読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

大奥暴れ女情 清純なる娘の仇討ち物語

大奥暴れ女情 清純なる娘の仇討ち物語
電子書籍版
価格 202円(税込)
ポイント還元 2ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 55
販売開始日 2018/10/24

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

大奥暴れ女情~清純なる娘の仇討ち物語~
官能時代劇

時は天保二年(一八三一年)十一代将軍・徳川家斉(61歳)
絶倫将軍と渾名され側近四十余名を抱えていた。

江戸城は、表、中奥、奥という区分で構成され
幕政の執務所が表て中奥が将軍の公邸
奥が将軍の私邸、つまり
本丸だけが大奥と呼ばれていたのである。

大奥へは平河門(御局御門)を抜け
七ツ口で厳しいお調べを受け出入り出来た・・・

そして御錠口を入るとそこから大奥
男子禁制の女の縮図、権力、嫉妬
欲望が絡み合い陰湿な策謀、
確執が織り成す伏魔殿である。

美里は誓紙(誓約書)の約定を誓わされると・・・
身体を改めて強要された

大奥女中は十六才からで秘処お調べは
すでに破瓜か処女で生娘のままかを確かめるのである

美里を雇用てくれた主人「表使」篠乃井のはからいで美里は
武家の出を控え
町屋の魚屋源兵衛なる親の娘として
名を美里の里を取りお里と改めた。


■目次

●大奥暴れ女情 第一話
清純なる娘の仇討ち物語

●大奥暴れ女情 第二話
大奥に逃げ込んだ美里に過酷な試練が待ち受けていた!

●大奥暴れ女情 第三話
悲しみに暮れるお里が出した決断とは・・・

■画 ケン月影

ケン月影関連作品

週刊実話関連作品

「官能」カテゴリ