読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

Journalism 2018年11月号

Journalism 2018年11月号
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 114
販売開始日 2018/11/16
紙書籍版 取り扱い中

[特集]災害は伝わったか

被害状況「見える化」で共有
実名報道で進んだ安否確認
山下晴海(RSK山陽放送報道部長)

危機感の伝達に課題も
継続的な報道が減災に寄与
高畑 誠(RSK山陽放送報道部・気象予報士)

ラジオが伝えた7月豪雨災害
非常時の「最後の砦」になるために
金尾雅彦(中国放送ラジオ局次長兼編成業務部長)

人命を救うのがテレビの災害報道
3・11からの改善、「待ったなし」
久慈省平(テレビ朝日報道局報道資料部長)

同時多発の土石流が山裾の家々襲う
息の長い報道で「早めの避難」浸透へ
佐田尾信作(中国新聞社論説主幹)

肱川のダム緊急放流を検証
遅すぎた自治体の避難指示
二宮京太郎(愛媛新聞社報道部副部長)

支援物資を的確に届けるには
物流システムの検証・構築を
矢野裕児(流通経済大学流通情報学部教授)

平時の予防期や警戒期の報道
判断、行動につながる情報を
宇田川真之(東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター特任助教)

西日本豪雨報道を客観的に見る
勧告、指示の認識や匿名化に課題
牛山素行(静岡大学防災総合センター教授)

SNSの情報集約の向上に期待
不要なツイートの量の問題は深刻
佐藤翔輔(東北大学災害科学国際研究所准教授)

〈気象庁担当者座談会〉
専門家の見立て「知りたい」に対応
市町村長とのホットラインで助言
高橋賢一(気象庁 予報課 気象防災推進室 防災気象官)、足立勇士(気象庁 予報課 予報官)、羽田 純(気象庁 企画課 防災企画室 地域防災対策支援調整官)/山岸 玲(朝日新聞 社会部記者・気象庁担当)

*********************

【日韓学生フォーラム@広島】
加害と被害にどう向き合うか
日韓中の学生が考えたこと
長谷川 綾(北海道新聞記者)

【高校野球で記事を自動生成】
AIは記者を超えるのか
「おーとりぃ」誕生秘話
佐渡昭彦(朝日新聞情報技術本部開発部技師)

■海外メディア報告
11月米中間選挙の対立構図
カバノー判事承認問題で鮮明
冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)

■メディア・リポート

新聞
沖縄知事選でファクトチェック
偽情報、すぐに打ち消す必要
松元 剛(琉球新報社執行役員・読者事業局特任局長)

放送
激甚化する気象異変と地震
テレビ災害報道からの教訓
金平茂紀(TBS「報道特集」キャスター、早稲田大学大学院客員教授)

出版
今年から11月1日は「本の日」
リアル書店の強みを活かしたい
福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)

ネット
「スマホ中毒」の時代に
テクノロジーがすべきこと
藤村厚夫(スマートニュース株式会社 フェロー)

【写真】 今月の1点

朝日新聞社ジャーナリスト学校関連作品

朝日新聞出版関連作品

  • ハレ旅 北海道 1100円
    作家 朝日新聞出版
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2021/06/08

    [改訂]好評の「ハレ旅」シリーズから「北海道」の最新改訂版が登場! 札幌、小樽、函館など北海道の人気観光エリアをこれ一冊で全網羅。 ※掲載情報は紙版発行時のものであり、ページ表記および施設の都合...

  • むすび橋 結実の産婆みならい帖 780円
    作家 五十嵐佳子
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2021/06/08

    幕末の八丁堀界隈で、産婆を志し奮闘する結実の物語。出産で亡くなる母子が今よりもずっと多かった時代、お産はまさに命がけ。命が生まれる現場で葛藤しながら、成長していくひとりの女性の姿を描く感動作。書...

  • 愛するあなたの子を授かって、十月十日後に死ぬつもり。 630円
    作家 夕鷺かのう
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2021/06/08

    夫との心の距離を覚えながらも、念願の第1子を授かった千夏子。しかし無理がたたって流産し、そのことを誰にも言えずに心を病んでいく。自殺しようと家を出る千夏子だったが、偶然出会った血まみれの女性は、...

  • どこからか言葉が 1300円
    作家 谷川俊太郎
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2021/06/08

    路地裏に迷い込む感覚、ふと思い描かれる天使の姿、机に有る「物」......日々の生活から浮かび上がってくる、豊かなことばたち。2016年9月より毎月、朝日新聞夕刊で現在も連載中「どこからか言葉が...

  • うらんぼんの夜 1400円
    作家 川瀬七緒
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2021/06/08

    片田舎での暮らしを厭う高校生の奈緒は、東京から越して来た亜矢子と親しくなる。しかし、それを境に村の空気は一変し、亜矢子の口数も少なくなってしまう。疑念を抱く奈緒は、密かに彼女の自宅に忍び込もうと...

  • 姉の島 1601円
    作家 村田喜代子
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2021/06/08

    85歳超えの退役海女たちは、後進の若者のために潜った海の海図作成に余念がない。カジメやアワビ、海底に突き刺ささる戦時の沈没船、水産大学校出の孫や嫁からきく天皇海山列と春の七草海山......円熟...

「マスメディア」カテゴリ