読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

死の影を追って

死の影を追って
電子書籍版
価格 495円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/04/20

夢だ。ただの夢だ。人間など、いるはずがない。声など、聞こえるはずがない。馬鹿げているとは思ったが、忍び泣きがあまりに深刻なので、恩田は大真面目に問い掛けていた。......しくしく、しくしく、しくしく......忍び泣きの裏から、かすかに言葉が聞こえた。優しい、か細い、女の声だった。「......迎えに来て......迎えに来て......迎えに来て......」(「死の影を追って」より)
鬼才・友成純一による電子オリジナル短編集。雑誌「SFアドベンチャー」に3回にわたって掲載された連作短編「死の影を追って」~「鏡の魔術」~「黄昏の荒野にて」、その続編「孤島の魔姉妹」(完全未発表作品)など、計7本を収録。巻末には「電子版あとがき」を収録。

*泡沫の夢
*恐竜のいる風景
*お伽の島にて
*死の影を追って
*鏡の魔術
*黄昏の荒野にて
*孤島の魔姉妹

●友成純一(ともなり・じゅんいち)
1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

友成純一関連作品

アドレナライズ関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    青森怪談 弘前乃怪 748円
    作家 高田公太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 地元青森の怪談家が蒐集した本州最果ての実話怪談! 「咳が止まらない...」 津軽の霊場・賽の河原で 二人の母を同時に襲った異変とは...「賽の河原」より 十和田湖畔のキャンプ場の怪...

  • 新着!
    大阪怪談 748円
    作家 田辺青蛙
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 徹底調査! 令和のなにわでは 今も怪奇現象が起きている... 梅田地下街で異界に迷い込む... 天王寺駅で頻発する怪奇現象 侍の亡霊が暴れる堀江の交差点 森ノ宮に縄文人の霊が... ...

  • 新着!
    実話怪談 吐気草 748円
    作家 神沼三平太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 「入って入って...」 九州の廃病院の地下で 迷い込んだ奇妙な世界。 自ら幽霊と名乗る男女二人に 誘われた先は... 「廃病院」より 死ぬ・消える・終わるの果て。 絶望の底を覗く終末...

  • 新着!
    現代雨月物語 物忌異談 748円
    作家 籠三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 「まだ、一番怖い話があるんです...」 夢の中で訪う温泉宿で 体験した恐怖の一夜。 女将の正体は? やがて夢は現実を侵食する... 「魔物」より 秩父三峯神社、武蔵御嶽神社 狼信仰...

  • 新着!
    信州怪談 748円
    作家 丸山政也
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 徹底取材! 長野県各地で今も起きている怪奇現象の数々を丸山政也が描く! 心霊譚が絶えない長野市のホテル 善光寺に巣食う妖しい怪異の数々 死者に呼ばれる軽井沢大橋 車中に何かが乗り込む...

  • 短篇小説集・写真蜘蛛 220円
    作家 田中ノリノ
    出版社 いるかネットブックス
    レーベル IKAI
    販売開始日 2021/02/26

    写真の黒い蜘蛛の影。CDを聴き、廃病院で出会ったのは...。昔の女友達が来て言ったこと。お地蔵さんが近づいてくる。

  • 「超」怖い話 丑 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/01/28

    内容紹介 真冬にさらなる冷気を求めんとする猛者に捧ぐ最恐怪談集。 首を絞められた時の痣が残る夫。夜中、夫の口から若い女の声が...「いじり」、実家の納屋から出てきた身蓋箱。中に入っていた4体の...

  • 現代怪談 地獄めぐり 羅刹 715円
    作家 響洋平 村上ロック ほか
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/01/28

    内容紹介 メディアやイベント等で活躍中の怪談巧者が結集し恐怖譚を書き下ろす豪華アンソロジーシリーズ! 地上波で司会業を務めながら怪異を追究する徳光正行、DJ活動を展開する傍ら怪談蒐集家として活...

  • 純粋怪談 其レハ事故物件ニ非ズ 715円
    作家 さたなきあ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/01/28

    内容紹介 前触れもなく理屈も通じず、ある日突然遭遇する怪。ひとたび遭えば傷つけられ、命すら脅かされる...そんな単純で恐ろしい怪異譚を集めた人気シリーズ第2弾! 門から家の方へ近づいてくる異...

  • 実話怪談 樹海村 715円
    作家 栗原亨 ほか
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/01/21

    内容紹介 ◆謎の村「樹海村」は実在するのか――? 山道から七〇〇メートル以上離れた樹海の最深部で数年前、朽ちた複数のテントが発見された。 錆びたガスコンロに、鍋、フライパン、空容器の残骸。 木...

  • 実話怪談 犬鳴村 715円
    作家 吉田悠軌 ほか
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/01/21

    内容紹介 ◆禁忌の里「犬鳴村」は実在するのか――? 日本を代表する最凶の心霊スポット・旧犬鳴トンネル。 その先には、日本国憲法すら通じぬ謎の集落「犬鳴村」が存在する......。 映画『犬鳴村...

  • 弔い怪談 葬歌 715円
    作家 しのはら史絵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/12/28

    内容紹介 あの子は大きすぎ 小さい子は物足りない 八つ裂きに〈手ごろ〉なのは... ある日とり憑かれた残虐衝動。 岡山の風習〈ホトホト〉、旧家の座敷牢 繋がる恐怖の因縁とは? 「ハリコサンとテ...