読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

政府の隠れ資産

政府の隠れ資産
電子書籍版
価格 3080円(税込)
ポイント還元 30ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 344
販売開始日 2017/01/20
紙書籍版 取り扱い中

『エコノミスト』『フィナンシャル・タイムズ』
ベスト経済書、待望の翻訳

債務削減と経済成長は同時に実現できる!

世界の公共資産は公的債務だけでなく、世界のGDPの総額をも上回る!
各国の成功例・失敗例から、公共資産のガバナンスの実態とあり方を示す画期的な書。

【隠れ資産】公共インフラ、エネルギー、公有地、軍事施設、金融機関、ファンド・・・・・・


「本書は、オーストリアやフィンランドやシンガポールなど、公共機関の富の運用改善に取り組んでいる国の実態を詳しく分析するだけでなく、運用の改善につながる青写真を紹介している。具体的には、政府が所有する商業資産をナショナル・ウェルス・ファンドのもとにひとまとめにして、官民双方から結集された優秀な人材が資産を最大限効果的に運用していくのだ。」――「はじめに」より

【推薦の言葉】
「公共の富は膨大な量にのぼるが、アセットクラスとして見過ごされている。公共の富のマネジメントは改善されるべきであり、それは今日最も重要な経済問題のひとつだ。ダグ・デッターとステファン・フォルスターは、この主題の本質を浮き彫りにしている。本書がきっかけとなって、公の土地や建物や事業などの資産の管理が注目され、改善に向けた議論が促されることを願うばかりだ。潜在的利益は計り知れないほど大きい」
マシュー・ヴァレンシア(エコノミスト誌)

小坂恵理関連作品

東洋経済新報社関連作品

「経済政策」カテゴリ