読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ローリーとふしぎな国の物語 プログラミングとアルゴリズムにふれる旅

ローリーとふしぎな国の物語 プログラミングとアルゴリズムにふれる旅
電子書籍版
価格 2420円(税込)
ポイント還元 24ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2017/03/17
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ローリーと一緒にコンピューターの世界でぼうけんしよう!

本書は、10歳以上の方を対象に、コンピューター科学やプログラミングにおいて基本となる「考え方」を学べるように考えられた本です。ただし、本編では、「コンピューター」も「プログラミング」も登場しません。主人公の女の子、ローリーの旅を通して、自然と学べるように作られています。

ローリーが旅するふしぎな「ユーザーランド」は、コンピューター科学が現実となった世界です。「ユーザーランド」に迷い込んでしまったローリーは、個性豊かな人や動物たちと出会ったり、奇妙な町へ行ったり、おかしな問題を解いたりと、楽しくて、ちょっぴり大変な旅を経験します。

ローリーがぶつかる問題には、たとえば以下のようなものがあります。

・すべての町に行きたいとき、どう回れば最短で回れるでしょうか?
・「筋が通っていること」と「合理的なこと」はどんな違いがあるでしょうか?
・「無限の糸」とは「すごく長い糸」のことでしょうか?
・おもちゃのカメに円を書かせるには、どんなふうに命令すればいいでしょうか?
・「一番いいやり方」を探すのが難しい時、ほかにどんな選択肢があるでしょうか?
・「0」は偶数でしょうか?それとも奇数でしょうか?

ローリーは一緒に旅をすることになるカメレオンの「エックスオア」や、旅の途中で出会う組み立て屋の「エポニマスさん」、「ティンカーさん」、「ヒュー・ラスティックさん」、カメの「トータスさん」、配達屋の「ウィンサム」など、いろいろな人からヒントをもらいながら、いっしょうけんめい考えて、進んでいきます。

そんなローリーの物語をドキドキしながら読むうちに、読者は、プログラミングやアルゴリズム、そして“いろいろな問題を解くための考え方”のエッセンスを、いつの間にか身に付けられるでしょう。

※本書は、『Lauren Ipsum: A Story About Computer Science and Other Improbable Things』の翻訳書です。

※対象年齢:10歳以上
※総ルビ

マイナビ出版関連作品

「童話・よみものその他」カテゴリ