読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

直撃 本田圭佑

直撃 本田圭佑
電子書籍版
価格 1120円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2016/11/11
紙書籍版 取り扱い中

本田圭佑との真剣勝負の対話! 「本田くん、ある意味、それは勝ち逃げだよ」。気鋭のスポーツライターが投げかけた一言からすべては始まった。2010年南アW杯でベスト16の立役者になったサッカー日本代表・本田圭佑は突然口を閉ざした。すべてマスコミからの取材を断り、孤高の道をゆかんとする本田。そんなカリスマ・フットボーラーに筆者の木崎伸也氏はアポなしの独占直撃取材で本音を引き出し続けた。足かけ7年、28回の真剣勝負の対話から、本田圭佑の型破りの哲学が浮かび上がる。これは知られざる本田圭佑の人物像であり、アスリートに迫るジャーナリストの試行錯誤の物語でもある!

木崎伸也関連作品

文春e-book関連作品

  • カウントダウン・メルトダウン (3~4巻) 2200円
    作家 船橋洋一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/26

    第44回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作を緊急電子化! 福島原発事故関係者、日米要人300名余に徹底取材。「もうだめか」。首都に被害が及ぶことは想定されていた。衝撃のノンフィクション

  • 帝国の弔砲 1801円
    作家 佐々木譲
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    なぜ彼は、工作員として日本に潜伏したのか―― ミステリの名手による新たな挑戦。圧巻のスケールの〈改変歴史冒険小説〉! ロシア沿海州に開拓農民として入植した小條夫妻の次男・登志矢は、鉄道工科学校...

  • ここじゃない世界に行きたかった 1599円
    作家 塩谷舞
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    あたりまえに生きるための言葉を取り戻す。 出会うべき誰かと強く惹かれあうために――。 アメリカ在住のエッセイストが贈る、瑞々しいデビュー作! 「バズライター」が自分を取り戻すために綴り続け...

  • 父を撃った12の銃弾 2200円
    作家 ハンナ・ティンティ 松本剛史
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    アメリカ最高のミステリーに与えられる エドガー賞最優秀長編賞最終候補。 わたしの父の身体には、 たくさんの銃弾が刻んだ傷跡がある――。 全米の書評を絶賛の声で埋めつくした、少女と銃と父と、い...

  • いわいごと 1400円
    作家 畠中恵
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    麻之助、ついに後妻をとる――!? 江戸町名主の跡取り息子・高橋麻之助のもとに縁談が三つも!だが、どの縁談も妙なところがあるようで......。果たして縁談の行方は!?

  • 危機の世界史 2001円
    作家 ダン・カーリン 渡会圭子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    コロナに揺れる今こそ過去の危機に学べ 文明は常に滅亡の危機にさらされてきた。 青銅器文明、ローマの崩壊からキューバ危機、そして黒死病の記録が現代人に教えるものとは。 人気ポッドキャスターが名調子...

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ