読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

剣客瓦版つれづれ日誌

剣客瓦版つれづれ日誌
電子書籍版
価格 1045円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 464
販売開始日 2019/07/14
紙書籍版 取り扱い中

藩を二分する暗闘に巻き込まれ、斬殺された妻の志保が最後に残した言葉「え......ど」に導かれ、弓削玄之助は江戸をめざした。瓦版屋に身を寄せて事件の原稿を書きながら、妻の死の真相を探る玄之助のもとに、国元から次々と謎の刺客が送り込まれる。秘剣「鍔落(つばおと)し」が冴え渡り、命がけの戦いの果て、玄之助が掴んだ真実とは。

池永陽関連作品

  • 珈琲屋の人々 (1~4巻) 550円759円
    作家 池永陽
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/01/13

    東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた......。心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る様々なドラマを七編収録。情感溢れる筆致が冴える連作集。読...

  • 指を切る女 607円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    むき出しの情念が燃えるとき人は刹那に生きる。切なくてかなしくて、いとおしい女と男を鮮烈に描く傑作集。

  • 雲を斬る 869円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    仇討ち相手を探す三四郎は、女郎屋に売られる娘を助けたことから五十両の賞金を懸けられてしまう。

  • 緋色の空 765円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    火事で左腕を怪我した清吉は、大工の夢を諦め香具師になる。対立する組との抗争、幼馴染みへの想い。

  • 風を断つ 935円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    浪人由比三四郎が身を寄せる寺に謎の職人が駆け込む。職人が手がける兵器をめぐり事件が発生。「通い婚浪人」三四郎シリーズ第二作。

  • 炎を薙ぐ 979円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    中山義秀文学賞受賞の『雲を斬る』、『風を断つ』に続く、剣客浪人・由比三四郎シリーズの文庫化。秘剣・氷柱折り、みたびの斬撃!

講談社文庫関連作品

  • みたび! 女のはしょり道 638円
    作家 伊藤理佐
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/14

    「ズルできるなら頑張ります!」を合言葉に、できる限りラクして、ちゃっかりキレイになる、ぐーたらビューティコミック第3弾!

  • 中国発掘物語 (1~2巻) 660円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/14

    世界的大発見だった北京原人の謎、証明された古代国家・殷の実在、次々と新しい遺跡が発見...。地中からの歴史の響きを詳細にさぐる。

  • 世間知らず 660円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/14

    この年代でひとり旅をすると宿でうさんくさく扱われるが、ハイミスは女の分別ざかり。彼女たちの変幻自在な姿を巧みに描いた秀作集。

  • 牟田刑事官事件簿 660円
    作家 石沢英太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/14

    殺人現場に立っていた少年は現行犯として逮捕されたが...。自由に捜査活動のできる特権をもつ熟年警察官の異色のポリス・ストーリィ。

  • 香港マーケット 660円
    作家 杉田望
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/14

    香港返還を機に熾烈な市場争奪戦。アジア衛星、香港第二空港計画は何を狙う? 世界の巨大資本が展開するビッグビジネスの内幕!

  • 視線 660円
    作家 石沢英太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/14

    強盗にピストルを突きつけられた銀行員。その視線をうけて非常ベルに手をかけた隣の同僚は射殺された。なぜ彼は視線を......。

「歴史・戦記」カテゴリ