者投票による 月刊文藝春秋ベストセレクション
電子書籍版
価格 1019円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2016/08/10

総合月刊誌「文藝春秋」の創刊85周年を機に実施された読者アンケートの結果をもとに、人気記事をセレクトして特別編集。
スペシャルコンテンツとして、歴代編集長による座談会や、「社中日記」特別版まで収録しました。時代の寵児たちの告白から、世間を揺るがせたスクープまで、この一冊に戦後日本の姿が凝縮されています。

【本書に収録されている主な記事】
・天皇陛下大いに笑う (辰野隆 徳川夢聲 サトウ・ハチロー)
・日曜日の食卓にて (白洲次郎)
・バタバタ暮しのアロハ社長 (本田宗一郎)
・明日は明日の風が吹く (石原裕次郎)
・わたしの放浪記 (森光子)
・タダ酒を飲むな (山口瞳)
・わが日本一の借金王時代 (松下幸之助)
・ゼロ歳教育のすすめ (井深大)
・田中角栄研究 (立花隆)
・大殺界・細木数子の正体 (佐野眞一)
・犠牲 (柳田邦男)
・妻と私 (江藤淳) など

※本書は、「文藝春秋」定期購読者向け「もう一度読みたい あの記事あのエッセイ 『文藝春秋』昭和・平成 傑作選」(非売品ムック)の内容をもとに構成されています。
※2016年7月12日に限定販売された、「Amazonオリジナル 創刊九十三年 たった一日だけ販売される 月刊文藝春秋ベストセレクション」を電子書籍化したものです。

文藝春秋関連作品

文春e-Books関連作品

  • 新着!
    僕が夫に出会うまで 無料試し読み版 0円
    作家 七崎良輔 つきづきよし
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2021/04/15

    累計4300万PVを突破! 「文春オンライン」のノンフィクション連載がついに漫画化。 もちぎさんも絶賛した、本当にあったBL(ボーイズラブ)の物語。 「七崎が女だったら、俺たち付き合ってたよな...

  • 密命 (1~26巻) 719円850円
    作家 佐伯泰英
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2021/04/06

    佐伯泰英の時代小説第一作。すべてはここから始まった! 豊後相良藩二万石の徒士組・金杉惣三郎は、14年ぶりに江戸に入った。 何者かによって奪われた相良藩の蔵書の中に、幕府の怒りに触れるもの――切...

  • 壇蜜日記 1001円
    作家 壇蜜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2021/03/15

    巻頭に「新妻」がテーマの撮りおろし写真集を収録! 結婚なんてゴールではない。 新婚早々見舞われたコロナ禍の中、マスクを作り、サウナに通い、ペットを愛でる。 祖母、ナマケモノとの別れ、そして新しい...

  • オール讀物「将棋」を読む 499円
    作家 オール讀物編集部
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2021/03/12

    「オール讀物」の人気特集が電子書籍に! 書き下ろし将棋小説、作家の偏愛棋士エッセイ......文学×将棋の楽しみがここにある 大きな反響を呼んだ小説誌「オール讀物」2021年2月号の将棋特集が...

  • 理系クンの日々 ステイホーム育児 499円
    作家 高世えり子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2021/02/26

    コロナ禍でもN島クンは「理系思考」で仕事・家事・育児にチャレンジ! 日々残業に追われる理系夫のN島クンと、ザ・文系のマンガ家・高世えり子夫婦。ついに結婚14年目を迎え、長女は11歳、長男が6歳...

  • 八咫烏シリーズ外伝 おにびさく【文春e-Books】 200円
    作家 阿部智里
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2021/01/22

    阿部智里が贈る新世代和風ファンタジー「八咫烏シリーズ」外伝! 山内の工芸全般を担う西領では、あらゆる分野の職人が切磋琢磨しながら生活している。 登喜司(ときじ)もその一人。彼は死別した父の跡を...

「エッセイ・雑学」カテゴリ

  • 新着!
    おとなの教養3 私たちは、どんな未来を生きるのか? 968円
    作家 池上彰
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2021/04/16

    教養とは、「過去を未来に生かす技術」です。 気候変動にパンデミック、データ経済とDX、人種・移民問題、米中新冷戦からポスト資本主義まで――。これからの世界を左右する6つのテーマについて、歴史や...

  • 新着!
    女の節目は両A面(TAC出版) 1200円
    作家 岡田育
    出版社 PHP研究所
    レーベル TAC出版
    販売開始日 2021/04/16

    【本書は紙版では、前から右開きで、後ろから左開きで読める構成になっていますが、電子版では対応しておりません。予めご了承ください。】「いままで」と「これから」あなたの人生にA面が2つ。“初恋”“初...

  • 新着!
    生きていくのはアンタ自身よ 佐保利流「人生」と「勉強」... 480円
    作家 森毅
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2021/04/16

    「人間の世界は杉林よりも雑木林の方が面白い」「集団生活が好きでなくても気にするな」等々、人生の達人が個性豊かで自在な生き方を指南する。親子で楽しめる一冊。

  • 新着!
    高倉健からアホーと呼ばれた男 付き人西村泰治(ヤッさん... 1980円
    作家 山平重樹
    出版社 かや書房
    販売開始日 2021/04/16

    2014年に83歳で没し、2020年に七回忌を迎える戦後最大の映画スター高倉健。素顔の「健さん」は厳しい中にも、意外な茶目っ気があってイタズラ好きでもあった――。40年来の付き人・西村泰治が本音...

  • 新着!
    ハッピーライフ 1650円
    作家 北大路公子
    出版社 寿郎社
    販売開始日 2021/04/16

    日記をつけることで〈幸福〉を楔で心に打ち付ける女。17年間、帽子とマスクで顔を覆い商店街の中だけで暮らす女。夫の浮気相手である図書館司書を日々監視する女。理想の家庭を夢見ながら妻に家出された男....

  • 新着!
    人生は論語に窮まる 550円
    作家 谷沢永一 渡部昇一
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2021/04/16

    論語は究極の人生論である。そのエッセンス、読みどころ、日常への役立て方を、当代一流の読書人の二人が、やさしく面白く解説する。

  • 新着!
    しゃにむに写真家 1760円
    作家 吉田亮人
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/04/16

    いしいしんじさん推薦! 「ろうそくの灯を手のひらに包むような読書。ことばにも、写真と同じように、吉田さんのなかの「人間の光」が、さやかに溢れだしている。」 「今の仕事をこのまま続けるつもり...

  • 新着!
    今日の書き散らし 1430円
    作家 書きちらし
    出版社 主婦の友社
    販売開始日 2021/04/16

    SNSで話題! ネットの気になる言葉を著者・書きちらしが達筆に変換! 文章と美文字のギャップに、ニヤリとする一続出!

  • 新着!
    俺の上には空がある広い空が 1200円
    作家 桜井昌司
    出版社 マガジンハウス
    販売開始日 2021/04/15

    やってない強盗殺人事件で罪を着せられて、 無罪と認められるまで43年7カ月。 そのうち29年間を獄中で過ごした。 現在、74歳。 一昨年に癌が見つかり、医師からは余命1年と宣告された著者が、 ...

  • 新着!
    斎藤一人 一人道 1386円
    作家 斎藤一人
    出版社 マキノ出版
    販売開始日 2021/04/15

    ■「常識にとらわれるから苦しくなるんだ。 常識の枠を超えれば人生は開けるよ」 一人さん流生き方指南 ■「私は、誰かを傷つけたり、 法に触れたりしなければ、 どんどん常識の枠を超...

  • 新着!
    花のいのち 770円
    作家 瀬戸内寂聴
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/04/15

    95歳を超えてなお現役の作家であり続ける著者が、四季折々の花によせて人生の旅路をたどり幸福の知恵を伝える、珠玉のエッセイ集。

  • 創作講座 料理を作るように小説を書こう 1700円
    作家 山本弘
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2021/04/12

    アイデアは食材、プロットはレシピ、執筆は調理――さあ“美味しい小説”を書こう! SF、ミステリ、ファンタジー、児童書などジャンルを越境して40年以上活躍する著者が惜しみなくあかす、創作の極意。