読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

女工哀歌 涙で前が見えずとも、生きねばならぬ地獄道

女工哀歌 涙で前が見えずとも、生きねばならぬ地獄道
電子書籍版
価格 202円(税込)
ポイント還元 2ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 51
販売開始日 2018/10/24

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1920年(大正9年)頃から世界的大恐慌は広がり日本の農村は悲惨であった。
米価の低迷、凶作が追い打ちをかけ、血税の上借金苦となって・・・。
娘の身売り、口減らし、餓死、自殺が後を絶たなかった。

日本が産業革命を進め「富国強兵」を成し得たカゲには低賃金があった。
製糸、紡績等の労働者の大多数は女工で、農村からの出稼ぎ流出が担っていた。

その労働条件たるや劣悪で、1日16、7時間食事は15分程度
フルに身体を酷使してノルマを達成するには
厳しく深夜まで働きその過酷さで
身体の弱い者は次々と倒れ死に至っていた。

企業側は生産、能率アップで利益につながり
彼女ら女工は「借金奴隷」であった。

そうした劣悪な環境に田舎農家16歳の咲は身売りされるのであった。


■目次

・前編 涙で前がみえずとも、生きねばならぬ地獄道

・中編 地獄を抜け出しても、そこに待っていたのは、さらなる地獄

・後編 少女から大人になったお咲、ついに羽ばたく・・・

■画 ケン月影

ケン月影関連作品

週刊実話関連作品

「官能」カテゴリ